最近のトラックバック

« 我が家の菜園、ん~? | トップページ | 今度は鉄観音茶 »

インドネシアから介護士が…

今日の新聞を見て、ビックリeye

前々から、

日本人の介護士だけでは足りないから

フィリッピンから受け入れようという方針で進んでたはず。。。

なのに、ここしばらく何の音沙汰もなかったんですョ~gawk

                                                                                                                     

確かに少しのフィリッピン人の介護士さんは

もうすでに日本でがんばってるんだけど

これは正式に受け入れられて、来てるんではないらしい。

慣れない日本語を一生懸命聞き取ろうとしてる

あの真剣な目は、国を背負って来てるという覚悟の上なんだろうなァcoldsweats02

                                                                                                                     

彼女達は、お国ではエリート中のエリートで

専門の大学を出て、専門分野以外の日本語もみっちり勉強してきて

るし、何度も試験を受けて、選ばれた人たちなんだそうですshine

でも国同志の折衝がうまく行かないもんだから

そんな思いをしてまで覚悟を決めてた彼女達のうち

日本で実際に働いてるのはほんの1握り。

あとのほとんどの人は、宙に浮いちゃってるはず。。。

なのに、国同士の行き違いですれ違った挙句

今度は、インドネシアかよ~って

私は、怒ってますangry pout angry

                                                                                                                     

                                                                                                                     

じゃァ、あの時必死で覚悟してたフィリッピンの彼女達はァ~~~sign01

きっとインドネシアからの介護士さんたちの受け入れ側の対応を見てから

上手くいけば、今度はフィリッピンってことにでもなるんでしょうか?

                                                                                                                     

7~8月には、インドネシアから介護士300人、看護師200人が来るそうです。

で、2年間でそれぞれ600人、400人の受け入れを予定してるとかcoldsweats02

また、いっぺんにそんなに引き受けちゃっていいんかいなァ。。。

まァ、まだ来日希望者や、受け入れ希望施設も

来週から募集するそうなんで、先行きどうなることやらsweat01

                                                                                                                     

                                                                                                                     

そんな事態になったのは

そもそも、介護士や看護師への待遇の悪さから

定着率も悪いし、第一がんばってた人までどんどん離職してしまってるんですョcrying

                                                                                                                      

                                                                                                                     

今日の新聞には、こんなことも載ってます。

岡山県内の介護職の人たちの初の「労働実態調査」の結果が

県のまとめでわかったそうです。(292人のアンケートより)

今現在、従事している介護の仕事を辞めたいと

「いつも思ってる」人は34%

「時々」を入れると59%近い。

その理由は「忙し過ぎる」と「賃金が安い」

また、健康に不安を持ってる人は57%

                                                     

忙しくて目が届かなくって

要介護者の転倒や事故を経験した人は31%

これは、介護士が1番ショックを受けて、転職を考える原因になるんですよネ。

そういうことから、悩んで自分を追い込んでいってしまうのを

「燃え尽き症候群」「バーンアウトimpact」っていいます。

介護士の中には、心療内科に通院している、していたって人がホントに多いです。

                                                                                                                                      

こ~んなこと、一生懸命ぶちぶち書いてると

もうわかっちゃってると思いますけど

実は私も介護福祉士なんですョ~wink

今は、昨年の足の手術をしてからは仕事はしてませんけど

やっぱり動静は気になってましたんで

たまらんようになって、ほざいてしまいました。。。

                                                                                                                                                                           

夜勤も経験しましたけど、それで喘息持ちになってしまいましたし

利用者さんを抱えたとたん、グジュッって骨のつぶれるような音がし

て、ぎっくり腰になり、仕事を休んで毎日通院したこともあります。

そのときもコルセットを作って、腰をぐるぐる巻きにして

半月で仕事に復帰しましたョ。

さすがに、あの時は怖かったですネ~。

いつ、またあのグジュッが襲ってくるかと思って。。。

私は大丈夫だったけど

色んな感染症にもかかる介護士はたくさんいますョ~shock

                                                     

今の私の経験は、介護士なら誰でも持ってるはずですし

それなのに、辞めらんない。。。

いつも仲間内で言ってるんだけど

「私ら、もう中毒じゃねェ。」って。

ホント、介護職って、何回かの修羅場をくぐり抜けると

もう立派な、介護中毒患者ですもん。。。

                                                    

                                                                                                                     

私がいくらここで、ボショボショつぶやいても

インドネシアから500人、来るんですネ~。もうすぐ、です。。。

やっぱり一生懸命勉強して

大いなる覚悟を胸に秘めて来るんでしょうから

温かく迎えてあげなければいけませんねheart02

                                                     

                                                                                                                     

それはそうと

どこかの介護事業所の方heart04

こんな私ですけど、1度お試しになりませんか~?

ちょい、歳くってますけどネsweat01

見た目はともかく、気持だけは若いモンにゃ負けまへんpunch

今なら、超特価、お買い得になってますゥ~~~bleah

                                                     

                                                     

最後まで、ちゃんと読んでくださった方!

ありがとうございましたheart04

今日は私の「独断と偏見日記」になってしまってましたネ~。

ホントに、ごめんなさいgawk

                                                      

                                               

                                                     

« 我が家の菜園、ん~? | トップページ | 今度は鉄観音茶 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ちろままさんは介護のお仕事をされてたんですね。
介護って大変な肉体労働ですよね。
友達は訪問看護してたんですが、腰をやられて、いつもコルセットをしてました。
寝たきりや車椅子での介助など、力のいる仕事が多いので、女性には重労働だと思います。
で、仕事の割には給料が少なければ、仕事からは離れていくでしょう。

フィリピンから来るらしいというのは聞いてましたが、インドネシアから迎えいれるのは知りませんでした。
勉強不足ですみません。

介護保険も数年おきに見直されてはいますが、いい方向に向かえばいいのに、逆に悪い方向にいっているのではないかと感じます。
私達が介護を受ける年代になったらどうなっているのでしょうね。
このままでは将来が不安です。

minminminさん
私のブツクサにつき合わせちゃって、すみませんcoldsweats01


少し前までは
介護は嫁の仕事ってんで、なるべく世間から隔離して
家で1番暗い部屋に押し込めて
嫁が家事をしながら何もかも1人で抱え込まされてた…んですよね~。

 
その感覚がまだ根付いてるんじゃないですかネ?
特にニッポンのエライ政治家さん(後ろで鵜飼いよろしく、キュッキュッて首根っこ締めてる人たち)けっこうろれつが回ってない老齢の方々も多いじゃないですか! ね~?
 

先年の介護保険の改正(私達は改悪だって言ってます)も
苦しい生活をしている人を、さらに苦しくしようってことですもん。。。
同じく障害者保護法も、です。


そんな中、きっとお友達のヘルパーさんも苦労されたと思いますけど
時間の制約、サービスの制約といった今までと変わった点を
どうやって利用者さんにわかってもらうか…
これは通所、入所も同じ悩みがあったんですけど。


いつもしわ寄せをモロ受けて
大変な思いをするのは、現場なんですもんネ。


minmininさんが関心を持ってくださってるとわかって
私はとっても嬉しいです。
私は何もできないタダ1人の個人ですけど
その1人1人が問題意識を持たなくては、いつまでたっても変わりませんもの。。。
あ~、いや~、例え持っても、変わらないですかね。


でもこれは今の世の中、全体に言えることですよね。
私も、どっちかっつうと日和見なもんで
逃げないでちゃんと何でも見なくっちゃとは思ってます。


minminminさん
お付き合いくださって
ありがとうございました。
また、ブチブチ言いたくなったら、聞いてくださいネ!
よろしくお願いしま~す。


介護福祉士さん、とても大変な仕事ですよね。
私も父が昔事故で入院していた時に介護福祉士さんのおかげでどんなに助かったことか。
父の話相手にもなっていただき父も心細くなるような入院生活も勇気づけられたと思います。
外国人の受け入れがあるとは知りませんでした。
でもちろままさんのように仕事に生きがいを感じられるって素晴らしいことだと思いますshine

pekoさん
そうですか。。。
お父さんが昔介護を受けたことを、それほどに覚えてらっしゃるって
その介護士さんにとってこんなにうれしいことはないと思いますョ~。
私は病院に勤めた経験はないんですけど
介護の世界も幅が広いんで、色んな仕事がありますもんネ。
 
私はこれからの進み方を、まだ試行錯誤してるんで
どうなることやら…です。
でも何らかで関わっていけたらいいなァと思っているんですけどネ。。。

実は私、昔看護師していました^^
看護師していた頃は、仕事が大変でよく体調を崩していました。
あと、ゴム手袋をいつもするので、それでゴムアレルギーにもなってしまいました^^;
今は働いてないのでよく「資格を持ってるのに、もったいない」って言われるんですけど、もう以前のように夜勤したりするのは正直しんどくって、出来れば避けたいと思ってしまいます。

今、医療や介護の現場で働いてる人たちにはほんとに頭が下がる想いです。
もっと待遇改善して、少しでも現場で働く人達の負担を軽減してあげて欲しいです。

あどさん
そうですか、あどさんは看護師さんでしたか~?
今は、看護師さんの資格を持っていても
使っていないって人が多いと聞いたことがあります。
大変な仕事なので、その気持もよくわかります。

私は、今までのような無理は出来ないアンヨになってしまいましたから
これからどうしようかと、思案中です。
私が酷使したために、がんばり過ぎてSOSを出したアンヨですから
これからはいたわって無理させないで生きていかなくっちゃと思っています。
なので、ボランティアでお手伝いさせてもらうことも考えています。

ここまであきらめるのに
ずい分気持が揺らいで、時間がかかりました。。。


あどさんも看護師だったの~sign02 私もnote
働きたいキモチはあるけれど、今子供を預けてばあちゃんを老人ホームに入れて働いたって、保育料と介護料を払ったら給料が残るかどうか・・・sweat02 夜勤は家庭の事情で無理だし。
なら今は主婦でいよう、と家にいます。
私みたいな人たくさんいると思う。外国人を招き入れるとかでなく、ベテランと呼ばれる人材をどうやって増やしていくかを考えて欲しいものです。
仙台なんて、看護学校が閉校になってるんですよsign035倍も6倍もの受験倍率なのに。看護師になりたい人、また働きたい人のこと、もっと考えてくれてもいいと思います。
なんて、ちろままさんちでぼやいちゃったcoldsweats01
私が独身の頃は、同僚がみんな子供がいるから夜勤できないって言うため、月に準・深夜勤15~18回位してましたimpact今は看護基準法だかでこんな勤務はできないみたいだけど、人が増えれば夜勤の回数は減るわけだから・・・
っていってもお金持ちの政治家には痛くもかゆくもない話だから、この先も何も変わらないんでしょうね~heart03

じゅんこさん
あどさんも看護師さんだったんだって、偶然だネ~happy01
看護師も介護士も資格を持っているのに
色んな理由で使ってない人が多いって聞くよね。


看護師学校も閉鎖になってるん?
介護士もだんだん養成学校が減ってるし
第一なりたいって子がいなくなってるんですって。
きつくて報酬が少ないって、評判になってるからねェbearing


こういう事態を前向きに改善していこうって方向に
なんでいかないんか、ホントに不思議よネ~。
なんで解決策が、外国なんよ~~~pout
現場が皆わかってることが、政治に反映されないのも
どうもならないとあきらめちゃってるしなァ…。
なんか、モヤモヤ、ウヤムヤって気持悪いwobbly


じゅんこさんもご他聞にもれず、ワーカーホリックやってたんだ。。。
私も夜勤ばっかりやってた月があったり
夜勤明けなのに、人が足りなくってそのまま日勤を続けてやったり
もうワケわかんない勤務状態が続いて
喘息の発作が出て、死にかけてサ~shock
でも10日で、吸入器を肌身離せない状態だったけど
現場復帰したョ。
ぎっくり腰んときもそうだったし。
でも私らは皆、似たり寄ったりだよネ~?


そんな状態がわかってるから、仕事復帰にためらいが出ちゃう。
なんで、現場復帰がなかなか出来ない。。。
あ~、もやもやbearing


私が勤めてた特養は病院の併設だったから
敷地内に専属の保育所があってネ。
けっこう、産後すぐに復帰してくる若い人も多かったョ。
でも夜勤はしてなかったけど。
女性の施設長だったから、そういうトコは考えてあったなァ。


じゅんこさんもあどさんもまだまだ若いから
復帰できるような状況になって、その気になったら
いつでもできるからネ。
そういう資格なんだから、看護師って。
まァ、私はヒジョ~にビミョ~なんだけど…ネ~~~sweat01


じゅんこさん
また、このことでも
話したいときがあったら、付き合ってネpaper


せめてインドネシア人の方々に来日していただき、事前に受け入れ施設を見学していただき、一旦、帰国し、家族と相談の上、マッチングに応じてほしいと思います。日本には、多くの「働くに値しない」施設も多くあり、陰湿ないじめ体質がはびこっているところもあるのが現状です。日本人と違って、来日後の転職はできません。なんと職場が合わないと「帰国!」です。JICWELSは、受け入れ施設名をマッチング時に教えてくれません。なんと、自分の希望施設でないところでも、3年間も法的拘束力のある雇用契約書に縛られるのです。企業名の無い求人広告に応募させるので、インドネシアのみなさん、団結して、情報操作の犠牲にならないよう気をつけてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/41235394

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアから介護士が…:

« 我が家の菜園、ん~? | トップページ | 今度は鉄観音茶 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ