最近のトラックバック

« アチいにゃ~ん! | トップページ | 綺麗な夕陽とちろの爪切り »

潜在ヘルパーって?!

netニュースでこんな言葉を目にしました。

「潜在ヘルパー」

ま、だいたいの想像はつきますけどねぇ。

やっぱりわたしの思った通り

資格だけ取ったけど、訪問介護をしていない人のことでした。

わたしの周りにもい~っぱいいますョ~!

1番仲が良い友達も何かの助けになるだろうって受けました。

でも実習で施設に行き、やることすべてヒョ~!だったそうで

もうもうあんなしんどいこと2度とやりたくない。。。そうですわ。

なので、わたしが何回辞めてもまた介護職に舞い戻るのを見て

ちろままさんはエライわ~!ってその度にエールをくれます^^

そういう人もたくさん「潜在ヘルパー」になってるのでしょう。

それと身近な家族のために少しでも安心な介護を習いたい

という人もいるでしょうしね。

この「潜在ヘルパー」は施設で働いてる人も含みますので

あくまでも訪問介護をしていない人だけだそうですョ~。

                                                     

ヘルパー2級って、講習や実技や実習130時間に行きさえしたら

いただける資格ですから、割合簡単に資格取得できるんですよね。

特別な試験もないですし。

1級はわたしもかつて受けましたけど、合計230時間になります。

訪問介護事業所のサービス提供責任者になるための資格です。

わたしの時は2級取得後1年間の実務証明が要りました。

今はなくてもいいというところもあるみたいですョ~。

この1級で勉強したことがそれからのわたしの大きな支えになり

介護福祉士を受けるなんて考えてもなかったので、この時点では

もうこれで充分だと思っていました。

勉強の期間も2級は3ヶ月、1級は半年でした。

1級は実習先で評価してもらい、それが卒業試験のようなもので

後は実際に訪問介護のケアプランを立てる試験みたいなことも。

働きながらなので、中には夜勤明けの人もいました。

先生はいつも「寝かせてあげたいけど、ここは聞いて欲しい」

って起こしてましたね。先生もさぞ心苦しかったでしょう。

そうそう、わたしが折りバラを習ったのもこの先生からでした。

もうずい分前なので、名前も忘れちゃいましたけど。。。

それより何より、この学校の存在自体もう今はありません。

                                                     

この1級の資格も数年後にはなくなるとか。

わたしは自分がヘルパー1級でいろいろ勉強したことが

その後の仕事にも生かせたし、価値があったと思うので

どっちかっつうと2級を廃止して、1級を残す方がいいのでは?

と思いますね。

まぁ、いずれどちらも廃止になるそうですから

どちらにしてもわずかな期間でしょうけど。。。

机の前でふんぞり返ってる方たちが考え出す草案は

どれもこれもピントが外れてて、今の現状を変えるにはとうてい

間に合いません。

介護保険が始まるとき、何せ見切り発車で始めるのですから

おエライさまたちは不安だったんでしょうねぇ。

とにかく走ってみていけないとこがあれば直し直し行こうじゃないか

と言うことで、5年経ったら見直そうというお約束でした。

で、介護保険が始まって初めての見直しが2005年にありました。

それは「改革」ではなく「改悪」だって専門職が口を揃えて

言ってるのを知っているのか知らないのか。。。

介護保険サービスに関わってる全国の専門職の意見を聞いて

現場まで降りてきて作った改革案だったとは思えません。

                                                     

介護保険ではありませんけど

「障害者自立支援法」ってご存知ですか?

障害者の人の命の支えであるこの支援法も2005年に改正され

介護保険にあわせて今までの「応能負担」から「応益負担」に

変えられました。

「応能負担」とは、支払い能力にあわせた負担金を支払うこと。

「応益負担」とは、使った支援に対して一律の負担金を支払うこと。

結果、生活するのに精一杯の人たちが今まで収入に応じて

使えてた支援が使えなくなったんですよね。

大人の障害者の息子さんを老年のお母さん1人でみてる家庭では

お風呂に入れることさえ出来なくなって、途方にくれてました。

そういう生活支援の他、作業所への送迎もできなくては行かれず

もうそれこそ1日中母子で家に閉じこもり、生活にも差しつかえる

このままだと、そういうことが起こるのは必然的でしょう。

そこで全国で反対運動が起こり、それはもう当たり前のことなので

ついにこの改革(改悪)案は今年廃止になりました。

全国の障害者のみなさんが勝った!ワケです。

長妻厚生労働大臣は、障害者の方たちの前で深々と頭を下げ

「深く傷つけたことをお詫びし、反省し、みなさまの意見をしっかり

聞いて新しい制度を作っていく」と言ったそうです。

この改悪案をみても、一体どこを見て何を考えてるのかと

言いたくなりますよね。

これは介護保険でも同じですから、改悪のたびに誰かが傷つき

泣いてることを、うえ~の方から見下ろしてる方々に知って欲しい。

って、わたしがこんな隅の隅から吠えても何も変わらないけど

わたしは1度このことをちゃんと書いてみたかったんです。

なので自己満足だけだけど、ま、いっか~!

                                                     

で、「潜在ヘルパー」ですけどね。

これはネットで3000人にアンケートで聞いた結果だそうです。

ヘルパー1~3級の資格保持者の内、潜在ヘルパーが80%近い。

へぇ~!そんなにいるとは思わなんだわ。

まぁ、あくまでもこの3000人のウチですけどね。

1回もヘルパーをしたことがない人40%

過去にヘルパーの経験がある人40%

現役ヘルパーと介護施設勤務の人(潜在ヘルパー)は40%

だそうです。

このアンケートを実施したある研究所では

「家族介護のためや資格取得だけが目的の人もいるので

その人たちを就業に導くことは難しい」

「実習で見たことで幻滅した人が多いので、研修方法にも問題が

ある。実習施設は善意によるので必ずしも適所とは限らない」

と言ってるそうな。。。

                                                     

でもですね、動機や目的が就業ではない人はともかくとして

今の不景気に仕事にありつこうと思って資格を取る人は

汚い、キツイ、危険の3Kはちゃんと覚悟してきてください!って

言いたいですわ。

少々安くても介護の仕事なら人手不足だからいくらでもあるし

年寄りの相手をしてればいいんだろうから、2級なら簡単だし

とりあえず取っちゃるか~、って思った人がたぶんいますよね。

まぁわたしも「何でもやってみなくっちゃわからないんだから

まずやってみてから考える」って信条で生きてきた人間ですから

2級を勉強していけんかったら止めりゃ~エエわって思うのも

わかりますけど、でも実習なんてそんな切れっ端を見ただけで

介護のことが全部わかったような気にならないでくださいって

言いたいんです。

資格を取ったら、やっぱり使いましょ?!

そして、中に入ってじっくり経験してから後決めたらいいのでは?

若い人で専門学校で資格を取った人はともかく、若くない人は

皆、始めの一歩は怖くてなかなか踏み出せなくて当たり前です。

訪問介護が向いてなければ、施設で。施設でも色々ありますから

興味がある施設に飛び込んでみたら、案外合ってるかも?!

わたしもこの業界?に入ったのは40歳代の後半からでした。

何も知らなくて、ヘルパー2級さえ持たず、ワケがわからず。。。

最初の数年間は、それこそもう無我夢中で毎日必死でしたけど

どうやらここの水はわたしに合ってたようで、まだ続いています。

今は身体が、いえいえ。。。お脳が動いてる間は介護の世界で

ず~っとゴソゴソしてたいなぁと思ってるんですョ~^^

                                                     

「潜在ヘルパー」なんて言葉は知らなかったけど、もったいない!

せっかく一所懸命勉強されたんだから、是非使ってくださいね~。

って言ってるわたしは。。。現在プ~ちゃんなんですけんど^^

でももうちょ~っとしたら、ん~、今はちょっくら休憩中なんで

また出たがりの虫がもぞもぞ動き出すのを待ってるところ。

アチイですもんねぇ、っつうと毎日汗水たらして働いてる方に

ぶったたかれそうですかね、スミマセン。。。

でも家の中でもちょっと動いたらすぐ汗みどろになりますョ~。

きっと仕事で汗が出やすい体質になってたからじゃないかな。

来週の半ばかな、その頃から少し暑さが緩むそうですので

大いに期待して、今のウチに汗いっぱいかいときましょうねぇ^^

で、汗かいたら絶対に水分補給、休息ですよ~ん!

こんなに暑くなくても毎日1・5ℓ~2ℓの水分(ビールはダメ)は

摂らなくちゃいけないんだから、今はもうちょっと多目にね。

では今日はここまででサヨナラです^^

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪

« アチいにゃ~ん! | トップページ | 綺麗な夕陽とちろの爪切り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

catちろままさん、ご無沙汰でした。
↓色々じっくり読ませていただきました。
そしてちょっとびっくりしたりしました。
熱中症が軽くて本当に良かったです。
随分過酷な環境の中でのお仕事だったんですね。
本当にお疲れ様でした。
身体は自分のものですもの。
そして、もう次なる事にチャレンジされてる、ちろままさん、とても素敵です。
輝いてるな~~。

介護の世界も色々変わるのですね。
ほんと、机上で考えるとそれを現場に下ろすと矛盾してる所が沢山あるのって、
よくわかります。私達も、そう感じる事が
多々ります。
なんとかならにものなのでしょうかねぇ~。

今はまだ残暑も厳しいのでもう少し
ゆっくりなさってください。
ちろままさんなら、その気になれば、
絶対大丈夫です。

今日は。
介護の資格を持っていて、実際生かせてない人が多いんですね。勿体無いです。

現場は過酷だから止める人が多いんですね。待遇を良くして、働く人が生きがい・やりがいを持てるようになるといいです。
義父を看てもらってたヘルパーさんには、天職に見えるような人がいましたが、ちろままさんもきっとそうなのではと想像してます。

たまちゃん
お帰りなさい。
もう疲れは取れましたか?
まだまだ暑いから、無理しないでね。

そうそう、わたし自覚は全然なかったんだけど
熱中症にかかりかけてたんですって!
急に汗を大量にかいて、水分補給をしなかったら
熱中症にかかるそうですョ。
まだ日によって、ちょっとおかしいなぁって時もあり
少し涼しくなってきたら、完全復活?したいと思っています。

たまちゃんの学校にも通って来てませんか?
障害のある子供たち。
今は障害のある子供たちを特別扱いしないで誰でも一緒に
教育を受ける権利があるという考え方が広まってきています。
たまちゃんが作ってくれる給食で元気をいっぱいもらって
頑張ってる子供たちは幸せだなぁって思います。
わたしはいつもたまちゃんは公私共に輝いててうらやましい♪
って思っていますョ~。

akiさん
いつもありがとうございます。

そうなんですよねぇ、使ってないなんてもったいないでしょ?!
せっかくお金を出して取った資格ですもん、使って欲しいです。

そうですね、もっともっと若い人に魅力を感じてもらえるような
待遇になればいいんですけど、ちょっと望みは薄いです。
確かにわたしのように年令を重ねてもしがみついてる者は
もう「ド壺にはまってる」んですからしょうがないですけど^^

akiさんちに入ってたヘルパーさんは良い方だったんですね~。
今は改正(改悪)されてずい分ヘルパーにもあれもできない
これもできないと制約が増えて、利用者さんとあまり触れ合えなく
なってきています。
その上サービス時間も短くなり、前と同じサービスを期待されて
とっても忙しいんですよねぇ。
なのでヘルパーもakiさんのお義父さんの頃は良い時代だったこともあると思います。
こういうこともおエライさんがうえ~の方から決めるのですから
現場の職員が幻滅して職種替えを考えるのもしょうがない
ですよね。
わたしもうんざりすることがよくあります、なのに舞い戻る。。。
もうこれは一種のビョウキでしょうねぇ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/49203997

この記事へのトラックバック一覧です: 潜在ヘルパーって?!:

« アチいにゃ~ん! | トップページ | 綺麗な夕陽とちろの爪切り »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ