最近のトラックバック

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月

5千万円の仏壇と「故人の好物シリーズ」

先日母と仏壇店に買い物に行きました。

仏壇のちょっとした小物を買ったのですが、けっこうな値段でした。

仏さまのためならいくらかかっても買いますもんねぇ、商売上手!

買い物を済ませて店員さんと雑談をしていたら

「5000万円の仏壇があるんですが、目の保養に見られますか?」と

店員さんに言われ、「見ます、見ます」

それがこれですよ~。

Dsc04647_2

これって石原裕次郎の奥さんも買ったそうですよ~。

屋久杉でできてると聞き「屋久杉って世界遺産じゃないですか?!」

とビックリしたら「自然に倒れたものだけを使ってる」そうでした。

そりゃ~そうですよねぇ、あ~、びっくりした!

Dsc04648_4

税込で5250万円です。

Dsc04649

この細かい細工は見事ですね。

写真ではわかりませんが、とっても微妙な色合いがやっぱり5000万円。

その他数千万円から数万円までいろんな仏壇をぐるり見て歩きました。

なかなか興味深かったですよ。

今は家具調仏壇が流行で、リビングに置いてもぴったり合いそうです。

タンスの上に置く小さな仏壇(には見えませんが)もいいですね。

仏壇が大きくて立派でもちゃんと守ってあげないと意味がありません。

要は気持ちの問題で仏壇の大きさや豪華さではないと思うのですが

故人のことを思うあまり、豪華な仏壇を選ぶ人もいます。

それはそれで気持ちの表れですもんね、色々あって当然です。

でもね、私はいくらお金があってもたぶん5千万円の仏壇は買わないかも。

いやいや。。。やっぱし故人を思う気持ちが強かったら買うかなぁ?!

 

 

 

そしてね、こんなものがありました!

Dsc04643_2


Dsc04642


Dsc04644


Dsc04640

Dsc04641_2


Dsc04645


Dsc04646


もうおわかりと思いますが、これは全部ろうそくです。

No


「故人の鉱物シリーズ」だそうです。

写真以外にもお菓子やジュースなどたくさんの種類があります。

辛いですが、子供用なのですよね。

お墓や仏壇に供えるのに本物だと衛生的にも環境的にも良くないので

こういうろうそくを代わりに供えるんですって。

最近は仏(ぶつ)の世界でもいろいろな新しいものができてて

面白いですね、ってちょっと不謹慎かな。

 

 

そうそう、お線香にもいろいろな種類があるのはご存じでしょうが

1本数百円のお線香がありました、一体どんな香りなのでしょう。

最近は仏壇店にお香も置いてあるんですよ。

お線香とお香は別に売ってたけど、見た目は同じだったような。。。

母宅の仏壇に供えるお線香は緩い良い香りのものにしています。

ぜんそくの気がある母なので、煙っぽいお線香は厳禁ですから。

仏壇店で売ってたちょっと高価なお線香がず~っと気になってて

一度買ってみたいと思っています。

たまには仏壇店に行くのもいいですね。

扱う品物が品物だけに、落ち着きます。

でも、用事もないのに遊びに来ました~!って言うところでもないので

とりあえずはお線香を買いに行ってみます。

私の砥部焼♪

長いこと待ちましたが、やっとのことで送られてきました。

砥部で絵付けしてきたお皿やカップです。

Photo_5


これっておっちゃんのマグカップですよ~。

左の絵は何かわかります?って以前書いたものですが。。。

右の絵、つまり裏側はみかんでした。私はすっかり忘れちゃってました。

そう言えば私が描いてたのを、それにしようって横取りしたんですわ。

私がう~んう~んって苦労して時間かけて描いてたのを横目に

おっちゃんはすいすいと迷いもせず描いちゃってしまいました。

大胆不敵!楽天家のおっちゃんならではの作ですわよ。

それがこれっ!どないですか~?

このカップ、絵はともかくとして軽くて使いやすくてね。

私が毎朝珈琲入れて飲んでますよ~。

 

 

Photo_6

母へのプレゼントのお皿です。

出来上がりは小さくなるのでそのつもりで、と言われたので

絵をデカく描いたんですよ、でもそれほど小さくなってない。

なので絵が目立ち過ぎですね。

でも気持ちはこもってるのでそれでいいとしましょ!

 

 

Photo_10

私が描いた大皿です。

これも絵が大き過ぎますねぇ、でも手描きの良さってことで。。。

焼くと小さくなるって聞いたけどそれほどでもない、ので大きなお皿です。

何を盛ろうかとワクワクしますがまだ使ってません、楽しみです。

 

 

今年は我が家のツル薔薇の咲き方が遅いというか

つぼみは多いのになかなか咲きません。

毎年秋まで咲き続けるので、遅咲きかもしれませんが。

今年も1番咲きのツル薔薇はちゃ~んと撮りました。

Photo_11


Photo_12


Photo_14


ぼちぼち咲いてます、また載せますね。

 

 

今は庭中がホタルブクロ祭りですよ~。

確か20年近く前にもらった時は白のホタルブクロだったのに

今我が家の庭を占領してるのは白はもちろん、ピンク、斑入りと

様々な種類に増えています、なんででしょ?!

また写真を撮ってお見せしますね~。

お隣のフェンス際にもウチから飛んでったホタルブクロが揺れてます。

きっとウチの近所のお庭にはホタルブクロがふわふわしてるはず。

見慣れない花なので気味が悪くて抜いてらっしゃる人もいるでしょうが

けっこう貴重な花ですよ、大事にしていただけると嬉しいですね。

「あなたへ」 by森沢 明夫

最近図書館にまめに通っています。

私の読書には波があって、読むとなると時間のすき間をねらってでも

読みます。

それなのに本をまったく触らない時期があったり、ホンマに大波です。

活字狂と言うほどの本好きだった若かりし頃にはあらゆるジャンルに

手を出してたのに、今は好みがものすごく偏ってますしね。

で、今は大波が来ててね、図書館通いしてるわけですよ。

 

 

新刊で興味がある本にはネット予約して順番を待ちます。

この本も新刊情報で見つけてすぐ予約したのに、かなり待ちました。

001


「あなたへ」 by森沢 明夫

この本の表紙に写ってるのは、言わずと知れた高倉健ですね。

映画にもなって、8月25日公開だそうです。

映画の情報はこちらでどうぞ。

映画「あなたへ」公式サイト

すごい豪華キャストなので今から話題になっています。

健さん、もう80歳になるそうですが若いですよね~。

「しあわせのパン」以来のぜひとも見たい映画なので

とっても楽しみにしています。

 

 

今時珍しいほど真っ直ぐな刑務所の作業指導技官の倉島英二が

奥さんの遺言のため赴任先の富山から奥さんの故郷である長崎まで

自分で改造したキャンピングカーで1200キロの旅をします。

その旅の途中で知り合った様々な人たちとの触れ合いや不思議な縁も

織り交ぜながら長崎を目指して走っていきます。

物語では1200キロを走るのですが、実際のロケは3か月9000キロにも

及んだそうで健さんもほとんど休みなしだったとのことです。

ホンマに80歳?ってビックリしますね~。

 

 

映画になってることは本を読むまで知りませんでした。

この小説は映画の脚本のあらすじをもとに書かれたそうですが

小説や映画はあらすじを見るわけではないので、例え知ってても

映画は映画でまた楽しみです。

小説は映画のイメージで読みたくなかったので、本を読んだ後で

映画のサイトを見ました。

表紙に健さんが写ってるにも関わらず、私は主役である倉島英二を

健さんとは違うイメージで読みました、他の登場人物もそうです。

読後、映画のサイトを見るとやっぱりかなりイメージが違っていて

特にたけしはちょっと貫禄あり過ぎ?かも。。。

小説の著者のブログを読むと、内容もけっこう違うということです。

それはそれでまたまた楽しみですね。

 

 

ちょっとめぐり合わせが奇遇過ぎて、ん~?!ってところもありましたが

でも気にしないで読み進め、一気読みしてしまいましたよ。

年齢的に同じくらいだからか、途中いろんなことを考えながら読みました。

あ~、健さんは80歳ですが、小説の主人公は私と同じくらいなんですよ。

「あなたへ」しっとりと味わいのある落ち着いた内容の小説でした。

この本私は図書館で借りましたが、新刊時から文庫本なんです。

普通新刊は単行本で出版されて、少したってから文庫本が出ますが

珍しく最初っから文庫本での出版です。

買いやすい値段にするためなのかな。

8月25日公開なので、まだまだずい分先になりますが

見たい映画があり、待ち遠しいというのは嬉しいことですね。

 

 

毎回同じことを書いていますが、たまに更新するとなかなか先に進めず

書いてはほったらかして、また少し書いて、ここまで数日かかりました。

写真がたくさんたまってるし、書くネタには困らないんですが

ま、本を読み始めたらPCを開く時間ももったいないってこともあります。

私は書き始めたらいつも長くなるので、もっと短いブログにしてみようかと

思ったけど、きっと書き始めるとあれもこれもと長くなるだろうなぁ。

でも書かないよりましかも?!といろいろ思ったりしていたら。。。

 

長く会ってない以前の同僚から「元気?」とメールをもらいました。

でも私は半年行き来がなかったらメアドを消してしまう人なので

(でも私のメアドは変えてないので、よくこんなメールが来ます)

誰かわからない、「どなたですか?」状態です。

そのメールに「最近ブログの更新がないから心配してるんよ」とのこと。

なので誰かわかりました、ブログのことを教えた同僚はあまりいないし

そう思って見ればメアドに見覚えありでした。

「どなたですか?」って聞く前に判明して良かったわとホッとしました。

そうか、やっぱりブログは短くても書いたほうがいいみたいと改めて

思った一件でした。

でもきっと思っただけでまたほったらかしになるんだろうなぁ。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ