最近のトラックバック

« コアリズム♪ | トップページ | 大吟醸 青の無♪ »

臼蓋形成不全

久しぶりに、入院中のことを考えてたら

思い出したことがありました。

私は、臼蓋形成不全なんですと!

臼蓋とは、股関節のとこにあって

腰と足をつなぐ関節のカバーなんだそうです。

骨と臼蓋の間には、関節膜があって

関節への栄養補給などの潤滑油の役割もあるらしい。

私は右の臼蓋がなくって、関節膜もないそうです。。。

先天性のもので、小さい頃には

股関節脱臼も繰り返したのではないかとのこと。

そんなことは1回も聞いたことがないなァ。

今更、高齢の母に聞いたところでどうなるものじゃなし

気に病むだろうから、聞かなかった。。。

                                                     

そういえば、左はいくらでも延ばせる足が

何で右だけ、一定以上からは動かないんだろうとは

思ってたっけ。。。

でもそれも、遠いオオ昔のこと。

ひどく疲れたら、痛いこともあるんだけど

今現在、日常生活には全く差し障りはないし

リハビリをしていなけりゃ、永久にわからなかったこと。

                                                     

ただ、将来的に変形性股関節症になって

人工関節ってことになる可能性がなくもないってくらい。

私は悪いアンヨの膝も

65歳過ぎたら人工関節を入れるって言われてるのに。

このたびの手術で

半月板を半分と、滑膜を取っちゃったから。

                                                     

後まだ何かあるゥ~?って、開き直ってるから

もう何聞いても驚かないけど

外傷性以外の病気もあって

一生、薬を飲まなくっちゃいけんのよん。。。

薬さえ飲んでれば、食事の制限もないし

運動の制限もないから、まだいいんだけど。

                                                     

何か、今日は妙に気弱になってますか~?

そんな気はしないんだけどなァ。。。

ついつい、色々つぶやいてしまったヮ~。

« コアリズム♪ | トップページ | 大吟醸 青の無♪ »

健康」カテゴリの記事

コメント

臼蓋形成不全はどうして分かったのですか?
今は苦痛は無いのですか?
文章からはとても元気な方と感じますが?

臼蓋形成不全、聞いたことないもんだなー。まあ、90歳超えて現役の医者をしている日野原重明さんも言ってるけど、人間は病気なしの完璧な人はいないらしいよ。うまく病気と付き合いながら、より良くどうやって楽しく生きるか。それが結果的に良い人生を送る人だと言ってた。人類みなそうあるべきだな。

akiさん
リハビリ中に
良いほうの右足が、開きが悪いからおかしいと
理学療法士が言い出してレントゲンを撮りました。
で、産まれて初めて判明しました。
そう言えば、十数年前ですけど、富士登山をした際
足が途中で動かなくなったことがあったり
足の付け根が痛くてどうしたんかなと思ったり
今思うと、やっぱりその兆候はありましたネ~。

私は、気持ち的には自分でも元気があるほうだと思ってたし
前向きに、ポジティブに、って結構
意識してがんばるタイプだったんですよ。
上昇志向も強かったし。。。
なので、ずい分今まで無理をしてたんでしょう。
自業自得です。

でもそれが何で悪いの?って、昨年の今頃は
自問自答を繰り返して、じたばたしてましたねェ。。。

まァ、もう今の私にとっては
はるか昔の思い出みたいなもんですけど。

今はこうして、akiさんともお知り合いになれたし
ブログを始めることもできて、却って良かったかもしれません。
仕事してたら、とってもそんな余裕はなかったですから。。。

これからもこういうこと書いて愚痴るとも思いますけど
ごめんなさいネ~。
よろしくお願いしま~す!

私も愚痴り始めたらえんえんと続きますよ。
「私は幸せ!」と思う時もあれば 「苦労ばかりの人生だった!」(まだ終わってない)と思う時もあります。
前に加山雄三さんが「人生は一割の喜びと九割の苦しみ」と言っていました。あの人をしてそう言わしめるのが人生なんだと印象に残る言葉でした。
一昨年95才で義父を看取り 夫の「やっとお前と子供達の家になったな!」の言葉の重みを忘れずに これからはプラス思考で 側にいる青い鳥を見失わないようにしたい。 今までは何度も見失っていましたから反省を込めて。
ブログ楽しいです。

ちろままさん、私も先天性股関節脱臼と診断されたことはないんですが、右足の付け根が時々痛むこと、振り返った時にバキッと関節がなることがあり、いずれは人工関節を入れるようになるのでは、と言われたことがあります。
今はソフトボールもやっているし、痛けりゃ湿布を貼れば治ることもあり、病院には通っていないんだけど。
いつか自由がきかなくなるなら、今できるうちにやりたいことをやろうって思っているんですnote
怖いけどね。

akiさんも介護をなさっていたんですね。旦那さんの言葉、いいな~shine私もいつかそうなりたい!
私はばあちゃんが死んでも今度は義父の介護が待っている・・・。「私たち一家4人の家」なんて一生ないのかもしれないけれど、ちょっと期待しながら頑張りますsign01

akiさん
そうですネ。
上を見ればキリがないですし
私は身体に支障がある分、こうして余りある時間を
自分のためにたっぷりと使えるって贅沢が味わえるんですもんね。

私も傍にいる青い鳥を見失わないようにしなくっちゃと
akiさんの言葉を読んで、強くそう思いました。

私達は、これから身体を大切にしながら
自分のための時間を有効に使うことを
考えていかなければいけないんでしょうね。。。

じゅんこさんも
股関節に何か支障があるんですか?
女性には、股関節に異常を持ってる人が多いらしいですネ。
やっぱり出産にも関係あるんかなァ。。。
私の場合は先天性なんで
小さいときから右足が上がりにくかったり、開かなかったりはあったんだけど、別に気にはしてなかったの。
運動も好きだったし(走るの以外ね)
腰のレントゲンなんて、普通撮らないもん、知らんわよネ~。


じゅんこさん、痛かったらすぐ病院で診てもらったほうが良いョ。
主婦は忙しさにまぎれて、すぐに行かないから
悪くしちゃうんだよね。
足は大事、つくづく今実感してますよん。。。

う~ん、ばあちゃんの次はお義父さんかァ。。。
そうなるか、やっぱり。
じゃあ、とりあえず今は、目の前の小さな幸せをかみ締めて
あんまり先先考えないようにするしかないんかしらん。。。


ホントだね。人には病院に行け、って言えるのに、自分のこととなると後でいいってなって病院に行くのをためらってしまう。
シップがなくなったら一度病院に行ってみようかな?
今日はね、高校の時のソフト部の友達の家へ行ってきますhouse近所なんだけど、毎回私には旅行に行く位楽しみにしている集まりなんですshine
気分転換にsign01仲間がいるってとってもいいです~heart02

じゅんこさん
仲間内の集まりが、楽しかったみたいで良かったね~!
私もホッとしたヮ~。

看護師さんだから、私が改めて言うこともないんだけど
股関節は、人工関節にするのも大変らしいね。。。
1度に出来なくって、数年間かけて変えていく人もいるって話だった。

じゅんこさん
ちゃんと検査して安心するために、受診してね~。

こんばんわ!
臼蓋形成不全は手術なんて絶対にしちゃだめですよ。
私も大たい骨を骨折したことがあったんですけど、その時に先天性臼蓋形成不全ですね、って言われました。前々から、ポキッ!とか
ゴリッ!とか痛みがあったなあ・・と後になって原因がわかったんですけど、
絶対手術だけはしないと心に決めて、早5年・・。ついに歩けないほどの痛みと、
関節の腫れ、ゴリゴリ音で、限界でした。
ネットでいろいろ調べてるうちに、
http://www.yamate-s.jp/index.html
↑と出会ったんですよ。
めっちゃくちゃ半信半疑だったけど、
読んで納得できたんで行ってきました。
ダメでもともとだし・・。
足も開かなくて、痛みで何も出来なかったのに、まだこれでも軽度だったようで
1回にて治ってしまいました。
今はセルフケアを中心に、運動も出来るようになって、かなりハシャイでます(笑
誰か一人でも悩んでたら教えたいな、っと思って書き込んでみました。
ご自愛くださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/41645446

この記事へのトラックバック一覧です: 臼蓋形成不全:

« コアリズム♪ | トップページ | 大吟醸 青の無♪ »

ようこそ♪

♪♪♪♪♪♪

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ