最近のトラックバック

« ご心配をおかけしました! | トップページ | 今年のハナミズキ♪ »

おかげさんで退院しました!

毎日、特に朝晩がグ~ッと冷えて寒くなりましたね。

でもまだ日中は車の中は暑いくらいで、この温度差が風邪の元。

わたしも時々喉がイガイガして、「あ、風邪かな」と思うことがあり

でも次の日には治ってるので、気力で治してるのかも?!

でも、皆さ~ん!

やっぱりちょっとの油断で風邪を引くので、気をつけましょうね。

わたしも気をつけます^^

                                                       

以前ピロリ菌を飼ってて?胃にポリープが出来たので

内視鏡で数個切ってもらった以外は、日頃から元気なおっちゃん。

なので、おっちゃんはもうもう限界でした。

リハビリ以外にすることもなく、病院内では動くこともなく

ダラダラと毎日を過ごすことに苦痛を感じ始めていました。

骨の痛みは大きく動かさなければもうほとんどないそうで

むしろ打撲の後遺症の方がひどくてまだ続いてるそうです。

でもこれもリハビリに1日1回行くだけで、後はベッドでダラダラ。。。

先生も「家に居ても同じだから、帰りたかったら帰りますか?」

と言われたことだし、と言うことで即行で退院が決定!

                                                     

前の日からそわそわ。。。

わたしが行くと、せっせ荷物をまとめてましたョ~。

まぁ、嬉しいのはわかるけど、もうちょっと落ち着いてぇなぁ。

そして当日は三男と2人で迎えに行きました。

おっちゃんは優しい人なので、同室の方達が名残惜しんで

皆さんでエレベーターまで見送って下さいました。

中でも向かいにおられたMさんは、おっちゃんの手を握って

「リハビリに来たら上がって来てぇよ!」と何度も繰り返して。。。

もう70歳を越えてるMさんも交通事故の被害者だそうで

奥さんに先立たれ、1人息子さんは大阪におられるとか。

親戚の方やたまに息子さんが来られるけど毎日ではないので

話しやすいおっちゃんに色んな話をされてたようです。

入院してると、それでなくても寂しいもんですからね。

おっちゃんの同室の皆さんは親切で優しい方々でした。

皆さん、おっちゃんがお世話になりありがとうございました♪

                                                     

そして、帰ってきてまず1番に。。。

玄関に迎えに出て来たちろに「ただいま!元気じゃったか?」

コレコレ!コレを楽しみに帰って来たと言っても過言じゃない。

でもちろは、ありゃ~、他人のフリしてます。。。

アンタ、あんなに可愛がってもらってたのに、忘れたんかいな。

昔から「犬は人に付き、猫は家に付く」と言いますよね。

でもあんなに猫1倍可愛がってくれてたおっちゃんを忘れた~?

そうなんですョ~。

やっぱり数日間はあまり近寄らなかったので忘れてたのかも?!

猫ってやっぱり頭が小さいから脳みそも少ないのかしらん。。。

頭悪いわ~!あ、でもこれってちろだけかもしれませんけどね~。

                                                     

それから毎日リハビリの運転手を初めとしたお世話係をやってて

けっこう出かける用事が多くて、アッチコッチうろうろしています。

おっちゃんはメガネをかけてるんですけど、当然グワ~ンとなり

前に作ったメガネ店で作り直しました。

コレも当然保険で出ますけど、領収書を提出後決済されて

ウチの口座に振り込まれるのはさ~て、いつのことやら。。。

とにかく自賠責保険会社の対応が悪いです。

担当者に会ったのは、2回ほど。それも文句の電話で飛んできて

「ハイハイ」と良い返事をしただけで、またも繰り返しです。

電話してもホントにそうなのか、いつも留守なんですよねぇ。

なので電話をくれるように頼んでもなしのつぶて。。。

あ~!ここでその損害保険会社の名前を言ってしまいたい!

支店と担当者の名前も言ってしまいたい~!

と言うくらい憤慨しています。

                                                     

ペッチャンコになった車、もちろん全損ですけど

それもまだ賠償金の金額が決定していません。

積んでた数十個の機械、高額の機械もたくさんあったんだけど

それも三男が1つ1つ拾い出して、定価と年式を調べて提出し

ずい分日にちがたってるけど、何も知らせてはきません。

文句を言おうにも担当者がなかなか捕まらず、どうなってるんだ!

内払い金と言うわずかな金額を1回振り込んできただけで

口をぬぐってるんだったら、コッチにも考えがありますから!

それにしても、こんなに被害者をないがしろにしていいのか。

交通事故の被害者の会ってありますよね。

被害者といっても、亡くなったりされた方なんだと思いますけど

どれほどの辛い思いを抱えておられることでしょう。

今回の保険会社の対応をみても、手厚い保障をしてもらった方は

きっと少ないのでは?と思います。

亡くなった方を返せと言いたいところだけど、それは出来ないから

せめて残った遺族に手厚い保障をすべきですよね!

この損害保険会社、団体保険や自賠責保険にシェアを持ってて

安い保険料で顧客を集めてる会社ですョ。

もちろんウチは自賠責保険も任意保険もここではありません。

これから示談までの長~い長い道のりのお話、まだまだ続きます。

こんなこと参考になっちゃいけないけど、でも載せていきますね。

                                                     

え~っとですね、嫌な話から先にしちゃいましたね、ゴメンなさい。

おっちゃんはと言いますと、帰ってきてやっぱりずい分元気になり

リハビリ室ののPT(理学療法士)さんに

「家で奥さんの家事の手伝いをしたりして、少しづつ慣らしましょう」

って、ステキなアドバイスをされたと言い、食器を洗ってくれてます。

へぇ、日頃でもそんなことあまりしないのに~、雨降ってない~?

と言っても、TVの前にリクライニングチェアを置いて、ちろを置いて

ほとんど朝からTVやDVD観賞三昧。

ま、あんな痛い目に遭ったんだから、こんくらいいっか~?!

もう少し良くなったら、ぼちぼち庭の手入れをするそうで

「剪定」の本を買ってくれと言うので、まぁまず図書館で借りて

できそうだったら買ってあげるからね、と言うことにしました。

でも早速借りてきた「剪定」の本は遠く棚の上にポンと置かれて

もうその存在すら頭にはない様子ですわ。

どうせ庭はもうジャングルを通り越して、廃庭になりつつあり

ハナミズキも綺麗に紅葉してるのに、写真さえ撮ってない有様。

次の更新では、ウチのこの騒ぎもなんのその、真っ赤に染まった

ハナミズキをお見せすることをお約束しますね~。

                                                    

でわたしはと言いますと、毎日のリハビリ他の運転手をはじめ

体調を崩してた母宅にもおかずを持ってせっせと通いました。

おっちゃんが家に居るとなると、3食作らなければいけません。

先日から仕事に行き始めた三男のお弁当も作っています。

でも、事故のショックからストレス、休む暇がなかったのと

曲がりなりにも資格試験を受けるまでの疲れと、色々混ざって

とうとうわたしがちょっくら体調を崩してしまいました。

でもべったりは寝ていられず、時間があるときに転がってるくらい。

目が回ったり、喘息様の咳が出たり、そんな軽い症状でしたけどね。

事故から試験が終わるまで、毎日睡眠時間が極端に短かったから

きっと寝不足からの疲れもあると思います。

あ~今日1日このままず~っと寝てられたら幸せなんだけどなぁと

毎朝、布団の中で「起きろ」と「寝てろ」が激しく戦ってました。

でもやっぱり「起きろ」が勝って、ごそごそ起きてました。

ここしばらくは少し良いようですけど。。。

まぁ、わたしもビミョ~なお年頃ですから、ストレスがあると

神経と身体が同じ反応をするんですよね。

わたしって、ズ太い神経の持ち主と周りから思われてるらしくて

なかなかこういうことはわかってもらえないんですけど

これでもわたし繊細なところがあるんですもん、うふっ。。。

あ~今、ぶ~っ!って吹き出したの、誰ですかぁ?!

                                                     

でもおっちゃんが順調に治ってきてるのが何よりです。

だからわたしが一安心して油断したから体調が崩れたのかも?!

おっちゃんは退院報告を友達や仕事仲間にせっせとしてたので

来週から少しづつ顔を見せに回ることにしています。

もちろんわたしの運転手付きで。

おっちゃんの入院中は、大勢の方々がお見舞いに来てくださって

おっちゃんがたくさんの人たちに支えられてることを実感しました。

まぁ、これもおっちゃんの人柄や良い仕事をしてるからかもと

わたしもとっても嬉しく思いました。

三男にも「この人脈を大切に引き継ぐように」とじっくり話しました。

三男にもわかってるんでしょうけど、なかなか素直に出せません。

三男はたぶんわたしに性格は似てるので、わたしにはよくわかる。

今回三男も少し大きくなったと思うし、今は1人で頑張ってるし

これからが楽しみだとおっちゃんも言ってます。

あんなひどい目に遭ったんだから、少しは良いこともなくっちゃね!

                                                     

ま~、今日も数日分書いてしまいましたね。

これを少しづつ数日に分けて書けばいいのに、ためてためて

とってもロングになってしまいますね。

最後まで辛抱して読んでくださった方、お疲れサンでした。

どうもありがとうございました♪

こうして書いてると、まだまだ色々書き足りないことがたくさんあって

次回に回しちゃいました。

また次はいつになるやら、かもしれませんけど

できるだけマメに、せっせと書いていきたいと思っています。

次回、さっきお約束しました「真っ赤なハナミズキ」ですね。

お見せしたいと思っていますので、どうぞお楽しみに。

って、まさかもう枯れてるってことないでしょうねぇ。。。

いえいえ、大丈夫!今日リハビリに行くとき見たら真っ赤でした。

わが家のシンボルツリーですからね、記録にも残したいですもん。

では、今日はここまでで終わりますね。

長い長いのに、ここまでよくぞ辛抱して読んでくださって

ホントにありがとうございました♪

ホンのお礼代わりに(ならないかも)ちろの近影をおひとつ。。。

お目目汚しになったらゴメンなさいね~!

Photo

へ?なんでございやしょう。。。

コレは少し前に撮ってたもの。

Photo_3

コレはつい先日のもの。

デジカメが調子悪いので、携帯で撮りました。

何だかふくろうみたい。。。

« ご心配をおかけしました! | トップページ | 今年のハナミズキ♪ »

健康」カテゴリの記事

コメント

おっちゃんさん退院よかったですね☆
にしても保険屋さんヒドい。やっぱり安い所はそれなりってことなのね。
加害者は安い掛け金でお得だけど、被害者は納得いきませんね!!
やっぱり相手のことも考えて保険を選ばないといけませんね。

退院おめでとうございます。

こっそりブログを読ませていただいているsuirenです。
以前コメントしてから1年以上たっているような・・・。

うちの息子、小学1年生の時に交通事故にあいました。
下校中のことです。
でも、治療費は先方の保険で対応していただきましたが(信号機のない横断歩道上の事故だったため、相手が100パーセント悪いと判断されました)慰謝料というのでしょうか、そういうものはものすごく少なかったです。
家族は心配し、仕事も残業しないといけないのに切り上げて帰り、入院のためにあれこれ物を買って、付きそうために時間も費やして数万。
(看護料みたいなものです)
怪我は鼻骨骨折・頭蓋骨にひび・あとは軽い打ち身でした。
私がかけていた子供の保険の方が金額が多かったです。
お金はいらんから、時間を返して、子供の鼻をもとに戻せって感じです。
鼻はよーく見ないとわかりませんが、以前とは違います。

交通事故は、すごく給料をもらっている社会的地位の高い人以外は、たくさんのお金はもらえません。
人の命の重さは同じなのに、訴訟になったとしても、金持ちの子と一般家庭の子ではもらえる金額が違う。
そして学歴でもずいぶん違う。
不公平な社会です。

コンニチハ!

ダンナサマも順調に快復されつつあるようで
良かったです。
保険会社との交渉は、ちろままさんが入ってらっしゃる保険会社が相手の保険会社と交渉するのではないですか? しっかりして欲しいですね。

ちろままさんも体調を壊されたようですが、自分も
気を付けて下さいね。

三男さんも頑張っておられますね。
我が家と一緒で家にいて下さって、こんな時は
有り難味が分かりますね。

ちろちゃんも心の中ではホッとしていますよ。
猫にも心がありますね。そう信じたいです。

不幸中の幸いと思って下さいね。私と二男の交通事故の経験から、その時はそう思いました。

真っ赤なハナミズキを楽しみにしていますよ。

退院おめでとうございます。
まだまだリハの道は続くと思いますが、やはりご主人は
お家にいるのが1番でしょうね。
ちろさんもそばにいつもいるんですね。

お帰りになった時に、きっと病院の匂いが強かったので、ちろさんはご主人の傍に寄って行かなかったんだと思います。

ご主人のお人柄がよくわかりました。同室の方みんなに
慕われていたご主人って、本当に優しいんですね。
ちろままさん、とても優しいご主人でいいなぁ~

hちろままさんが体調を崩しておられて
心配です。ここまでずっと走り続けてきたからや
お疲れが出たんだと思います。無理なく少しでも
休める時は休んでくださいね。

ちろさんの写真のアップ嬉しいです。ありがとうです。

退院おめでとうございます!
まだまだ無理をされずに治療頑張ってください。

ちろちゃんはやっぱり(^^;
すぐに思い出しますよ。

事故も災難に遭った当事者になってみてわかりますよね。
本当につらい思いをされました。
どん底だったらそれ以上のことはありm戦。
これから良いことが沢山まっていることを信じています。
私もそうでした。頑張ってください!

じゅんこさん
こんばんは^^
いつもありがとうね~♪

この損保会社のウチの担当者は「今20人受け持ってるので、とても
忙しい」と言い訳しますけど、そんなに1度に満足のいく対応が出来るわけがないと思いません~?
そこからしておかしいと思います。
もう今は、してもらわなければいけないことは3人でドンドン言ってます。
負けませんョ~^^

じゅんこさん
お仕事にはもう慣れましたか?
派遣だったら、3ヶ月くらいで更新するんじゃないですか?
私もおっちゃんがもう少し落ち着いたら、派遣登録してみようかと思っています。
12月の発表次第では、もしかしてまた仕事を変わることになるかなぁ。。。なんちゃって^^
じゅんこさん、来年一緒に頑張って受けましょ!

suirenさん
お久しぶりです、ありがとうございます♪

子供さんが交通事故に遭われて大変な思いをされたんですね。
母親は子供が痛い目に遭うのは自分が遭うよりも数万倍辛いものですから、当時のsurenさんのお気持ちをお察しします。
鼻が今も元に戻ってないそうで、後遺症にはならなかったんですか?

ウチの場合多発骨折なので、完治という判断がどこでされるのかが
とっても不安です。
ウチが転院した病院は医師個人の判断で何でも動く病院のようで
入院中も、通院中の今も不安を抱えながらなんですョ。
その転院も、前の病院が転院先をウチの現住所からほぼ決定してたことに今も不満に思っています。
今は患者が病院を選ぶ時代だと言われてるけど、やっぱりそんなことはなくて、今も患者は医師に逆らえないものだとこのたびの一連の入院でつくづく思い知らされました。

この損保会社も疑問だらけですけど、自賠責保険なのでこんなもんなんだろうと思ってても腹立たしいことばかりです。
100対0だったことは最後の示談の時に何らか考えてくれるのかと
思ってましたけど、suirenさんの経験ではそれはないんでしょうね。
とにかく交通事故は、遭ったもん損ですね。
運が悪かったと思えということでしょうか。

suirenさん
よかったら、URLをもう1回教えてくださいませんでしょうか。

akiさん
こんばんは^^
いつもありがとうございます♪

今ウチが交渉してる損保会社は相手の自賠責保険会社なので
ウチの保険とは全く関係ないんですョ~。
ウチは自営業なので所得保障保険もかけてるし、保険には色々入ってるので、病院が終わったらウチの保険も請求します。
元気なときにはちょっともったいないなぁって思ってたけど、やっぱりいざと言うときのためにかけてないといけないもんですね。

わたしも数年前に後ろから猛スピードの車に突っ込んでこられたことがあります。
幸いそのときは、わたしが大きい車に乗ってたのでむち打ちだけですみましたけど、相手が未成年で人の車だったので少しややこしいことになりかけました。
でも車の持ち主の親が保険を使ってくれてホッとしました。
そのときの保険会社の担当者はとても誠意ある人で、毎日のように電話してきて「何でも言って下さいね」と励ましてくれました。
今回の損保会社の担当者と何という違いかと、会社の方針で働かされてる社員が気の毒になります。
この損保会社の担当者が言うには自分は20人同時に担当してるそうで、そんな会社にどんだけの誠意があるのだろうと、そういう面でも運が悪かったということでしょうかねぇ。。。

たまちゃん
こんばんは^^

そうか、病院の匂いですね。そうでしょうね。
あれから10日たち、ちろはすっかりおっちゃんの匂いを思い出して
ず~っとべったりですョ~^^

そうですね、おっちゃんは優しい人だと思います。
三男によると仕事中はコワいらしいので、優しいところとコワいところを仕事では使いわけてる、つまり「飴とムチ」ですかね~。
でもわたしにはムチは使ったことないので?わかりませんけどね^^
たまちゃんちのご主人は全く登場されませんけど、今度ご披露のほどよろしくお願いしますね。

事故からしばらくは三男が少し不安定になり、とっても気を遣いました。
その後損保会社の対応の悪さ、病院に対しての不安不満などなど
色んなことを1人で毎日解決していかなければいけなかったことや
自分で目標と決めてた試験にも申し込んでたので、それも気になり
何だか頭の整理ができないまま日にちだけが過ぎていきました。
主人が退院したことで、気持ちが緩みドド~ンと1度に噴火してしまったのかもしれません。
あ、噴火と言っても誰かにぶつけたりはしませんョ^^
自分の頭や身体の痛みとして出てきたり、1点をジ~ッと見てるとふわんふわん揺れたり。。。
前にもなったことがあるので、自律神経が弱いんだと思います。
でももう主人も快方に進んでるので、これからは上向きになると思って頑張ります!
たまちゃん、いつも気を遣ってくださってありがとうございます♪

メロンパンさん
こんばんは^^
いつも励ましてくださり、ありがとうございます♪

ちろはもう今、主人の膝に埋もれてグ~グ~爆睡しています。
それでも2、3日は寄ったり離れたりしていましたけど、すぐ思い出したようです。

わたしはあまり強くない眠くならない痛み止めを飲みながら、毎日運転手やってます。
色々回ってるので、午前中家を出て夕方まで出ずっぱりです。
今までにこんなに毎日主人と一緒に朝から晩まで居たことがないのでちょっくら鬱陶しいこともありますけど、こんなこともたまならあってもいいかなぁって思うことにしています^^

今までの人生でも色んな危機があったんですけど、そのときにはもう今が1番のどん底と思っても後で考えたら、あんなことはなんでもないなって思うんです。
なので今回の事故も今はしんどいと思っても、もうちょっとしたらそうでもないことだと思える日がきっと来ると思っています。
もう峠は過ぎて、これからは楽になるばかりですよね~。
やっぱりわたしは楽天家でしょうか~。
でも人生色々ありますから、これくらいでちょうどいいですよね^^

我が家の子供の事故の場合、相手はひたすら謝っていたので、意識をなくした息子が検査等した結果、回復することがわかった時点で、相手に何かを要求することはしないでおこうと思いました。
警察にも刑(罪?)の軽減を申し出ました。
それは、自分も同じように加害者になることがあるかもしれないからです。
気をつけて運転していても交通事故にあうかもしれない。

息子の鼻は、知らない人が見たら全く気がつきません。
親だからわかる、それ以前を知っているからわかる、というくらいです。
医師によるとあまりに変形がひどい場合は手術になるのですが、そうでない場合は自然治癒に任せるのだそうです。
治療しようにも目の少し上の骨にヒビや鼻骨骨折は治療ができないので、退院も早かったです。
実際はもぅ少し入院予定でしたが、本人がどうしても帰りたいと言い出したので連れて帰りました。
だからなおさら保険からおりる金額は少ない。
大きな怪我や後遺症が残らなかったことが幸いだったと、諦めるほかありませんでした。

保険って・・・加害者のためであって、被害者のためじゃないんだなぁって思います。
あと、相手の保険会社の方の態度がとても嫌でした。
こっちは神経がぴりぴりしているのに、とっても無神経な態度。
50代くらいだったので、人生経験を積んでいるわけだし、もっと相手の気持ちをくんだ言い方をしてくれても、って思いました。
そこの保険会社には入りたくないです。

suirenさん
この記事を書いてから約2週間たちましたけど、この間に
損保会社の対応がすごく良くなりました。
やはり何も文句を言わなかったので、後回しになってたようです。
一時はこの状況をどこかに相談に行こうかと思ってたくらいでした。
ウチが契約してる保険会社の担当者に聞くと、1人の担当者が複数の事故処理をするのは無理があるでしょうって言ってましたしね。

担当者に「1度顔を会わせて話をしないといけないのではないか」と言うと、次の日に倉敷から飛んできました。
私達家族がず~っと不満に思ってたことや、言いたいことを全部言いました。
担当者と色々話し合ったんですが、来た時は硬かった表情が帰るときは笑ってましたョ。
彼もきっとどうなることかと不安に思いながら駆けつけてきたのでしょう。
でも主人が穏やかな人ですし、冗談なんぞ言ったりしてたのでホッとしたんだと思います。
それからは迅速な対応をしてくれています。
今は色々便宜も計ってもらえて、むしろとても親身になってくれています。
車と載せてた機械類の賠償金はこちらの要求額通りに出ました。
それには私達も驚いたくらいです。
今はその他の便宜をお願いしてるので、これがどういう結果になるのかが気になるところです。

ウチの主人もとってもお人良しなんですョ。
入院中に警察が事情聴収にきたとき、穏便な処分にしてあげてくださいって言ったそうです。
後で警察の人から聞き、「はぁ?!」って私は呆れましたけどね。
でも今では私もそれほど加害者の人を恨んでいません。
痛い目に遭った主人が穏便にって言ってるのに、私が文句を言うと主人に申し訳ないですもんね。
主人は人を恨むと前に進めないという持論の人なんですョ。
私も今は1日でも早く主人が仕事に復帰して、元の生活に戻れることを祈るばかりです。

suirenさん。
自分のことなら少々はガマンできるけど、子供のことは特に後から色々思い返すでしょうね。
そう言えばウチも次男が高校生の時に自転車で下校中車と接触し
腕にヒビが入ったので自転車に乗れず、私が毎日登下校の送り迎えをしてから仕事に行ってました。
でも警察で事情聴収の際に私を部屋に入れてくれず、何もわからない次男は言われるままに署名をしたので、その時点で5分5分の判定になってしまいました。
10年以上経った今でも、あれは地元で有力者の会社の社員の事故だったからかと私は疑問を持ち続けています。
思い出すと今でもむかっ腹が立ちますもん。
今の事故よりも、何も保証がなかったあの事故のことの方が辛い思い出かもしれません。

いざというときのために入ってる保険ですが、ホントにいざというときに役に立ってくれるのか疑問ですね。
今日は思いつくままに書き並べてしまいました。
読み返すとまた気になるところばかりなので、このまま載せますね。
長くてゴメンなさい。。。最後まで辛抱して読んでくださりありがとうございました。
またsuirenさんちにもおジャマさせてくださいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/49955642

この記事へのトラックバック一覧です: おかげさんで退院しました!:

« ご心配をおかけしました! | トップページ | 今年のハナミズキ♪ »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ