最近のトラックバック

« 「私だけの十字架」 of 特捜最前線2013 | トップページ | 「滴水」 in福山市神辺町 »

「そして父になる」を観てきました

久しぶりの友達とランチに行きました。

食べてるときに、今日はこの後どうする?と言う話になって

「今映画は何をしてるん?」と聞くと「そして父になる、かな~」

あ、そうね、そうだったわ~、じゃあちょっと帰りが遅くなるけど行こうか?

と話は早いです。

そのランチはまた次回にしますが、目でも舌でも美味しかったですよ♪

 

 

Dsc08930

今日は一日なので、エーガル8シネマズはシネマデーで1000円でした!

狙って行ったわけじゃないのに、ラッキ~♪

「そして父になる」

言わずと知れた福山雅治主演です。

基本的なテーマは家族とは?ということですね。

出産した病院で赤ちゃんを取り違えられてしまった2組の夫婦。

全く環境の違う家族が本当の子供を取り換えるかどうかを話し合うが

結局最後はどうなるのか。。。

家族とは血の繫がりなのか、一緒に過ごした繫がりなのか。

 

 

激しく展開が変わる内容ではないので、登場人物の一言一言が重かった。

いろいろな印象深い言葉があったけど、私が一番驚いたのは

取り違え事件の場合100%本当の親子に取り換える、という弁護士の言葉。

へぇ元に戻すためにまた取り換える人が100%なんだ、これビックリでした。

私だったらと考えたら、それは即答なんてできない問題なんだけど

希望としてはそのまんま、今まで育てた子供を自分の子供として育てたい

そう思うと思います。

と言ってもこの主人公とその妻、そして相手の夫婦の立場にならないと

絶対にわからない気持ちでしょうけど。

何が起こって、どういう気持ちの流れがあって、結局どうなるのか

物語は静かに進んでいきます。

今までガリレオなどのカリスマ的な役柄が多かった福山雅治が

父親をどう演じてるのか、興味津々でした。

やっぱり普通の父親って感じではなかったですね、ま、そういう役なんです。

でも役の上でも、このことをきっかけに父親として目覚めていくんですよね。

上映時間は2時間でしたが、えっ?もう終わり?って感じでした。

それにしても福山雅治と尾野真千子夫妻の住まいが素敵過ぎてホェ~ッ。。。

 

 

「藁の楯」からちょっと間が開いたので、映画を観たいと思ってたんですよね。

予定してなかったのに今日久しぶりに観られて良かった、しかも1000円で!

今日の予告を観てたら、「永遠の0」「清須会議」などなど気になる映画が

ありました。

いつも映画に行くと予告の映画を観ようと思うのに、たいていは行かなくて

そのうちTSUTAYAに新作で出たら借りて観ようってことになります。

ひと月に一回くらい観られたいいなぁと思いますが、なかなかねぇ。

さて次回の映画観賞は何になりますか?!

« 「私だけの十字架」 of 特捜最前線2013 | トップページ | 「滴水」 in福山市神辺町 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ちろままさん

お友達とランチ、映画と、充実した日々を、お過ごしですね。

という私も、今日は、ランチに行きます。


映画は、「レ・ミゼラブル」以来、行ってないです。


私、家で、ちまちま、縫い物して、パソコンのアシスタントで、出かける事ぐらいです。

縫い物は、たまに、頼まれて、縫ってますよ。

もみじさん、こんばんは。
またまた返事が遅くなり、スミマセン。

ランチやお出かけって行かないというとず~っと行かなくて
行くというと続いちゃうんですよ、なぜか。。。
今日も行ってきましたので、また書きますね。

私は家に居るときはせっせと本を読んでいます。
2つの図書館に新刊を予約して、取り置き期限ぎりぎりになって取りに行き
読める日にまとめて読んでいます。
今は東野圭吾の新刊「祈りの幕が下りるとき」を読んでいますが
厚い本の上、字が小さくてなかなか進みません。
他にも数冊積読しています(^-^;

ちろままさん、こんにちわ。

わたしも 先日、『陽だまりの彼女』と どっちを観るか迷いましたが
『そして父になる』観てきましたよ。

泣けました。
ミッションだと言われて 頑張る息子の心情を思うといたたまれませんでした。

私もちろままさんと同じように 育ててきた子供を 手放すこと、出来ないと思いました。
でも、知ってしまった以上、もう一人の子のことも 放っておけないですよね。

ずっと、家族ぐるみでつきあっていくしか ないのでしょうね。

私は 小学校に上がる前に 母が離婚していませんでしたので
この手のお話には めっちゃ、弱いです。笑。

ゆきももちさん、こんばんは~。

ゆきももちさんも観られましたか?
あの野々宮夫妻が育てた子供がそれまで素直に言うことを聞いてたのに
とうとう反乱を起こして黙々と歩き続けますよね。
あのシーンで思わず涙が浮かんできました。
ワケがわかってないのに大人の勝手な事情に振り回されて
一生懸命我慢してたのがプチッと切れちゃったんですよね。
その健気さが愛おしくて、その上その子と孫がダブってしまい、グスン。。。
子供が絡んだ物語には私も弱いです。
静かな映画でしたね~。

きっとゆきももちさんは素敵なお母さんなんだろうな~って私は思います。

ちろままさん、こんばんわ♪

素敵なお母さんって、私にとっては 最高の褒め言葉ですよ!
ありがとうございます。
手探りでやってきた子育ても 今、振り返ればとても楽しい思い出です。
人生、二度おいしい、ってこのことかな?と思いました。

二人の息子のおかげで あまり、記憶のない幼児期を
やり直すことが出来ました。

とても、幸せな時間でした。

ゆきももちさん、こんばんは。

良いお母さんっていうより素敵って言われる方がず~っと嬉しいですよね。
私も同じですよ、男の子3人、しかも下の2人は双子なので戸惑うことばかり。
もう無我夢中で子育てしてきました。
でもと~っても楽しかった♪ 子供と一緒に私もワイワイ遊んできました。
だからかどうかわかりませんが、息子ばかりですが3人ともよく話してくれて
皆が家に居たころは夕食時は賑やかでしたよ。
今思えば、私はあの頃幸せな時間を過ごせてたんだなぁと思います。
あ、でも今も十分幸せですけどね~(^_-)-☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/58302867

この記事へのトラックバック一覧です: 「そして父になる」を観てきました:

« 「私だけの十字架」 of 特捜最前線2013 | トップページ | 「滴水」 in福山市神辺町 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ