最近のトラックバック

« ごめんなさい。そして、ありがとう♪ | トップページ | 気分転換に~♪ »

お世話になりました~!

私は、ここに引っ越してきてから

ずっと生協を利用しています。

最初は、近所の人たちと10人くらいで

各お宅を順繰りに集配所にして。。。wink

                                                     

その内、1人抜け、2人抜けして

結局、自然解散になってしまいました。

                                                     

その頃から、個配制度が活発になってきたので

私もお願いし始めました。

それからもう、10年ほどになりますか~?

その間には、住んでる市から隣の市に移管されたりして

配達の人も、両手でやっと足りるかなってくらい

何度も変わりました。

                                                     

で、初めて、女性が1年前から来て下さってましたnote

普通、配達は働いていると家にはいない時間なんで

今までは人が変わろうと関係なかったんですけどネ。

ちょうど岡山に半年くらい通院してた頃だったんで、いつも会って

色んな話を (時間がないんで、チョコッとしか出来ないけど)

してたんです。

                                                                                                                    

それが先週、突然

「ちろままさん、再来週から私は来られなくなるんですョ~」

と、彼女が言ったんですsweat01

                                                                                                                    

彼女と会ったのは1年前だし…

その間には3ヶ月の入院があったし…

なのに、とってもお世話になりましたlovely

                                                     

というのは

私は入院当初は、4ヶ月~4ヶ月半の入院予定だったんですけど

経過が良かったんで、先生の顔を見たら「帰りたい。帰りたい」

って、言ってましたcoldsweats01

                                                     

そうしたある日、退院しても入院生活と同じように過ごせるんなら

退院を考えようかって言ってくれてgood

                                                     

何しろ家では、家事なんてやったことのないおっちゃんと、

おとんぼの三男が、四苦八苦shockしながら

私の入院中何とか暮らしてたんですから

帰ったら、そりゃ、私がやらざるを得ませんわな~sweat01

というより、口が出るくらいなら、やっちゃったほうが早い!

ですからね~。

                                                     

それがその時、上手い具合に

私には生協という強い見方があるじゃァないか!

これは大丈夫かもしれん!

と、思いついちゃったんですョ~flair

で、まだ病院内では、車椅子も使って移動してたのに

松葉杖を借りて、半ば強引に帰ってきましたbleah                                    

               

で、さっきの彼女の登場ですhappy01

私が松葉杖で、カタンコトン。。。って

ゆっくりゆっくり玄関に出て行くのを

寒い中、ずっと辛抱して待ってくれて

よその何倍かの大荷物を(ホ~ント、ひっくり返るくらいwobbly

台所まで何回も往復して運んでくれてネlovely

冷蔵庫に入れてもらったこともある気がする。。。

これが男性の配達員さんだったら、頼めんかったもんね~bearing

                                                     

彼女が来てくれてたから

早期退院も出来たんだし、イエ~ィgood

痛い間、1週間に1回の彼女の訪問が

食糧補給のためと、チョコッとだけの話し相手のために

楽しみだったんnote

                                                                                                                    

痛くて痛くてたまらなかったshock冬の寒い寒い日なんかも

とっても心配してくれて、気遣ってくれた優しいFさん。。。 

                                                     

短かったけど

1番大変な時期に、Fさんが来てくれてたから

何とか乗り切れたんです。

支えてくれて、ありがとうネ~heart04

今度から、狭い道幅のお宅に行くって言ってたけど

くれぐれも気をつけてネ、道から落っこちんようにsad

                                                     

ホントに、お世話になりました~paper

最後に、その優しいFさんです。

P5220870  若く撮れてる~heart04って

 喜んでくれた写真。。。

 いえいえ、Fさん!

                         あなたは、そのままでも充分、若いわよんscissors

                                                    

« ごめんなさい。そして、ありがとう♪ | トップページ | 気分転換に~♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちろままさん、こんばんは。
↓少し元気になられたみたいでホッとしました。
今朝方、読ませていただいたのですが思うようなコメントが浮かばすに
失礼しました・・・m(__)m

生協さんって、いざという時に主婦の味方になってくれますよね。
私は参加したことはありませんが、お友達やお嫁ちゃんは利用していて
欲しいものがあるときには頼んでもらっているんですよ。

優しいFさんには又どこかで会うことがありますよね・・・きっと。

さっちゃん
ありがとうございますheart04

何か自分では、こういう弱音って言うか
本心って言うか…
出しちゃいけないって思ってたんです。


でも、まァ、書くだけ、書くだけって言い訳しながら
書き始めたら、どっどと出てくる、出てくる。。。

ホントに、お目目汚ししちゃいまして
スミマセンでした~。


ホントは昨日、倉敷への通院だったんですけど
先生にお願いして、延ばしてもらいました。
何だか、倉敷までの往復の元気が出なくって。。。
近いうちに行ってこなくっちゃ。


さっちゃん、またさっちゃんちにもおジャマしますので
よろしくお願いしますpaper

生協のFさん、優しいねsign03気配りのできる人ってステキですshine
ちろままさんの感謝がFさんに届いて、またちろままさんに良い形で戻ってくる・・・いいねぇ~heart02人と人とのつながりを感じますねribbon
中学校の時の校長先生も、「人にしてほしいことは、自分が人にしてあげなさい、そうすれば自分にも返ってくる」みたいなことを言っていたけれど、なんとなくそういうことなのかな?なんか違うかな。
高校の時は宗教の授業で同じような言葉が聖書に書いてあったし。
校長先生の話なんていつも聞き流していたけれど、このときは何故か真面目に聞いていて、心に残ったのですconfident
今日のブログを読んでそんなことを思い出しましたflair

ん~sweat01
どなたか、知りたい~~~despair

私はFさんには何にも返せないかもしれないけど
誰かのために何か出来たら、
またそれが、次の誰かのためににつながって…

そういうのって
たぶん今も、知らず知らずに皆してる気がします

ふだん何も考えてないんだけど
何かアクシデントがあると、1人で生きてるんじゃないんだってことが実感できるんですよネ

でもそれにしても
痛い代償だヮcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/41285998

この記事へのトラックバック一覧です: お世話になりました~!:

« ごめんなさい。そして、ありがとう♪ | トップページ | 気分転換に~♪ »

ようこそ♪

♪♪♪♪♪♪

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ