最近のトラックバック

« 北海道に行ってきました♪ 3日目午後、旭山動物園の巻 | トップページ | 「爆問学問」 塀の中の真実 »

北海道に行ってきました♪ 4日目、網走刑務所の巻

昨日3日目の宿は、温根湯温泉でした。

ここはこの旅で泊まった中で1番北海道らしい場所にありました。

と言うのも、周りにはなぁんにもない!広~い畑と川が近くにあるだけの

周りに灯りもほとんどないと言ったところでした。

遠くにはちらちら灯りも見えましたが、それでもそれほどの数ではない。

温根湯温泉には2軒しかホテルがないそうで、私たちが泊まったのは

明治32年創業のデッカイ綺麗な宿でした。ここは人気の宿だそうです。

駐車場も満杯で、私たちの他にもたくさんのお客さんが来てました。

とにかくホールがデカい、見渡してもかなりの広さでした。さすが北海道!

そうそう、温根湯温泉に到着した頃から雨が降り始め、夜中降リ続け

朝になっても止んでいませんでした。

少し冷えていたので、やっと持ってきた少し厚めの恰好ができました。

                                                     

自由食の札幌は別として、初日の湯の川温泉、最終日の阿寒湖温泉は

夕食がバイキングでしたが、ここ温根湯温泉は会席料理でした。

三の膳まであったけどほとんどの人はデザートは残してたみたいでした。

何せちょこちょこっと飾ってあるんですが、けっこうな量ですもん。

メニューはすっかり忘れちゃいましたが、細工物が綺麗でしたョ~。

デザートもゆずの皮の中にゆずゼリーが入ってたり、全部は無理でも

味見だけはしました、だってもったいないもん。

そうそう、食べ物ネタになったのでついでに。。。

初日と最終日ののバイキングですが、とにかく品数が多くて何が何だか

わからず、見逃した料理もたくさんあった気がして悔しいですわ~。

どちらもお寿司やステーキなどはその場で握ってくれたり焼いてくれたり

鍋物もあったんですョ~。1人鍋ですけど、好きな種を選んで鍋鍋。。。

いつもランチで食べてるバイキングと違って、材料を選んで自分で作る

方法で海鮮丼も自分で作ったりして、楽しかったんですョ~。

でも全部バイキングって言うよりも、お膳で食べる会席料理も良かった。

4回の夕食も5回の昼食も北海道らしい味をたっぷりと味わえて

満足満足、でした。

                                                     

ということで、今日4日目はまず網走刑務所、早めの昼食をすませて

世界遺産の知床半島をぐる~っと回る観光船で遊覧した後、滝見物し

摩周湖に行き、お泊りは阿寒湖温泉の予定です。

13年前陽が落ちたのに外灯1つない曲がり道をバスはくねくね上がり

挙句の果てに真っ暗でなぁんにも見えなかったと言う摩周湖に行った

ことがあることはあります。

その時の悔しさがあるので、今回よけいに摩周湖は綺麗に見たい!と

期待が大きいんですよねぇ。さて摩周湖、どうなるのでしょうか。。。

ではまずは網走刑務所にいきます。

宿から網走までどこを走って行ったのか、全くわかりません。

だいたいいつも移動時間は1時間~1時間半くらいだったんですが

それはトイレ休憩を含め、ジ~ッと座ってる時間の限界と言うことかな。

観光バスなので設備(トイレはないけど)も良いし、乗り心地も良い。

でもやっぱり狭い席に長い時間座ってるとしんどいですもんね。

で、トイレ休憩をするほどの距離を走ったかどうか忘れちゃったけど

網走刑務所に到着です。

ここではシ~!ずかに見学しなければいけません、今でも実際に

使ってる刑務所だし、なんと言ってもここは観光施設ではありません。

                                                     

網走刑務所は1つの町に匹敵するくらいの広さがあります。

なので刑務所の建物が見えるかなり前から敷地の側を走ります。

その敷地に沿って走ってると、何枚かの金属板をつないだような

高い塀がありその塀に囲まれた中が受刑者が働く畑や農場だそうです。

板の隙間から少しだけ垣間見えたんだけど、とっても広~い畑でした。

地平線までず~っと畑でした、海産物以外は自給自足なんでしょうね。

この刑務所は農作業や木工作業、陶芸などの刑務作業を行っていて

木工工芸品では二ポポ人形と言うアイヌのお守りも兼ねた玩具が有名で

すぐそばのバザールでも色んな二ポポ人形を売っていました。

世に出てる二ポポ人形はずべてこの網走刑務所で作られてるそうです。

陶芸品も有名で、刑務所にも見本が置かれてたけど食器だったかな。

ここで作られてる物は市場に出回ってるそうなので、知らない間に手に

してるかもしれませんね。

○の中に検の字の印がついてたら、刑務作業で作られたものだそうです。

そうそう、私の育った市でも刑務所で作られた木工品の即売会があり

子供の頃父に連れられて見に行き、傘立てを買った覚えがあります。

最近もチラシを見た気がするので、続けられてるのでは?と思います。

                                                     

Photo_2

網走刑務所は昔は極悪党や政治犯(その頃は政治犯も極悪党だった)が

入っててかなり荒れた刑務所だったそうで、囚人の扱いも劣悪だったとか。

創設当時は囚人は使い捨ての扱いで、道路を作る工事などの重労働を

足かせ手かせをつけたままさせ、亡くなると道端に土饅頭にして埋めて

それがあまりにかわいそうだと地元の人が供養したそうです。

今も道路の側に土饅頭が数個残ってて、その側には数10kgの足かせが

置いてありました。これは囚人への見せしめだったそうです。

網走刑務所に収監されたらもう2度とシャバへは帰れない、時代だった。

ここで聞いた話は悲しくて辛い心がキュ~ッと締め付けられることばかり

でした。

だから網走番外地、だったんでしょうね。ホントに番外地と言う感じです。

あの映画でいっぺんに日本中の人々が網走刑務所の名前を知ったん

ですよね。

でも網走の住民にとって有名になることが喜ばしいことだったのかな~。

今は観光客が来てるから結果的には良かったと言えるでしょうけどね。

                                                     

Photo_3

(門の横にある小部屋は片方が看守の部屋、もう片方が面会室)

現在は比較的に刑の軽い交通犯罪や覚せい剤犯罪を犯した26歳以上の

犯罪者が多く収監されているそうです。

他の刑務所はだいたい人里離れた山の中に建ってることが多いんだけど

この刑務所はホントに人里の中に建ってます。

でも昔はこの辺りは網走川があるだけの辺鄙なところだったから

刑務所が建ったんですって。

元々網走は漁業が生業だったところなので、最初は海に近いところに

人家が集まってたんだけど、嵐による津波の被害に何回も遭うたびに

どんどん海から遠くに遠くに移ってきて、とうとう刑務所の周りが家だらけ

になっちゃったそうです。

なので現在は街中にあるように見えます。

ま、街中と言っても都会ではないので賑やかな繁華街ではありませんが。

今も昔の建物は残ってて作業所になってるようですが、刑務所自体は

5年前に建て替えて、空調設備の整った綺麗な建物になっています。

Photo_4

この刑務所も色んな人たちの尽力で何とか危機を乗り越えたことも多く

特に近くのお寺の和尚さんが刑期を終えた人たちを食べさせて寝させて

仕事を探し社会復帰をさせたりして、とても刑務所に尽くしたそうです。

その和尚さんが、刑務所が今の門に建て替えるとき自分が古い門を

引き取ることにしたけど、重くて陸路では難しいので網走川をいかだで

流して運んだそうです、囚人たちがみんなで。

現在はその門はお寺に併設された幼稚園の門になっています。

私は見てきましたが、歴史を感じさせるどっしりとした木の門でした。

                                                     

網走川は思ったよりは狭い川、ホントに川って感じでした。

Photo

晴れてて時間がたっぷりあったら、この網走川のほとりをゆっくり歩き

綺麗な空気をいっぱい吸ってみたかったなぁって思いました。

でももう時間があまりありません、周りを見るともうみんなサッサと

戻ってるではありませんか。ありゃ~、私たちも急ぎましょ。

その頃から雨がぼちぼち上がり始め、傘をささなくてもいいかなくらいに。

その後オホーツクバザールでまたまた買い物だったんですが、え~っと

ここで何を買ったんだったっけ~?!ってな具合で、もう忘れちゃった。

お土産ももう全部食べ尽くしちゃったしねぇ。

そうだ!温根湯温泉の宿の中の朝市でこれ買ってたんでした。

Photo_5

白花豆の甘納豆です。

ここ北見市は豆の産地で、特にこの白花豆は全国一だそうです。

そういえば、北海道では赤飯を甘納豆で炊くって知ってます?

私も何かで聞いたことはあったけど、やっぱり温泉の朝市でこの豆を

売ってたお姉さんもそう言ってましたョ~。

甘い甘納豆でご飯を炊くってなんだか考えられない気がするけど

ガイドの和子さんが教えてくれたのは、おめでたい時は小豆の甘納豆で

赤いご飯を炊き、悲しみのときは黒豆の甘納豆で灰色のご飯を炊くそう。

どっちにしても甘いんだね、北海道の人は温暖な性格なんだ、きっと。

                                                     

で、思い出しました、ここで買ったもの。

Photo_6 Photo_7

これね、1口昆布のおつまみなんですが、1個だけねって言いながら

2人でバスの中で全部食べちゃいました。

美味しいのなんのって、10個くらい買えばよかったな~。

でもそこから昆布の産地の知床に行ったので、目を皿にして探したけど

2度と同じものにはお目にかかれませんでした。ホンマに残念。。。

この写真がなかったら、きっと今ではもう食べちゃったことさえ忘れてる。

この昆布と北海楼のおかき、この2つだけはもし3回目があったら

絶対に買い占めてくるからね!って場所が全然違うんだけどねぇ。

でも忘れられない味ですわ。

そしてこれから知床に向かい、早昼ご飯を食べてから観光船で遊覧です。

今日のお昼ご飯はホテルで帆立カレーだそうです。ん~、楽しみ楽しみ!

と言うとこですが、長くなってしまったので今日はここまでにします。

知床編はまた次回に。

では今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

« 北海道に行ってきました♪ 3日目午後、旭山動物園の巻 | トップページ | 「爆問学問」 塀の中の真実 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/52070896

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道に行ってきました♪ 4日目、網走刑務所の巻:

« 北海道に行ってきました♪ 3日目午後、旭山動物園の巻 | トップページ | 「爆問学問」 塀の中の真実 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ