最近のトラックバック

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

ポリ袋レシピ「にんじんのホットサラダ」

 

また作ってみました、ポリ袋レシピです。

またまたお弁当用ですが、晩ご飯の後片付けをしながら

お湯で茹でてればいいので楽ちんですよ~。

Dsc05979

使うのはホントににんじんだけです。

千切りにしています。

Dsc05981

そして恒例のこのかっこうにして茹でます。

今回は小さいのでフライパンです。

レシピ本では時間の目安が書かれていますが

量や切り方も違うので自分で時々引き上げて確かめた方がいいです。

洗い物も済み、何回か確かめてから完了です。

Dsc05990

酢と砂糖と塩コショウで味付けしています。

洋風酢の物って感じかな。

味を付けながら煮るともっとシナッとして味もしっかりした濃いものになり

茹でた後で味を付けるともっと水っぽくなると思うんですが

これは薄味ながらしっかり味付けできてるし、シャキシャキのままです。

試食してみるとあっさりして美味しいですよ♪

今まではお弁当用の野菜ばかりですが、次はおかずを作ってみたいです。

何にしよう~っかな。。。

「綱引いちゃった」今日封切りでした

 

またまた試写会が当たりました!

ここ最近は毎月当たってます。

Dsc05957

Dsc05958

「ツナグ」の試写会に行ったとき予告で観て、行きたいなぁと思ってたので

わ~、当たった♪って嬉しかったです。

このたびはPCのポチポチで当たりました。

そして試写会の日を楽しみにしてたんですが。。。

 

 

どこでどう間違えたのか、アホな私は日にちを勘違いしてしまってて

気付いたのが今日、もう出かける寸前でした。

一緒に行く予定の友達に「わ、わ、私。。。ドアホなことをしてしまった」

と慌てて電話。

いつも落ち着いててオタオタしない友達は、今日じゃなかったと聞いても

「せっかく行くつもりだったからやっぱり観に行こうや、ご飯も食べたいし」

と言ってくれて、私は「ゴメン、ゴメン」と何回も繰り返しました。

誘ったときはタダだったのに、今日はレディスディなので1,000円要ることに

なっちゃって自分のドジが原因なので申し訳ないことになりました。

でもこういうときに「私が出す」と言っても絶対にウンとは言わない人なので

「ゴメンねぇ」と謝るだけにしときました。

ま、誰でもあること(じゃないっか、私だけ?)かなと思うし悪気もなかったし。

ってことですぐにいつも通りワイワイ言いながら行きました。

 

 

出かけたのが15時前だったんで、今日は祝日だし席を予約してから

ご飯行く?なので先にコロナに直行です。

17時半からの上映に予約してから(私たちが1番でした)コロナを出ました。

でもね、車がスゴイ多くて初めて立体駐車場の上階に上がりくるくる回り

やっと見つけて止めたんで、ホントは出たくなかったんだけどね。

でもこんな人の多い日はここのフードコーナーも人だらけだろうし

何しろシネマ以外のフロアはやかましくて耳をふさぎたくなるんですよねぇ。

平日はそれでも静かなんだけど今日はゲームコーナーもやかましいです。

早く行かなきゃ食べられなくなると困るんで急いで出たのはいいけど

中途半端な夕方の時間だったのでどこで何を食べようか。

で以前何かで見たカフェに行ったんですがそれはまた次回に。。。

 

 

そして食べてしゃべってそろそろ時間だから戻ろうか。

駐車場の心配があって少々早く戻ったんだけど

運良く目の前で一台車が出て行ったんでその後に入れられて良かった~。

飲み物を買って待ってても入場のアナウンスがない。

おかしいなぁ、もう10分前なのに、従業員さんに聞くとまだだというけど

え~っ、もう10分前よ。

どこかに問い合わせたりしてやっと入られることになりました。

Dsc05974

ポスター、やっぱり変な写し方になってますね、いつも下手っぴだね~。

入るとカップルが一組だけ、まぁまだ時間もあることだしね。

いつもの定位置、一番上の真ん中の席に座って待ちます。

ぼちぼち席が埋まっていったけど、結局始まるとき20人もいなかったかな。

今日封切りですからね、これからでしょう。

そうそう、私は映画には何回も来ていますが封切日に来たのは初めてです。

なのでわからないけど初日ってこんなもんなのかな。

と言ってもきっと「任侠ヘルパー」は多かったんじゃないかなと思います。

終わって出るとき、あっちの方からいっぱい人が出てきたから

あ~、そういやぁ任侠ヘルパーも観たかったんだったと思い出しました。

やっぱり観たいんで、またレディスディに行こうかな~。

 

 

確かに綱引きのお話なんですが、それを絆にして8人の女性たちと

玉山鉄二演じるコーチ、渡辺直美の父、ええ加減な市長、同僚などの

やり取りも面白かったです。

8人の女性、主役の井上真央、その母役松坂慶子、他に浅茅陽子を始め

渡辺直美、ソニン(あまりにイメージが違ってたなぁ)などの仲間たちの

それぞれの家庭の事情も織り交ぜて、コメディ+人情系のお話でした。

玉山鉄二って私はもっと強面の暗い役の似合う俳優かと思ってたけど

(実は全く興味がなかったので、詳しくは知らない俳優でしたが。。。)

けっこうこういう面白系の役も合ってる気がしました。

予告ではもっとワッハッハって笑える映画なのかなと思ってたけど

けっこうしんみりと人情系の場面も多かったです。

でももちろん笑える場面もあっちこっち出てきますよ。

でもやっぱり悪い人は出てこない(あ、まぁ、市長がズル悪いかなぁ)んで

安心して観てられる映画でした。

 

 

でもね、ちょっと気になるところが。。。

場面が切り替わるタイミングが早過ぎて

ちょんちょんと細切れなところが何か所かありました。

話があっち行ったりこっちに帰って来たり、ちょんちょんとね。

あんなに早変わりしなきゃいけないの?と思ったのは私だけかな。

あの早変わりで何を表したかったのかがわからなかったです。

それだけは気になったけど、映画は気楽に楽しめて良かったですよ。

 

 

松坂慶子や浅茅陽子など私と同世代だと思うんだけど

走ってるし、綱引いちゃってるし(ホントに引いてるのかどうか?ですが)

あ、デモもしちゃってるし、すごいパワーですよね~。

浅茅陽子なんて自転車も軽やかにこいで、降りるときもヒラりと軽い。

そうだ!私たちってまだまだ何でもできるんだ!と思いますよ、きっと。

さすがに誰でもは綱引けないけど、自分にできることをやってみようか

映画を観てそう思えたら、この監督さんは喜びますね、絶対。

 

 

主題歌はドリカムの「愛して笑ってうれしくて涙して」です。

聴いてるだけで身体が揺れてくるリズミックな曲です。

熱唱系ではなく、軽~くハミングするようにリズム良く歌ってますよ。

エンディングでこの曲がかかると思わずリズムを取ってた私でした。

ドリカムのこの歌、早くYouTubeで聞きたいなぁ。。。

やっぱりドリカムの曲っていいなぁ、といつものように映画以外にも

興味があるものに出会えました。

今日は「ツナグ」以来の久しぶりの映画だったんで楽しかったですが

大ドジかましちゃったのに快く付き合ってくれた友達にも感謝です。

今度は「任侠ヘルパー」 お一人さま映画鑑賞デビューになりそうです。

当たりました♪

 

気まぐれにちょこちょこ、PCでポチッとする懸賞がほとんどですが

応募しています。

先月も食料品や文具などが当たっていますが、あんまり更新していなくて

載せる機会がありませんでした。

時々更新をおサボりしてしまい、そんなときってもうブログ、やめよっか

でももったいないなぁ、続けようかどうしようか、迷うんですよ、いっつも。

その間も懸賞だけはポチポチしてたので、ちょこちょこ当たってたんですよね。

でもすでに食べちゃったし、あげちゃったし、もう何も残っていません。。。

更新する気がないときは写真を撮らなくちゃって気にもなれなくて

記録がない、ってことで残念です。

で、ここ最近も当たりが続いてるのですが、今は更新もせっせとしてることだし

載せておこうと思います。

 

 

まずは。。。

Dsc05956_3

「乳がん検診の無料クーポン券」です。

シャルレからいただきました。

来年の3月まで有効ですが、早めに行かないとと思っています。

 

Dsc05948

「セサミン」現品です。

サントリーからです。

今キャンペーンやっていますので、試してみたい方はサントリーのHPで。

ず~っと気になってたんだけど、良い機会なので試させてもらって

続けるかどうか考えたいと思います。

 

Dsc05954

「モイスタージュ化粧水+美容液」現品と「リンクルパッククリーム」サンプル。

クラシエからです。

とにかく乾燥しやすい目元のしわやたるみが気になっています。

コラーゲン、スクワラン、ローヤルゼリー、プラセンタ、ヒアルロン酸

レチノールなどなど配合されてるということで、お~、豪華!期待大です♪

リンクルパッククリームには、この他にグルコサミンやコンドロイチン

ミツロウも入ってるそうです。

グルコサミン、コンドロイチンって関節痛に効くってあれ?

顔に塗るつもりなんですけどねぇ、まぁ、目元口元にハリとうるおいって

書いてあるから大丈夫でしょ?!

このキャンペーンはまだやってるのではないかと思います。

Dsc05955

もし興味のある方はwebでどうぞ。

 

Dsc05945

ブレンディ「Stickドリンクバースターターセット」

これはPCでその場で当たるキャンペーンの当選品ですが

私がホントに欲しいのはオーブンレンジ「ヘルシオ」なんだけどなぁ。

でもこのスティックのドリンクバーは一本ずつ違う飲み物なので

色々な味が楽しめて良いですよ。

これは味の素ゼネラルフーズからでした。

 

 

それからまたbuzzlifeのプロジェクトに参加させてもらうことになりました。

まだ商品が来ていませんが楽しみに待ってるところです。

また紹介させてくださいね。

 

 

便利です、新聞エコバッグ

 

私が住んでる市では、紙の分別ごみを紙袋に入れて出します。

ま、当然なんですが、この紙袋と言うのがいつもいつもあるわけではなく

(綺麗な紙袋はいろいろ取ってあるけど、もったいなくてゴミに出せないもん)

宅急便の取っ手のない袋に入れて出したりしていました。

以前何かの雑誌で手作りの紙のバッグが紹介されてたことがあって

薄ぼんやりと覚えていました。

あんな風に自分で好きな大きさに作れたらいいのになぁと思い出し

図書館で探してみました。

やっぱりね、ありましたよ!

Photo

「新聞エコバッグの作り方」 by坂上政子

そうそう、こんなバッグだった。。。気がする。

早速借りて帰って作ってみました。

 

 

まずはチラシで。

Dsc05873

お~、なかなか可愛いではないですか?!

写真入りでとっても丁寧に説明してあるので、簡単に作れます。

ではちょっと変化球で。。。

Dsc05875

これってチラシじゃなくてもっときれいな紙で作ったらけっこう使えるかも?!

そして慣れたところで大物に挑戦。

Dsc05872

写真ではわかり辛いけど、けっこう大きいです。

新聞紙見開き一枚を使いました。

この大きさだったら紙の分別ごみも捨てられます。

紙の大きさでバッグの大きさも変わるので、紙質や柄や形を選んで

いろいろ変えたらもっとバージョンアップできそうです。

 

 

手元に折り紙があったので、これで作ったらどうなるんだろうと思って

ちょっとやってみました。

Dsc05876

新聞で作ったのと作り方は同じなのにこんなに感じが変わって可愛い♪

Dsc05878

Dsc05879

5cm足らずのミニバッグです。

でもやっぱりチラシくらいが一番作りやすいです。

小さくても大きくても折るときに気を遣いますね。

これから可愛い柄の包装紙などの紙を見たらきっと作りたくて

手がムズムズするんじゃないかなぁ。

このバッグ、はさみとのりがあれば誰でもできます。

どうぞ作ってみてください、楽しいですよ~。

そうそう、今ここを見てるリアル私をご存じのみなさま♪

綺麗な紙があったらぜひ私にお恵みを!

絶対に捨てないで、取っといて私にちょ~だいね!

ヨロシクです♪

 

 

ついでにこんなもんも折ってみたので載せておきます。

Dsc05880

箱ですが、ふたの真ん中に模様があります。

この模様部分だけ別の紙で折って、ふたにはめ込みます。

土台が白なのでわかりにくいですね。

Dsc05882

これもコツを覚えたら簡単に作れます。

赤と黒のを開けたら白のようになります。

何かちょっとあげるときにこんなものに入れたら喜ばれるかも?!

これらの折り紙はこの本を参考にして折りました。

Dsc05883

「オリガミ packegeBook」 by小林一夫

このほかにもたくさんの可愛い素敵な箱や入れ物が載っていますが

簡単ですぐできそうなものを折ってみました。

 

 

Dsc05884

Dsc05885

この日に作ったもの、安上がりで楽しめて実用にもなり良いことばかり。

でもこれって本を返してしばらくしたらぜ~んぶ忘れちゃいそうです。

ま、忘れたらまた借りればいいじゃない?!でしょ~?

以前は手工芸の本を借りたら気になる箇所はコピーしてたんだけど

案外コピーするだけしっぱなしで全く使わないので止めました。

やっぱり自分の手で頭で覚えておくのが一番です、って自信ないけど。

 

 

実をいうと、この日は体調が優れなくて、喉が痛くて熱っぽくてだるくて

家事を済ませたらしんどくて少し転んどこうと思ったんだけど

フッとこの2冊の本が目に入ったのが運のつき。

せっせと作っちゃいました、もう性分なのでしかたないです、貧乏性!

内職でもないのにもう必死になって作っちゃいましたよ。

何でもハマると必死になって突き進む、そして長続きしなくてポイ!

私の生まれつきの、もう一生連れて歩かなくちゃいけない性格です。

でもこの突き進むことでその時だけでも脳が活性化してるかな~と

良い方に解釈してあきらめています。

手先を使うのも老化防止に少しは役立つし。。。

それにこの新聞エコバッグはこれからも紙の分別ごみに必要なんで

しっかり覚えておかなくちゃ~ね。

折り紙の本は、この日は体調が悪くてあまり丁寧に見てなかったんで

また作れそうな可愛いものを探して折ってみようと思っています。

上手にできたらまた載せたいと思います。

「ポリ袋レシピ」 by川平秀一

 

最初何で見たのかどこで聞いたのか忘れましたが、気になっていました。

で昨日TSUTAYAに行き年賀状の本を買って、あれあるかな~と思い

レジで聞くと検索してくれて一冊ありますとのこと。

早速買ってきました。

Dsc05922

「ポリ袋レシピ」川平秀一さんと言うフランス料理のシェフだった人が

今は業務用に真空調理法、家庭向きにポリ袋レシピの普及に努めてるそう。

Dsc05944

 

 

Dsc05930

Dsc05929_2

そっか、油を使わないからヘルシーで、煮込まないので薄味だし

お湯につけとくだけなんで手間要らずですよね。

ま~、それって良いこと尽くめじゃないですか!

濃い味の料理に慣れてる人には物足らないでしょうけど

ウチは普段から薄味なので大丈夫。

 

                                                      

Dsc05927_2

Dsc05937

Dsc05940

Dsc05939

Dsc05931

Dsc05942

Dsc05943

こんな料理がポリ袋に材料を入れてお湯につけとくだけで出来るんですよ。

すっご~い!よくぞ思いつかれたもんですね。

どれも作ってみたい料理ばかりです。

この他にも。。。

Dsc05941

まだこれだけのレシピが載っています。

 

 

せっかく買ってきたので何か作ってみたいなぁ。

どれにしようっかな~、晩ご飯は終わってるのでお弁当用なんだけど

じゃぁ副菜用に白菜のクリーム煮に挑戦してみよう。

Dsc05926

まずはポリ袋ですが、透明のは溶けちゃうのでダメなんですって。

半透明のポリ袋に調味料をパッパとほりこんで最後に熱いお湯を入れ

粉類を溶かすように、ちょっと熱いけどガマンしてモミモミ。

Dsc05899

Dsc05903_2

これくらい溶けたら大丈夫かな?!

この本では豚肉を使ってあるんだけど、お弁当には主菜を入れるので

肉類は使いたくなくて私はちくわにしました。

Dsc05897

なのでちくわと野菜をこれまたほりこんで、またまたモミモミ。

Dsc05904

野菜に調味料がよぅく絡み付くようにします。

Dsc05909

そして空気を抜いてポリ袋の先をくるくるねじって先っぽのほうで結ぶ。

こんな感じね~。

さ~、下ごしらえは完璧ですよ。

これを平たくして噴きこぼれ防止に皿を敷いた鍋に入れて

沸騰したらとろ火にして15分。

Dsc05914_copy

私は少し野菜が多めだった気がするので、20分にしました。

お湯から引きあげ保存用にタッパーに移したら、ま~、とろんとろんです。

Dsc05921

豚肉をちくわに換えたし野菜が多かったので少し薄味過ぎたけど

でもとろんとろんで美味しいです。

 

 

これはハマりそうです。

ここに載ってる料理は全部作ってみようと思っています。あ、デザートもね。

Dsc05938

デザートのレシピは少ないですが、基本的に膨らまないといけないものは

できないでしょうね、なので冷菓やこういう練り物ならOKかな。

自分でできるものを考えてみるのも楽しいですね。

 

 

またそのうち第二弾も出るだろうと思うので、また買いますよ。

このポリ袋レシピはお湯に入れる前の状態で冷凍しておいて

作ろうと思うときに茹でればいいので、ホント便利です。

冷凍用のチャック付きの袋は透明なのでダメですよ。

材料と調味料をポリ袋に入れた物を冷凍用の袋に入れたらいいですね。

そういうものをたくさん作って冷凍しておいていっぺんに鍋に入れて

茹でたら、短時間で数品のおかずができますよねぇ。

これはぜひやってみなくては、ね~?!

 

でも一つだけ、この本を見ながら作ろうと思うとちょっくら難しいです。

と言うのは本の綴じ方が堅いので、開けたまま見るってことが難しい。

たぶん見開き1ページで1つのレシピを載せようと思ったからかな。

なので泰文堂さん!

次回からは本を開いたままで見られるように作ってくださいね。

さて。。。

今日は良いことを教えてもらったと思っていただけましたか?

あ~、それは良かったです。ぜひやってみてくださいね。

松江城 in島根県

 

出雲大社の後、松江城に行ってみようということになりました。

鳥取県に帰る帰り道なので、ちょっと寄り道するわけです。

今まで出雲大社に行っても松江まで行くことがなかったのですが

三男が一緒だとあっちにこっちにと行動範囲が広がります。

出雲大社から松江城まで30分くらいだったかな。

私たち一家はお城も好きです、最近では姫路城に行きましたよ。

 

 

でも私は高所恐怖症なので、あの恐ろしいスベスベした木の階段が怖い!

勾配が急だし、踏板の幅がとっても狭いんですもん。

なぜあんなに急な細い階段にしたかと言うと、おっちゃんの言うことには

敵が攻めてきたときにおいそれと天守閣まで上がって来られないように

だそうです。

昔の名残をとどめておこうとすれば、やはりあの階段はそのままに

上がるしかないんですね。

きっと高い所が平気な人からは想像もつかないことでしょうが

本当に冷や汗が出るくらい怖いんですよ。

姫路城の階段をヒェ~!ウェ~!ってへっぴり腰で上がって下りたことを

思い出してため息が出ました。

でもここまで来て天守閣まで上がらないわけにはいきません。

なのでお城を目の前にして、グ~ッと肝っ玉に力を入れて、いざ、参るぞ!

 

 

と、その前に松江城をご紹介しますね。。。

Dsc05673

私が自分の肝っ玉に言い聞かせていたところから眺めた松江城。

Dsc05674

もう少し引いて撮ってみました。

周りは丹精込めて整えられた日本庭園になっています。

Dsc05709

ここを登ってお城まで行きましたが、やっぱりたくさんの石段がありました。

本来の(たぶん昔ながらの)石段の一段が高いので、半分くらいの高さの所に

セメントの階段が作ってあり、足の短い私は当然こちらを上がりました。

この高さのある石段もきっと敵がサッと上がって来られないようということ

なんでしょうね。

それにしてもどこのお城に行っても思うのですが、この石の城壁?って

スゴイですよねぇ、だって全部自然の石ですよ!

削って合せて乗せて、また削って合せて乗せて。。。

どんだけ続けたらこんな高い壁になるのかしらん?!しかも手作業で。

想像しただけで気が遠くなります。

 

 

さ~、そンなことを考えてるとお城に到着しましたよ。

ではいざ!

靴を脱いで下駄箱に入れて、スリッパはよけい滑りそうなので要らない。

外で買ったチケットを受付で見せて上がります。

天守閣に行くまでに各階に色々な展示品が並べてありました。

Dsc05677

写真は綺麗に写せなかったけど、実物はとっても綺麗な螺鈿かな。

Dsc05678_2

お弁当箱です。ものすごい年月がたってるのに綺麗に絵柄が残ってます。

中身はどんなものを入れてたんでしょうね、それも見たかったなぁ。

Dsc05679

Dsc05680


豊臣秀吉が書い手紙(自分で書いたんじゃなさそうですねぇ)だそうです。

こんなきれいな状態でよく残ってるもんですね。

Dsc05684_2

書いてあるものを読まなかったんだけど、葵の紋が入っています。

Dsc05686

こんな素晴らしいおひつに入れたご飯ってどんな味でしょう?!

Dsc05688

お重だったかな、お椀もこんなに完璧な状態で残ってるのが不思議。

Dsc05681

闘いに使った兜や帷子、脚絆。

よくこんな重そうなもんつけて戦えたもんですね。

Dsc05689

陣太鼓。これって戦場まで持ってったんですよね、重かっただろうなぁ。

 

 

主に兜ばかり並べた階がありました。

全部撮ってきたんだけど、載せられないので少しだけ。

Dsc05685_2

誰かが使ってたものらしいんだけど、写してこなかったんでわかりません。

Dsc05691

これを手作りしてた昔の人ってどんだけ器用なの~?

Dsc05693

朱色が綺麗です、この色も全然退化してないですね。

Dsc05694

Dsc05695_2

素晴らしい色遣いです。

ものすごく綺麗なんです、これが。

ホントにどんな絵具で描いたらこんな色が出るんでしょう。

 

 

急な狭い踏み板を震える足で踏みしめ、震える手で階段にしがみついて

天守閣にやっとの思いで上がりました。

てっぺんは気持ちの良い風が吹き抜けていました。

必死で上がってきた緊張で手に汗が、それがス~ッと引いていきました。

Dsc05696

Dsc05697_2

Dsc05699

Dsc05700

天守閣の四方の窓から見た景色です。

遠くを見るのは良いですが、真下を覗くとゾゾ~ッとします。

さわやかな風に吹かれて良い気持ちになっていましたが

またあの恐ろしい階段を今度は降りなくてはいけないことを思いだし

冷や汗がタラ~リ。。。

ではそろそろ帰る時間が迫ってきたので降りましょうかねぇ。

手すりの切れてるところでは階段に座り込んで一段ずつ降りました。

手ぶらでとんとん降りてるおっちゃんと三男は宇宙人にしか見えませんよ~。

はぁ~、ようやく降り切ったときは腕と足がごわごわでした、お疲れさん!

 

 

17時に松江城を出ましたが、ラッシュに巻き込まれピタッと止まってしまい

望湖楼に帰り着いたのは18時半でした。

でも一日であっちこっち回れて良かったな~、三男のおかげでした。

そしてお風呂に入る暇もなく、またあのごっとうが待っています。

ここまででも超ロングになりましたので、それはまた次回に。。。

 

 

今我が家では風邪引きさんがウヨウヨいます。

孫っちたちも先日3人とも小児科に行きましたが

お嫁ちゃんと一緒に私も守りについて行きました。

この小児科なんですが、朝の7時台にWeb予約したら

もう54人目で4時間半待ちだったんですって。ヒェ~!でしょ?!

私はそれ聞いてもうビックリってなもんじゃなかったです。

先生もとても信頼でき人気の病院なんですけどね、まぁスゴイです。

と言うことで、今の時期、あれっ?!と思ったらもうすぐ風邪引きさんです。

早めの対応で気を付けましょうね。

と言ってる私も引いてるかな、ん~、どうかなってところ。

しんどかったり元気だったり、日によってコロッと違うんですよね。

でもそれで油断したら長引きますもんね、油断は大敵ですよ!

では元気で、またね♪

出雲大社 in島根県

 

さて、いつも温泉に行くと中日にはちょっとお出かけしていますが

今まで鳥取県の温泉にはよく来てるので、周りの主だった観光地には

何回も行きました。

なので、今回県をまたいで隣の県に行ってみました。

三男の希望で出雲大社です。

私は神社やお寺に行くのが大好きなので出雲大社にも何回も

行っていますが、それでも最後に行ったのがもう5年くらい前です。

今ちょうど「平成の大遷宮」をしてるはずなんだけどなぁ。

どこまで見られるのか、工事の様子なんかも見られたらいいなぁ、と

薄い期待を持ちながら行ってみることにしました。

 

 

前日は三男が一人で運転したので、今日は私が。。。ということで

途中でおっちゃんが代るからと言いましたが、結局最後まで、

はわい温泉から出雲大社まで私が一人で運転しました。

でもほとんど高速道かバイパスだったので信号のストレスもなく

快適なドライブでしたよ。

ただ片側一車線なので前にゆっくりな車がいても追い越せません。

これだけがちょっとイラつくことになりましたが。。。

この山陰道だったか松江道だったかなんですが、途中無料区間があり

けっこうそれが長いんですよねぇ、なのですごくお得な高速道でした。

一時間半くらいで着きました。

まぁ、平日だというのに観光バスやら車やらがい~っぱいです。

ウロウロ探してやっと止められるスペースを見つけました。

駐車場の車のナンバーを見ながら行くと、倉敷や、なんと福山もあり

わ~、思わず何か懐かしいわぁと言って2人に笑われました~。

 

 

もうお昼なのでお参りの前に、やっぱり出雲と言えば蕎麦でしょ?!

参道にもちょっと離れたところにも蕎麦屋がたくさんあります。

人が並んで待ってる店がいいねと言うことで

Dsc05634

ここは駐車場の出口と信号が重なってるので車が途切れません。

なので車か店かどっちだ?っていう写真になっちゃいました。

この「そば処 おくに」は店構えは小さくて古いですが

中には待ってる人もいるのできっと美味しいに違いない、でここに。

この日は少し肌寒かったのでおっちゃんと三男は温かい蕎麦を

私は3通りの味のセット、名前を忘れたけどそれにしました。 

 

 

Dsc05630

三男が頼んだ鶏蕎麦です。

けっこう細麺で出雲蕎麦にしては柔かかったそうです。

三男はイメージが違うと言いながら食べてましたね。

でも味は、この写真では濃く見えますが実際はそんなこともなく

美味しかったそうでした。

Dsc05631

おっちゃんの天ぷら蕎麦。

味が薄かったらこの出汁をかけてくださいと置いてったんですが

十分味がついてて美味しかったです。

ん~、です?と言うことは。。。

ハイハイ、私も実は3分の1くらいは食べました。

と言うのは、私が頼んだ3食セットですが、これも食べたかろうと思い

3人で分けたんですよ。

なので、私が足りないけどもう一個頼むのは多過ぎる、ということで

おっちゃんの天ぷら蕎麦(の天ぷらはもうなかったけど)をもらいました,。

Dsc05633

ありゃ~、一個空になってますね。

早く食べたくて写真もすっかり忘れて食べちゃった、あ、私がね。

で気づいて撮ったのがこの上の写真です。

私が食べたのはたぬき蕎麦、天かすが散らしてあるあれね。

ぶっかけでもなく、ざる蕎麦でもなく、蕎麦の下に少な目の汁があります。

冷たくもなく温かくもなく、茹でた蕎麦をそのまま盛りつけてあります。

ここの蕎麦は細麺なので、汁のある蕎麦よりもこの少な目汁蕎麦の方が

断然美味しいと思いました。

腹八分目にしとかなくては、昨日のごっとうもまだ消化しきれてないし

今日の晩ご飯もまたあのごっとう攻めだもんなぁと少な目で済ませました。

 

 

さて、腹ごしらえも済んだし、いよいよ出雲大社にお参りだ~。

Dsc05635

出雲大社はとっても広くて全体像がよくわからないんですよね。

パンフレットを見ても広い敷地にたくさんの建物があります。

参道を行くと、まずここ「神楽殿」があります。

神楽殿に行くまでの砂利道はよく見るとこんなになってました。

Dsc05636

この丸い輪っかに何か意味があるのかどうかはどこにも書いてなかったんで

わかりませんが、石が飛び散りにくいってことかなと勝手に思いました。

Dsc05638

「神楽殿」です。

りっぱな綱がかかっていますが、これは今年の7月に4年ぶりに

かけ替えられたそうです。

なのでとっても綺麗です、以前見たのはけっこう濃い色になってましたから。

Dsc05645

下から見たところ。

Dsc05644

もっと真下から見たところ。

この綱にはスゴイ数のわらと700人の人手と4か月の月日が

かかってるそうですよ~。重さは4トンだそうです。

Dsc05642

綱がかかってる所より中です、建物の割に入り口が狭い気がします。

中から雅楽の奏者が鳴らすあの、ぴゃ~♪ふゃ~♪ってのが聴こえてて

神主さんが数人いました、何かの行事が行われてたのかな。

賽銭を入れて、お参りをして、たくさんお願いし過ぎた気もするけど

何しろ全国の神さまの頂点なんだからと思っていっぱい頼んじゃいました。

多過ぎて却下されなければいいけど、ちょっと心配。。。

 

 

ここでもちろんおみくじを引きました。

ここのおみくじには、大吉とか小吉とかは書かれていません。

そこだけ違いますが、後は毎年初詣をする神社と同じようなおみくじでした。

ただおっちゃんのを見せてもらいましたが、失せ物とか結婚とか言う項目が

それぞれで違ってるんです。

私のには病気というのがあっておっちゃんのにはない、とかね。

三男にも見せてもらおうと思ったら、もうさっさとくくりに行っちゃってました。

全国の神さまの頂点である出雲大社でお札やお守りを買わなくては。。。

で、せっかく縁結びの神さまなので三男に内緒で縁結びのお守りを買い

私がおっちゃんに「幸せの鈴」を買ってもらい、うち用にお札を買い

母宅と次男宅用にもお札を買いました。

三男がおばあちゃんにと、私が買ってもらった「幸せの鈴」を買いました。

ここでたくさんお金を使いましたが、こういうお金はケチったらいけません。

これで無事に平穏な毎日を送れるんだったら安いもんです。

でも、後でお土産のお店でフッと思いついてここで宝くじを売ってないかなぁ

と聞きに行った私ってどうなんでしょうね~。

神さまは苦笑しておられるでしょうか、不謹慎な!と怒っておられたら

どうしよう。。。ま、聞いただけだからね、許してくださいませ。

 

 

今出雲大社では「平成の大遷宮」の真っ最中です。

これは60年に一回の大改修なんですよね。

なので本殿の前には

Dsc05653

こんなものがかかってて中は見えません。

周りをグル~ッと回ってみたら、あ、ちょっくら覗いて見えるところがあった。

Dsc05658

Dsc05649

屋根はもう終わってるみたいですね。

この塀のすき間から工事の様子もちょっとだけですが見えてますよ。

おっちゃんと三男が、あ~でもないこ~でもないと2人で話してましたが

私は1人でまたグル~ッと元に戻って、他の観光客の中に混じって

ガイドさんの話を聞いてみました。

60年に一回の大遷宮なので工事する人の中に誰も前の工事を

知ってる人がいないので、みんな初めてで大変なんだそうです。

Dsc05655

寄付を募ってるみたいです。

数十億円の費用がかかるそうなんで、参拝客にもお願いしてるのでしょうね。

 

 

後写真は撮ったんですが、何かわからない建物なので写真だけ。。。

Dsc05656

Dsc05652_copy

Dsc05660_3

ここは「宝物殿」です。

前の神主さんは身じろぎもせずず~っと同じ姿勢で立ってました。

何のためかわからなかったのでホントは聞きたかったけど

さすがの私も遠慮して聞けませんでした。

(ま、どうしても知りたいというほどではなかったのもありますけど。。。)

Dsc05662_2

Dsc05663_3

広~い境内の中に松の続く道があります。

この両側にも散歩できる遊歩道のようなところもありますし

小さなせせらぎの周りにたくさんの緑があるような場所もあります。

周りを楽しみながらゆっくり歩いて回るとけっこうな運動にもなるし

日頃経験できないゆったり過ぎる時間を感じられるだろうなぁ。

でも今日はこの後まだもう一か所行きたいところがあるので

出雲大社とはこの辺りでお別れしますね。

また「平成の大遷宮」が終わったら来ようと思ってるので

それまで遠くから私たち家族を見守ってくださいね。

出雲の神さま、よろしくです!

 「望湖楼」 inはわい温泉(鳥取県)

 

ハワイに行ってきました~!

って、もうタイトルに鳥取県って書いてるのに何言ってんだ?!ですよねぇ。

実は鳥取県羽合(はわい)温泉って言う温泉地があるんです。

7年前にも行きましたが、また今回も同じ温泉宿に泊まりました。

93歳の母ももちろん一緒に行きましたし

何と今までほとんど行ったことのない三男がどういう風が吹き回しか

一緒に行ったんですよ。

鳥取県には25年前くらい前に縁があり、年に2回くらい訪問していました。

その頃はまだ高速道が完備していなくて、ほとんど一般道で行ったので

もう一日がかりで行ってた気がします。

今は山陽自動車道、岡山自動車道、中国自動車道、米子自動車道を

ジャンクションがあるのでスムーズに乗り継いで短時間で行けます。

今回もお昼休憩やトイレ休憩(母の休憩も兼ねて頻繁にとります)を

除けば、2時間半足らずで着きました。

 

 

羽合温泉は東郷湖という大きな湖の湖畔にあります。

今回私たちがお世話になった「望湖楼」も東郷湖畔にたっています。

外観も名前も写すのをすっかり忘れてしまいました。

今回私たちはここに2泊しましたが、快適な温泉生活でした。

部屋に露天風呂がついているので、7回は入るぞ!と思っていましたが

中日に遠出をしたのと最終日にちょっとハプニングがあったので

結局5回しか入れず悔しかったです。

そうそう、そう言えば初日に東郷湖の中に建ってる露天風呂に入り

そこには薔薇の花が浮かべてあり、とっても気持ちが良かったんです。

ただし大きな宿なので宿泊客が多くて写真は撮れず残念でしたが

色とりどりの薔薇の花は香りもかすかに漂わせ素敵な演出でした。

Dsc05740

その露天風呂はここですよ~。

この露天風呂に行くのには回廊になった橋を渡っていくんですが

周りに灯りがたくさん灯してあるので湖に映ってとっても幻想的です。

Dsc05735

その露天風呂に行く途中から望湖楼を見るとこんな風。

Dsc05738

東郷湖の対岸の灯りがかすかに見えています。

 

 

さて私たちが今回泊まった部屋は和洋室で、母は畳では起き上がるのが

難しいので最近は必ずベッドのある部屋にしています。

それが最初に部屋に通された時すぐに写しとけばよかったんだけど

早くお風呂に入りたくて即行で荷物をおっ広げちゃったもんで

あっと思った時はもう写真に写せる状態ではなかったんですよ。

部屋の写真はないんだけど、セミダブルのベッドが2つ、8畳の和室

5畳の洋室がつながった部屋でした。

今回の予約をネットでした後望湖楼から確認の電話があったんですが

その時に前回と同じ部屋がお取りできますがどうしましょうかと言われ

もう7年もたってるのにちゃんと情報が残ってることに驚きました。

 

 

この部屋についてるお風呂は寝湯と言って、寝転んで入るお風呂です。

枕に頭を乗せて空を見上げながらゆったり温泉につかってると

ホントに心も身体も溶けて行きそうなくらい気持ち良いんです。

お風呂写真はちゃ~んと撮りました。

Dsc05621

Dsc05622_2

2人が同時に入れます、お風呂は必ず母と一緒なので並んで入りました。

写真では短く見えますが、実際には足を延ばしても十分な長さがあります。

お湯は一見サラッとしてるようなんだけど、手についたお湯はやっぱり

トロリとしてました。

ここの温泉は加水も加温もしてない完全なかけ流しだそうです。

 

 

そして待ちに待った食事です。

おっちゃんが蟹が大好きなので蟹のフルコース、三男は若いので

鳥取和牛のステーキを付けてもらいました。

Dsc05591

今日の食事のお品書きです。

Dsc05600

「北条ワイン」 北条が何を指すのかちょっとわからず、でした。

甘くて私の好みには合わなかったです。

まだそれほど吞んでないのにボケてますね~。

Dsc05590

ステーキを頼んだんですが、鳥取和牛の陶板焼きと言うことでした。

三男が食べましたが、トロトロであっという間になくなってしまったんで

味わう暇がなかった、そうです。

Dsc05593

前菜、かな。これは私たちのですが、おっちゃんのは

Dsc05605

この右側の柿の入れ物にはナマコの酢の物が入っていました。

Dsc05592

お造りです。甘海老、マグロ、イカです。

Dsc05612

鯛の荒煮。もう一つごぼうがあったんですが、パクッ、あっ、写真!で一つに。

鯛も色ほど味は濃くなくて美味しかったんですが、ごぼうが絶品でしたね。

Dsc05598

何とか鶏のつみれ鍋。当地の地鶏らしいですが名前がよく聞き取れなかった。

まぁ、食べるのが忙しくて聞いてなかったというのがホンマのところ。

出汁が薄味なんだけどしっかりした美味しい出汁でした。

Dsc05599

別にご飯はついてたんだけど、一口の蟹散らし寿司でした。

酢はあんまり効いてなくて、蟹とご飯がおんなじくらい入ってました。

Dsc05609

カレイの姿揚げ。パリッパリで歯ごたえも良く美味しかったです。

Dsc05610

鳥取和牛ビーフシチューパイ包み焼き、私はちょっと口に合わなかったです。

これも好みだけど私は普通にオニオンスープのパイ包みが良かったなぁ。

Dsc05606

骨せんべいと野菜の天ぷらです、骨せんべいが久しぶりで美味しかった。

Dsc05607

茶わん蒸し、ま、普通の味、ちょっと柔らか過ぎてぐちゃぐちゃになり

実だけ食べて残しちゃいました。

Dsc05615

地鶏のお汁です。上品な薄味でした。

ここまで食べたものは私のお腹の容量をもうはるかに超えてて

ぱちんぱちんに張っていますよ。

でもまだメインの姿が出てきませんね、最初っから置いてあったんですが

お品書きの通りに進めてたらおかずのトリになってました。

Dsc05596

ずわい蟹です。中くらいの大きさでしょうか。

私たちのは中くらいですが、オッチャンのフルコースの蟹はデカいです。

それにいろいろ蟹ずくしの料理が出てました。

Dsc05603

焼き蟹でしょ。

Dsc05604

蟹の巻き寿司でしょ。

Dsc05608

蟹の天ぷらでしょ。

Dsc05617

蟹汁でしょ。

Dsc05616

最後は鍋の残りで雑炊を作ってもらって美味しかったそうです。

Dsc05618

デザートのぶどうのジュレ、下は甘く上は酸っぱいので

両方を上手に会わせて食べたら美味しいんだろうけど、

もうお腹いっぱいで味見だけしかできず残念でした。

食事中に呑んだのは、生ビール、試飲用の小瓶の地酒(いただきました)

そして冷酒でしたが、写真を撮ったのは最初の試飲用だけです。

Dsc05620_2

望湖楼の名前が入ってますね、「鼓岳」と言う名前のお酒です。

さっぱりした口当たりできりっとしてて美味しかったなぁ。

これは1グループに一本ついてたみたいでした。

私でも3分の1ほど残してしまい、母と言えば半分も食べてないと思います。

部屋にお風呂がついてるプランには必ずこの料理がつきます。

足すことはできても、食事の変更はできません。

そういうところをもうちょっと融通がきくと嬉しいんですけどね~。

日頃の食事量の倍は食べたんで、帰ったらダイエットしなくちゃって

言いながら、帰ってもお土産に買ったお菓子をむしゃむしゃ食べてるので

ちっとも実行できてない私ですが。。。

 

 

ごっと~さんでした!部屋にかえって、少々休んだらお風呂お風呂♪

こうして一日目は終わりました。

2日目はちょっと遠出をしてきましたが、母は今回も留守番です。

ゆっくり持参した本を読んで昼寝をして、という計画でしたが

温泉って言うのは入るだけで疲れるのか、一日中昼寝してたそうです。

でもまた夜もしっかり寝られるんだからいいんですけど。。。

その遠出のお話は次回にしますね。

では超ロングロングな温泉日記の初日の巻はこれで終わります。

いただきもの、あれこれ♪

 

最近いただいたものです。

Dsc05312_2

「鳴門金時ポテト」

四国に行った人からお土産にいただきました。

Dsc05313

中身を写せばよかったなぁと思った時にはもう一個も残ってなかった。。。

濃いめのお茶といただきましたが美味しかったですよ♪

 

 

Dsc05583

「タカラブネのスティックケーキ」

次男宅におっちゃんと三男が手伝いに行ったんですが

後日一家でこれを持ってきました。

そんなん別にいいのに律儀な次男らしいです。

その日久しぶりにウチでみんなで晩御飯を食べましたが

にぎやかな食卓も久しぶりでワイワイ言いながら楽しく食べました。

やっぱり家族みんなで食べると大したご飯じゃなくても美味しいです。

ゆうなが小学生になってからはなかなかこういう機会がないんだけど

また集まって一緒に楽しい時間を過ごしたいと思います。

 

 

Dsc05452

「デイプラスのパン」

今度工事を頼んだ電器屋さんからいただきました。

もっとあったんですが、食べちゃってから、あっ、写真!

と言ういつものパターンです。

なのでこの3種だけです。

トマトのパン、かぼちゃのパン、サツマイモのパンです。

天然酵母を使ってあるんですが、賞味期限が長いんですよ。

なので災害時に備えての備蓄食品に最適ですよね。

これって通販で扱ってるみたいですね。

 

中は。。。

Dsc05456

Dsc05457_2

これはトマトのパンですが、色の違うところはホンマのトマトそのまんま。

味もまさにトマトの風味がちゃんとしっかりあって、ふんわふわで美味しい♪

あっという間に一個完食でした!

こちらにHPがありましたので、興味がある方は見てくださいね。

近くのスーパーで買えたら嬉しいんだけど、どこで売ってるのかしら。

どっかで見たような気がするんだけど、どこだったっけかな~。

 

 

ここんとこ、我が家では痛がりさんが増えてきまして

母は手の骨が変形していて(長く使って軟骨がちびたそうな)痛がってるし

私は先日あまりにスゴイ生えようの草に重い腰を上げて取ったはいいけど

必死で無理し過ぎて手や腕や腰や足が痛くて痛くて。。。

庭は綺麗になったけど、家族からは極端なんだからと笑われてしまって

踏んだり蹴ったりな私なんですよ。

おっちゃんもやっぱり寒くなると身体がきしむようだし。。。と言うことで

明日から温泉行きと相成りました。

ちょうど蟹も解禁になったことだし、今回は山陰のお湯で温まってきます。

この手、腕、腰、足が温泉で温めて治るといいなぁ、期待大です。

では行ってきますね~!

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

ようこそ♪

♪♪♪♪♪♪

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ