最近のトラックバック

« 松江城のおサムライさん♪ | トップページ | 第15回介護支援専門員実務研修受講試験 合格発表 »

最近読んだ本たち

相変わらずちょこちょこ本を読んでいます。

忘記録に書いておきます。

 

 

Dsc05355

「新しい靴を買わなくちゃ」 by北川悦吏子

ずい分前に新刊で読みました。

これって映画になってましたね。

ビジュアルとしては面白いのかもしれないけど(観てないからわからない)

小説は読んでも読んでも興味が湧かず最初から最後まで読み流しました。

ストーリーと言うほどのものもなく、ただ映画のノベライズっていうだけかな。

あ~、あくまでも私は、ですからね。

 

 

Dsc05575

「萩殺人事件」 by内田康夫

ずい分前に水谷豊が初代浅見光彦役でドラマがシリーズ化されていました。

たぶんその頃だと思うけど、新刊を必ず予約して読んでたことがありました。

最近はちょっとマンネリで、結局は読むけど古本になってから借りています。

でも久しぶりに土地の名前がタイトルになってたので、新刊を借りました。

友人が事件に巻き込まれていき、途中から浅見光彦が登場。

事件を解決していくといった内容だけど、いつものパターンでしたね。

そして違う出版社から同系統の2冊が同時発行された、もう1冊の本。

Dsc05576

「よごれちまった道」 by内田康夫

「萩殺人事件」と一緒に順番が回ってきたので2冊同時に借りました。

「萩殺人事件」は友人の目から事件を追っていきますが

これは浅見光彦が別方向から追って行き、最後は同じ事件につながる

という話らしいのですが。。。

実は時間がなくて、この「よごれちまった道」のほうは読めませんでした。

次に予約が入ってたので、延長ができず返しました。

 

 

Dsc05582

「水のかたち 上下」 by宮本輝

以前よく読んでた宮本輝さん、久しぶりに読んでみようかと思い

新刊を予約して読みました。

50歳の主人公が行きつけの喫茶店の店主から譲られた手文庫が

思わぬ高価だったことから、いろいろなつながりができて行きます。

専業主婦の主人公が世の中に目を向けるようになるんですが

その手文庫の中から戦争直後の手記が出てきて、その時代と交差して

書かれていて、主人公はそのことにも大きく関わっていきます。

長編ですが、一気読みしました。

あまりにも主人公が早い展開で変わっていくように見えるので

ちょっと感覚的に?な部分もあったけど、でも人間って何かのきっかけで

変わろうと思えば変わっていけるんだろうなぁと思いながら読みました。

 

 

Dsc05581

「迷子の大人」 by坂井希久子

私は初めての作家さんです。

新刊の紹介文にヘルパーの主人公が仕事に行き詰まって。。。て書いてあり

じゃぁ介護業界のお話かなと思って借りてみました。

ヘルパーステーションの内情は私が知ってることも含めてよく書かれてるけど

でも読み進めていくと、これは恋愛小説?かも。

行き詰ったとはいえ、仕事をほっぽり出して当てのない旅に出る。。。

逃げ出した時の宿泊先の民宿や周りの人たちが優しくしてくれたから

最後は移住する計画を立てる、そこで終わりなんだけど、なんだかなぁ。

世の中、こんなに甘いもんなんだろうか、って思ってしまうのは

ハッピーエンドも斜めに読んでしまうオバちゃんのヒガミかしらん。

でもこの主人公、規定と人情の狭間で悩みながらヘルパーの仕事は

頑張ってたと思います。

それだから「甘い甘い」と思いながらも、最後まで良い方向にいくように

期待しながら読んでた私でありました。

文章のテンポが良い、歯切れが良い、そういう本が好きなんで

今日紹介した本たちの中では、ま~ま~一番面白かったかな。

この作家さん、プロフィールが相当にぎやかな方です。

最近名前を知らない作家さんの本を読むことが多いですが

案外と面白いことが多くて、なるべく偏らないように読みたいと思います。

 

 

今は、私の好きな林真理子の「アスクレピオスの愛人」を読んでいます。

新刊で借りましたが、雑用で毎日出かけてるのでなかなか読めません。

もう1冊新刊を借りてるので、早く読み終わってこちらも読まなくては。。。

何せ2週間は早いです、あっという間に期限がくるんで、がんばろ~!

林真理子と言えば、新聞に連載されてる「正妻」が終盤を迎えています。

今まで新聞小説を最初っから最後まで一日も欠かさず読んだのは初めて。

たいてい最初は熱心に読むけど、途中飛ばすと、もういいや!でした。

好きな作家だということもあるけど、ジャンルが幅広くて面白いんですもん。

旺盛な行動力と取材力の賜物でしょうね。

おかげで私はいつも満足な読後感を持たせてもらってます。

 

 

途切れないように新刊を借りているので、もっと読んでると思うけど

写真がどこに行ったかわからなくて、探してみたけど見当たりません。

写真の編集をもっと上手にしたいんだけど、そういうことが苦手な私。

紙の写真もお菓子の空き缶に全部ほり込んでるような大雑把な性格で

それがPCでとなると余計に取っかかれなくて、もうすごいことになってる。

とにかく写真をデジカメから取り込んだら速攻でブログにアップしないと

わけがわからなくなっちゃいます。

全部開けてみないと、どこにいつ読んだどの本ががあるのかさっぱり。

すんごく時間があって、なぁんにもすることがない、ヒマでしょうがないって

日がいつかあったら、写真の整理をしようと決心はしてるんだけどなぁ。

また本の写真が偶然出てきたら載せてもいいでしょうか。

OK!という天の声が聞こえたような気もするので。。。

では、これからまた読書タイムを楽しむことにしますね。

« 松江城のおサムライさん♪ | トップページ | 第15回介護支援専門員実務研修受講試験 合格発表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/56265840

この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだ本たち:

« 松江城のおサムライさん♪ | トップページ | 第15回介護支援専門員実務研修受講試験 合格発表 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ