最近のトラックバック

« またまたお菓子、作りました | トップページ | 「ビストロ ガリュー」 in福山市 »

「くじけないで」 by柴田トヨ

少し前から気になってた本がありました。

新聞の広告で見てからず~っと気になっていました。

今日友達と会って、今度一緒に資格試験を受けるので

遅まきながらテキストや問題集を見てみようということになって

ポートプラザの啓文社に行きました。

で、彼女がテキストを1冊買い、一緒に出口に向かってたら

あれっ、あの本!って目に留まったのは。。。

Photo

今話題のこの詩集です。

この著者は、現在98歳の栃木県在住の柴田トヨさんです。

                                                     

こんな素直な詩なので、心にす~っと沁み込んできますョ。

Photo_4

誰にでもあるような幼い頃の思い出だからなんでしょうか。

それを素直に言葉にすることを忘れてしまってたわたしです。

Photo_5

感覚が若いですよね。

だから幅広い年令の人から指示されてるんでしょう。

Photo_6

近影だそうです、98歳!可愛い笑顔(なぁんて失礼かなぁ)です^^

トヨさんは平成15年から詩を書き始めたそうです。

ということは、91歳のときからですね。

最初は産経新聞への投稿から始まったのだそうです。

上の詩をはじめ、たくさんたくさん勇気をもらえる詩があります。

詩の終わりに、今までの人生のことなどが書かれていますけど

最後のページにこんなことが書いてあります。

                                                     

「  この年令になって、毎朝起きるのは、本当は辛いです。

 それでも私はベッドからヨイショと起き上がり

 バターかジャムを塗ったパンと紅茶で朝食をとります。

 そしてその日、ヘルパーさんにやってもらう掃除や洗濯などの

 お手伝いや買い物のリスト作り。 

 さらには公共料金の支払いなどを含めた家計や通院スケジュー

 ルなどを考えます。 結構、頭を使い、忙しいんです。

   だからどんなにひとりぼっちでさびしくても考えるようにして

 います。 「人生、いつだってこれから。だれにも朝はかならず

 やってくる。」って。

 一人暮らし二十年。 私しっかり生きてます。           」

                                                     

その下にこんな詩が自筆で書かれてるんですけど。。。

「 

  ポットから

  注がれる

  お湯は

  やさしい

  言葉のようだ

    

  私の

  こころの角砂糖は

  カップの中で

  気持ちよく  

  溶けてゆく  

               」

あぁ、なんて気持ちのいいゆったりとした情景なんでしょう。

わたしにはトヨさんが両手で包むように持つカップから立ち上る

湯気までが目に浮かびます。

そのカップを覗き込むトヨさんのホ~ッとした表情も^^

                                                     

わたしも昔は結構な文学少女だったこともありました。

だいたい運動も好きでしたけど、病気持ちだったので

体育の授業も見学が多かったんですよね。

なので部活も運動部には入れなくて、文化部でした。

確かいくつか掛け持ちしても良かったので、目一杯入ってました。

(あっ、もしかしたらわたしが勝手に色々回ってたのかも?!)

そのウチの一つに文学部があって、1回の部活で1つの作品を

発表しなくてはいけないので、詩なども作りためてた記憶が。。。

そうそう、話はびゅ~んと飛びますけど「実験クラブ」ってのにも

引っ張り込まれてて、なにやらゴニョゴニョやってました。

くくっ。。。 これは楽しい秘密クラブでしたね~^^ 

何せアッチコッチに顔を出すので、何クラブ?ってよく聞かれて

「アレとコレと、え~っと。。。」ってワケわかんなくなってたっけ~^^

まぁ昔っから1つに決めるのが苦手な性格だったんですねぇ。

                                                     

文学部では真面目に、自作の詩を朗読なんぞしてました。

みんなの前で。。。 今考えると、何てこっぱずかし~の!

中学生の作る詩なんて、知ってる限りの上っ面の言葉を並べて

くっつけただけの、どこかで聞いたことがあるようなものですもん。

なので、今ではその詩を書きためてたノートのことを思うと

すごい恥ずかしい思い出ですわ。

今回はトヨさんにとっても大きな刺激をもらいました。

でもそれがなくても、また何でもいいから創作をしてみたいなぁと

少し前から思うようになっていました。

まぁ、なので、トヨさんのこの詩集を買ったのかもしれません。

もちろん編み物や縫い物?や折り紙も好きですけど

そういう創作とはまた別に、今やってみたいのは言葉の創作です。

詩を書くって言うことも、何を書こうって改まって構えなくても

気持ちのまま思うままに自然に浮かんだ言葉をつなぎ合わせれば

いいんだって思うようになったのは、トヨさんのおかげさまです。

なのでわたしでも書けるかなぁって思うようになりました、今は。

                                                     

この「くじけないで」の詩集には、こんなカレンダーが付いています。

Photo Photo_2

上にはトヨさんの詩が、カレンダーは6月からです。

Photo_3

人間、感性っていくつまでって制限はないんだから

その世代での感じ方を言葉に表したらいいんですよね。

まだ全編は目を通していないので、これからじっくり

トヨさんのその気持ちに沿いながら、読んでみたいと思います。

今日はランチ、ティータイムと思う存分堪能してきました。

ステキなものも買っちゃいましたので、またそれも見てくださいね。

では今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました♪

« またまたお菓子、作りました | トップページ | 「ビストロ ガリュー」 in福山市 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり~^^
柴田トヨさんのこと、昨日のはなまるマーケットで知りました。
あの歳でとてもステキな詩が書けるなんてすごいと思いました!
何事も、広く優しい心で受け止められてるんでしょうね。
そんな生き方が出来たらなぁと反省させられます。

まだまだ暑い日が続いてますが、朝晩は少し過ごしやすくなったかな^^

catこんばんにゃ!
ちろまmさん、ご心配いただいてありがとうございます。そのお気持ちとても嬉しかったです。

ほ~んと、ご無沙汰でした。
↓ちろさん、特集はとっても楽しく和ませていただきながら拝見しました。
ちろままさんの、ブログとっても充実していて楽しいです。

ゆうちゃんとたいちゃんも、ほ~んと凄く可愛いです。
おおきくなりましたね。

今日はとても素敵な本を紹介して下り嬉しかったです。
心にしみじみきますね。しかもこの方、本当に素敵で愛らしい方ですね。人生の師匠!興味が出てきました。
ちろまさんの学生さんの時のお話しも楽しかったです。

柴田トヨさんのことは、最近いろんなところで出て来ますね。すぐ本を買われるところが、好奇心旺盛(失礼!)なちろままさんと思いました。
そう言う私も書いたくなりました。

ポチッとして読みました。いい詩で癒されます。
超おばあちゃんの言葉だから、余計に心に沁みます。

食いしん坊さん
今日はお休みでしたか?
何をして過ごされたのかなぁ^^

そうなんですか?!
わたしは日中はあまりTVを見ないので、知りませんでした。
柴田トヨさんのことも新聞で見ただけで全然知らなかったので
本屋さんで売り上げ1位って知ってビックリしました。
皆さん、よく知ってらっしゃいますね~。
難しい言葉も使われてないし素直な言い回しなので、す~っと心にしみこんでくるんでしょうね。
母にも読ませてあげたいと思っています。

ここ数日外出中いきなり大雨が降ってきたりするので、家を出るときいくらお天気が良くても洗濯物は取り込んでいってます。
そろそろ秋の気配が感じられるようになってきてもいいですよね~。

たまちゃん
今晩ヮ^^ 
お久しぶりです。
お仕事大変でしょう、無理しないでくださいね。

ちろのヒミツ?読んでいただけましたか。
ウフフ。。。そうなんです、ウチの家族になったのはそういうことだったんですョ~。
わたしも久しぶりに思い出して楽しかったです。

ゆうなもたいちゃんも、人よりはちっちゃいけど大きくなってきました。
身体はちっちゃいけど、言葉と態度はいっちょ前にデッカイんです!
特にゆうなは口がたつので、どう返事しようかと一瞬たじろぐこともありますョ~^^
女の子はホントにしっかりしてますね。

柴田トヨさん、素晴らしい感性の持ち主ですよね。
素直な言葉が並んでる詩にはわたしは共感することも多いです。
良い本に巡り合えて嬉しいです^^
母にも読ませてあげて、ぜひ刺激をもらって欲しいと思っています。

akiさん
今晩ヮ^^

そうらしいですね、わたしは新聞で見ただけで全然知りませんでした。
その上、見たことも忘れてたんですけどね。
でもちょうど本屋さんで見て、ぱっと思い出しました。
そして手に取って1ページ1ページめくって読んでたら、これは手元に置いておきたいと思って買いました。
母にも見せてあげて、ぜひ良い刺激をトヨさんからもらって欲しいと思っています。

目の前に見える景色でも素直に言葉で表したら、こんなステキな詩になるんだって改めて思いました。
わたしたちでもこれはできないとこではないですよね。
最近、言葉の勉強って言うか、言葉を使った趣味を持ちたいと思うようになってきました。
何がいいでしょうかねぇ、akiさん。
akiさんは(わたしもなんですけどね。。。)英語系出身でらっしゃるんですけど、やっぱり歳を重ねてくると日本語の良さがわかってくるんですよね。
トヨさんの詩を読んだら、日本語の感性を大切にしていきたいと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/49383342

この記事へのトラックバック一覧です: 「くじけないで」 by柴田トヨ:

« またまたお菓子、作りました | トップページ | 「ビストロ ガリュー」 in福山市 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ