最近のトラックバック

« 4本目のグリムス君、よろしくね! | トップページ | 広島県府中市「安楽寺」のツツジとサツキ »

忌野清志郎さん、お疲れさまでした

さっき、ニュースで知りました!

忌野清志郎さんが、がん性リンパ管症で亡くなったそうです。

ショックでした、こんなに早いなんて。。。

3年前に喉頭がんって聞いたときビックリしたけど

去年また復帰したので喜んでたんですョ。

それから後、私は知らなかったけど

また転移してて、治療のために休んでたんですねぇ。

                                                     

私が「RCサクセション」を知ったのは

あの「僕の好きな先生」だったと思うけど

奇抜なカッコと歌が合ってなくて、何だか変な感じ。

それが最初の印象でしたけど、清志郎さんが下向いて

照れ笑いをしながら、ぼそぼそしゃべるのがとっても可愛いので

たまにTVに出てると、必ず見てました。

あの独特の声も歌い方も好きでした。

それほど歌は知らないけど

坂本龍一との「いけないルージュマジック」では

2人のきわどい怪し~Vが流れて、ちょ~っと恥ずかしいなぁって

思いながら、でもちゃぁんと見てましたね~^^

                                                     

ドラマにも、数年前に何本か出てましたね、見ました~?

けっこう普通のおじさんの役でしたけど

存在感の薄~い冴えないおじさんなんてとっても上手でした^^

今思えば、あの頃はしんどかったときではなかったんでしょうか。

なのに、積極的に色んなことに挑戦してたんですね。

復帰したときに、歌も歌ってるのを見ましたけど

それほど病後の衰えは感じさせず、あ~良かったって思ったのに。

やっぱり無理をしてたんでしょうか。

思いっきり心置きなくやりたかったってことなのかなぁ。。。

                                                     

私は入院時には必ずウォークマンを持っていってたんですけど

その中には何百曲も色んなジャンルの曲が入ってるんですョ。

もちろん、RCサクセションのアルバムも入れてます。

新しいアルバムではないので、最近の曲は知らないけど

清志郎さんの曲は、ロックなんだけど哀愁があるんです。

きっとあの微妙な琴線に触れる声、あれの成せるワザなんでしょう。

奇抜なカッコをするし、ワザと崩れたような話し方をしたりするけど

でもとっても恥ずかしがり屋の、可愛いおじさんでしたよね。

                                                     

清志郎さん、がんばってたのになぁ。

神様はどういう順番で、人を天国に連れて行ってるんだろう。

つい、そう思わざるを得ません。

忌野 清志郎さん!

大勢の人に慕われて、応援されてたから

がんばってがんばってたのに、でも先に逝ってしまった。。。

そっちに逝ったらしばらくはゆっくり休んでもらって

それからは天国でも、楽しい歌や元気が出る歌を歌って

私たちを応援してくださいね。

お疲れ様でした。

心より、ご冥福をお祈りいたします。

« 4本目のグリムス君、よろしくね! | トップページ | 広島県府中市「安楽寺」のツツジとサツキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パソコンがようやく使えるようになったので
今朝は気分がいいです。おはようございます。

忌野さんは名前を知っている程度ですが
一度歌を聴いてみたいです。

喉頭がんは父が50才でかかった病気で
手術して声を失いましたが その後元気に20年以上生きて 私達の力になってくれました。
もうこの五月で亡くなって14年になりますが 優しくて強い父でした。最期は食道がんから肺がんへ
思い出しても涙が出る壮絶な死でした。

akiさん
たびたびきてくださり、ありがとうございます~♪
何か、お久しぶりですよねぇ^^
このところ私はお友だちのドコにも訪問していないので
コメントも入ってませんね~。
最近PCを見るのがほとんどこの時間になるので
なかなかお友だちんトコのコメントが入れにくいんですョ。
なので、akiさんちにも素通りでゴメンんなさいね~。

清志郎さんの曲は、いっつも元気が欲しいときに聴いてました。
淋しいときには歌って慰めてくれるような気がして。。。
ホント、悲しいです。早く逝っちゃって。まだ58歳だったのに。

そうなんですか、お父上は喉頭がんから次々転移されて
苦しい闘病をされたんですね。
でも20年も気力で生きてらっしゃったなんて、すごいです!
akiさんはそのお父上の血を引いてるから、芯が強いんですねぇ。
でもそれも家族や動物やお花に助けられてのことなんでしょうけど。
私の父も病気の問屋でしたので、回りが大変でした。
3回の危篤を乗り越えて、86歳まで入退院を繰り返して
最後は寝たっきり状態でしたけど、がんばりました。
今もソコにいて、私たちをず~っと見守ってくれてます。(写真でね^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/44876702

この記事へのトラックバック一覧です: 忌野清志郎さん、お疲れさまでした:

« 4本目のグリムス君、よろしくね! | トップページ | 広島県府中市「安楽寺」のツツジとサツキ »

ようこそ♪

♪♪♪♪♪♪

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ