最近のトラックバック

« 「手打ちそば あお山」 in福山市 | トップページ | 「ギャラリーカフェ 風の時計」 in福山市 »

「旬菜料理 喜多山」 in福山市

先日の休みに友達と久しぶりのランチに行ってきました。

前から行ってみたいね~って言ってたお店です。

福山市田尻町にあるしいたけ園が経営してるお店なので

しいたけ料理ってヘルシーだし大好きだし、これはぜひということで。

                                                     

私は今の市に転居する前は福山市に住んでいましたが

芦田川よりも南でしたので、田尻町も馴染み深いと言えると思います。

でももう芦田川を越えた辺りは18年前の私がよく知ってた頃とは

全く違うところになってしまっています。

全然どこがどこやらわかりません、道も違う、お店も違う。。。

ところどころ記憶にある場所がちらほらあることはあるのですが

そこだけ現在から取り残されたみたい、切り取られた風景のようです。

ま~、そんなことはどうでもいいので、先に進みますね。

鞆方面に向かって走って行くと、水呑町から田尻町の境目辺りですね。

左に細い道を入ってず~ず~っと行くと、こんなとこにホンマにあるん?

ってところにあります。

周りにはたくさんの旗が立ってるし、道しるべもあるのですぐにわかります

と思いますが。。。

Photo_9

車はお店の前に数台止められますが、上方にまだ駐車場があるようです。

車なんぞなかった昔ながらの田舎道なので、けっこう細くて曲がってます。

                                                     

Photo_10

門をくぐると、デ~ンとした構えの大きなオウチがあります。

瓦は新しいようですが、家とのつなぎ目のところに模様が入ってて

こんなん見たことない、特注でしょう、贅沢ですね~。

Photo_11

玄関に入ると、すぐこのシイタケの木が目に入ります。

奥で接客されてた方が「いらっしゃ~い」と愛想良く出てこられ

小さい籠を渡されて、食べられるだけのしいたけをそこから取ってと

言われました。

3つでも4つでも、と言われたので、では4つずついただきます!

Photo_17

予約してた時間が12時半だったせいか、木にへばりついたしいたけは

もう目立ったところにはあまりない。

下の方か、裏にぽつぽつ。その中でも傘が開いてないぽってりしたのを

できるだけ選んで籠に入れて持って入りました。

                                                     

Photo_12 Photo_13 Photo_14

室内はこんなに広くて、大きな木のテーブルがド~ンと置かれています。

私たちはほぼ真ん中辺に座りましたが、テーブルが大きいので

向かいの友達までが遠い、大声出さないと聞こえないかもね~。

あ~、そっか~、だからここ、こんなににぎやかなんだねぇ。。。

満席だったんですけどね、みなさん、常連さんのようでした。

私たちよりはお姉さんだったりお兄さんだったりの方々が大きな声で

ワイワイ、キャ~キャ~とそれはもうにぎやかで。

でもこの方々は私たちが食事を始めるかどうかって時に「お先にね」

って私たちに声をかけて皆さん帰られました。

それからは静かで私たちの貸切でしたし「遠慮しないで、ゆっくりしてね」

とお店の方が言ってくださったので、お言葉に甘えてゆっくり話をして

写真も撮らせていただき、話も聞かせていただきました。

ここは今の当主で6代目だそうで、4代目が101年前にこの家を建て

しいたけ園を始めたのは20年くらい前からだそうですが

この方の息子さんがお料理を作っていらっしゃるそうです。

良い水を使って育てたしいたけは生で食べられるから食べてみてと言われ

1つもいでかじってみたら、すごく甘くて美味しいので2人ともビックリ!

でもこれは帰りのことなので、まずはお料理をご紹介しますね~。

                                                     

席に座ったらすぐに

Photo_20

ほうじ茶を持ってきてくださいました。

ランチは1種類、2,000円の料理だけです。

ちなみに、このお箸はお持ち帰りくださいとのことでいただいて帰り

家で使っていますが、細くて軽くて使いやすいです。

Photo_15

お膳が来ました、色々乗っていますが基本的にヘルシーなものばかりです。

ご飯はジャコ飯でした。メバルの煮つけは久しぶりで美味しかったし

生?のしいたけの上に明太子マヨを乗せてるのが美味しかったな~。

Photo_16

さっきのしいたけをちっちゃい七輪に載せてあぶって食べるんだけど

私たちは話に夢中になってて、注意されるまですっかり忘れていました。

生で食べられるくらいなんだから、さ~ッとあぶるくらいでいいんだそう。

ここの料理には何にでもレモンやすだちが添えられていますので

このしいたけもレモンを絞って食べます。

あぶって強くなってるので1段と良い香りだし、しこしこした食感も

美味しさを倍増させていますね。

Photo_18

後からしいたけの味噌汁と天ぷらが来ました。

衣が厚めのほっこりした天ぷらです。

Photo_19

茶わん蒸しの中にも、大きなしいたけがいっぱい入っていました。

ゆっくり食べながら、いっぱいしゃべって、お腹もポンポンです。

ほうじ茶は急須でいただいてたので、お代わりしながらぺちゃぺちゃ。

居心地良すぎて、いつまでも立てれなくなりそう。。。

                                                     

その後お店の方にオウチの説明をしていただきながら、写真を撮って

取りたてのしいたけを売ってもらったと聞いてたので、お願いしたら

今日はもうなくなってしまったとのことだったけど、木に残ってた

しいたけをぽこぽこもいでくださり、袋に詰めてくださいました。

お金を取ってくださいとお願いしたけど、いいからって言われて。。。

申し訳なかったですが、嬉しかったですわ~。

おっちゃんがしいたけには目がないので、もぎたてのしいたけを

さ~っとあぶってぜひ食べさせてあげたかったんです。

さっそく晩ご飯のときに魚焼きのグリルであぶって出したら

ポン酢で食べて美味しいな~って感激してました。

何せ生で食べられるしいたけですからね。

                                                     

食事がすんで、庭に出て写真を撮らせてもらいましたが

150

この松は150年ものだそうです。

Photo_21 Photo_22

きちんと手入れされた庭です。隅には井戸もありました。

何にでも歴史を感じさせる「喜多山」でした。

歴史と言えば、こんなものもありましたョ。

Photo_23 Photo_24

これは部屋のマークだそうです。

松の部屋、亀の部屋、あと鶴の部屋とか扇の部屋があったけど

友達に撮ってもらったら、ボケボケで何が写ってるかわからんかった。

慣れないデジカメは難しいよねぇ。

で、このマークは4代目の当主が洒落もんで、部屋に名前を付けて

そのマークを作らせて貼り付けたそうです。

本来は釘隠しのために作られていたものだそうですが。。。

家の中の至る所に色々な工夫がなされてるそうで、次回はぜひそれも

見せていただきたいと思いました。

それにしても、初めてオジャマしたのにあっちこっち見せていただき

ありがとうございました。

とても気さくな、素敵な作務衣を着てらしたお母さまでした。

ごちそうさまでした。

さて、この後はこれまた話題のカフェに行く予定です。

そのお話はまた。。。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

« 「手打ちそば あお山」 in福山市 | トップページ | 「ギャラリーカフェ 風の時計」 in福山市 »

美味しいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/51722065

この記事へのトラックバック一覧です: 「旬菜料理 喜多山」 in福山市:

« 「手打ちそば あお山」 in福山市 | トップページ | 「ギャラリーカフェ 風の時計」 in福山市 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ