最近のトラックバック

« はまってます、鍋ラーメン | トップページ | 毛糸のくつした、編んでみたよ »

「ビブリア古書堂の事件手帖」 by三上 延

先日の新聞の書評欄にこんなん、出てました。

Photo

私は本を読むことが好きなので、新刊もチェックしてるつもりだったけど

これは知らなかった、全然聞いたこともなかったなぁ。

「ビブリア古書堂の事件手帖」

書評を読むと、私の好きな「安楽椅子探偵」ものみたいなので

とっても興味をひかれて、すぐパソコンで図書館の在庫チェ~ック!

図書館に1巻はあったけど、けっこうな予約が入ってます。

ではヤフオクに。。。 でもここにはまだ出品されてませんでした。

う~ん、残念だ~!

                                                     

気にはなってたけどそのまんま翌日になり、買い物に行ったとき

スーパーの隣に大型書店があったのでのぞいてみることにしました。

あまりにたくさんの本があるので、お目当ての本がどこにあるのか

わかりません。

出版社も聞いたことがない会社だったし、著者も知らない人だし

これは店員さんに聞いてみなくては。。。

さすがにプロですねぇ、「ハイ、ありますよ」と言ったかと思うと

あんなにたくさんの本の中からサッと1巻2巻ともに取り出して

渡してくれました。

レジで「すごいですね、さすがにプロです」って、感心したことを話すと

「そのためにいるんですから、何でもお聞きくださいね」と言ってました。

ド!がいくつもつくくらいの、ド!田舎の書店で、あんまりたくさんの人が

入ってるのを見たことがないんですが、ここにもプロがいました。

素晴らしい!

                                                     

Photo_2

表紙がイラストなので軽い本に見えますが、なんのなんの~!

取り上げられてる古書は夏目漱石の「それから」太宰治「晩年」など

けっこう渋いものが多い。

その古書や著者に関する詳しい資料的な文章もわかりやすく書かれてて

スッと頭に入り、ふんふん、なるほどと新しい知識を詰め込みながら

読んでいきました。

Photo_7 Photo_8

それでも文体は軽快で読みやすく、すっすと読み進めてしまいます。

著者はライトノベルの作家らしいので、文章のノリがいいのかも。

ビブリア古書堂はこんな感じ、文章からのイメージにぴったりなイラスト。

Photo_5

新聞の書評にも書かれているけど、裏表紙の紹介文では簡潔に。

Photo_6 Dsc03325

おばあちゃんの恋と主人公の出生のひみつが解き明かされる一章で

次の2章への期待が大きくなってきて、またどんどん読み進んでしまう。

そうやっていつの間にか読み終えていましたね。

これからもず~っと続いて欲しいシリーズです。

                                                     

最近また読書量が増えてきてて、定期的に図書館通いをしています。

電話でリクエストができることを知ってからは、新刊の情報がわかると

すぐにリクエストしておきます。

借りてる本やリクエストした本など情報はすべてパソコンで得られるし

リクエストした本が取り置き状態になるとメールで知らせてくれます。

このシステムは助かってます、ホントに便利になりましたねぇ。

もうすぐこたつの季節がやっていますが、ヌクヌクのこたつに入って

ゆっくり読書を楽しむって昔ながらの最高の冬の過ごし方ですよね~。

そんな寒いときこそ読書の季節なのでは?と思います。

今度はどんな本が私の興味をそそるのか、ワクワクして待ってます。

« はまってます、鍋ラーメン | トップページ | 毛糸のくつした、編んでみたよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
私も本は大好きですが、買って読んでない本が20冊位あるんですよ。
お恥ずかしい限り。

↓ちろさん凄く可愛いですね。
そしてモーモーベットの中での写真どれもみんな可愛いです。
ちろさんて綺麗ですよね。惚れ惚れです。
次男さんも優しいですね。

ゆうなちゃんも大きくなりましたね。
ちろままさんの家族をみてると、これが日本の家族って感じで
とても気持ちが優しくなります。
うちも子供が結婚したら、(いつになるか先は見えませんが9こんな感じになればいいなって
想ってます。(*^_^*)

たまちゃん、こんばんは。

そうなんですか。近かったら借りに行きたいところですわ。
私はもっぱら図書館で借りる派なんですが
これは思わず買っちゃいました。
とっても面白いですよ、たまちゃんの積読リストにぜひ入れておいてください。

ちろはシャムの血がちょびっと混ざってるので
体はぼってりなのに顔はスリムなんですよね。
なのできっと写りようによっては(ホンマに色々な顔しますんで)
エエ男になってるかもです。
でも歳には勝てません、最近はゆるゆるのだれだれですよ~。

ウチの家族は平均的な日本の家族なんじゃないかなと思います。
でもね、うちはけっこうさばさばしてるんですよ。
何かあれば一緒に行動しますが、日頃はあんまりべったりとは接していません。
マゴッチたちの家とは10分くらいのところにありますが、月に数えるほどしか会いません。
何だかたまちゃん家もそんな風になりそうな感じですね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/53142765

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビブリア古書堂の事件手帖」 by三上 延:

« はまってます、鍋ラーメン | トップページ | 毛糸のくつした、編んでみたよ »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ