最近のトラックバック

« イギリス名物 「フィッシュ&チップス♪」 | トップページ | 最近の編み物事情などてんこ盛り♪ »

ウィンザーでカフェタイム♪

これからロンドンに向けて行きますが

途中でウィンザー城に寄るそうです。

でも添乗員さんの言われることや、ネットの情報を見ると

ウィンザー城は15~20分ほどダラダラした坂を登って行くそうで

足の調子がも一つの私にはちょっと無理かな~と思いました。

私は上り坂はけっこう歩けるんですが、下り坂が辛いんですよね。

その直前まで悩みましたが、結局ロンドンに備えて止めました。

義姉には「お姉さんは行っておいでよ~」としつこく勧めましたが

義姉はこの頃からちょっと風邪気味だったし、坂は苦手なんだそうで

一緒にゆっくりして待つわ~と言うことになりました。

 

 

Dsc07569

駐車場からかなり歩いて、エレベーターにも乗り

やっとショッピングモールに到着。

そこから写した写真、ウィンザー城です。

この日は土曜日だったので、エリザベス女王がここで過ごして

いらっしゃったみたいですよ。

女王がいらっしゃる週末は王室の旗、平日はイギリス国旗が

掲げられているそうです。

すぐ近くに見えてますが、あそこまで行くのに坂をね、登ります。

後からツアーの人に聞いたら「しんどかったわ~」と言ってたので

やっぱり行かなくて良かったねぇと義姉と話しました。

行くまでもそうだけど、お城の中も階段がたくさんあって

上ったり下りたりけっこう足にきたよ、って言ってました。

でもね、エリザベス女王が現在住んでいらっしゃるお城なので

足がしっかりしてたら絶対行きたかったですよ。

女王がいらっしゃる日は見られない場所があっちこちあったとか。

城内は撮影禁止なんで写真がなくて残念だわ~とツアー仲間が

言ってましたが、その代わり様子を色々話してくれました。

女王のドレスが色々飾られてて綺麗だったと教えてくれましたが

それは見たかったなぁとつくづく残念に思いました。

 

 

でも私たちも何もしないで待ってたワケじゃありませんよ!

まずは座ってゆっくり休みたいね、と言うことでカフェを探しました。

それらしいお店は数件ありましたが、どこも昼間からお酒を出す

パブでした。(実際入ってみたけど、珈琲なんて雰囲気じゃない)

いわゆる喫茶店は一軒もありません。

お店を数件覗いてみて、子連れの家族がランチしてたところに

入ってみることに。。。

入ってすぐ受付?みたいなところがあり、ウェイターのお兄さんに

「珈琲だけでもOK?」って聞いてみると、スマートにこっちへど~ぞ!

と案内してくれました。

2人で「やった~、成功成功♪」と小さくガッツしてたら

さっきのお兄さんが水とメニューを持ってきてくれ

義姉はアメリカンコーヒー、私はカフェラテを注文しました。

注文してホントに待つこともなく。。。

Dsc07572

アメリカン珈琲、大ぶりのカップに並々。

義姉が美味しいわ~って言ってました。

Dsc07575

私のカフェラテ、ウフフ、かわゆ~♪

これもすんごく大きいカップに並々、の並々。

しかも味も濃くてこれもとっても美味しい♪

 

 

Dsc07579

Dsc07580

パブの店内、もう何でも並んでてその雑多な感じが落ち着く~。

この時はランチの波が去って、一時空いたときに撮りました。

直前まで周りには女性同士、男性同士、カップル、家族連れと

様々なお客さんがよく食べよくしゃべり、その雰囲気良いなぁ

って思いながら、今ここでカフェラテを飲んでる自分が不思議!

何だか現実の世界じゃないみたいな、違う世界に迷い込んだみたいな

義姉が側にいるのにそんなことをポヤ~ッと思ってました。

 

 

ここには30分ほどいて、さてさて次はモールを探検に行こう!

で、お勘定してもらおうと周りを見ても、えっ、レジがないよ~。

隣の家族連れももう出るようで、ウェイターのお兄さんを呼んでました。

しゃべるの早くてわからないけど、たぶんお勘定って言ってるよね。

そう確信して?漏らさず見てようと、でもさりげなく、じ~eye

そしたらカードで支払いするみたいで、ウェイターのお兄さんが

機械を持ってきて、ピッピってお客さんが打ち込んでました。

じゃぁ、私達みたいに現金払いの時はどうするんかねぇ。。。

日本語わかんないんだから、何でも大きな声で言えるの楽ちんです。

ま、結局「私達は珈琲代を払いたいと思ってる、どうすればいい?」

ってな意味のことを、ウェイターのお兄さんを呼びとめて聞きました。

「OK」簡単にわかってくれて、レシートを持ってきてくれました。

初日に色々注意を聞いたとき、添乗員さんがチップについて話して

くれましたが、チップは10%くらい上乗せするんだそうでした。

なのでチップを幾らくらいにするか2人で相談してましたが

レシートを見ると、ちゃんとサービス料って入ってたので

チップは要らないね、お互い財布を覗き込んでコインを計算して

ちょうどの金額を払いました。

テーブルでの支払いで、ラテが500円くらいでした。

そうそう、このお兄さん、私たちを「レディース」って呼んでたんだけど

その前になんか形容詞がついてたのが、何回聞いても???

気になって「聞いてみようかな~」と義姉に言うと、良いよ別に、と

あんまり気になってないみたいなんで、ま、そのまんま出ました。

でも今もなんて言ってたんだろと気になります、聞けばよかったわ~。

 

 

今回の旅行でやりたいことがいくつかありましたが

その一つ「カフェでお茶する」ってのが、ま、ちょっくら違って

「パブでコーヒータイム」になっちゃったけど達成できて嬉しかった♪

でもロンドンでこの「カフェでお茶する」も達成しました、わ~い!

さてさて、ショッピングモールにたくさんのお店があるので

時間まで探検に行ってみようかな。

それからどこを覗いてみようか~とウロウロしてみましたが

その様子はまたの日に。

ではでは。。。

 

 

« イギリス名物 「フィッシュ&チップス♪」 | トップページ | 最近の編み物事情などてんこ盛り♪ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


エリザベス女王のドレス、私も見てみたいです!

朝ドラ「あまちゃん」の衣装展なら見た事ありますが〜〜笑
女王様のドレスなんて童話の世界みたいじゃないですか(*⁰▿⁰*)

小さい頃お絵描き帳にお姫様ばかり描いていました。
女の子の憧れですよね。

ウィンザー城にしても 観光するには 足腰が丈夫でなくては
いけないのね〜と 感じました。
でも 素敵なパブで 珈琲の注文が出来て カフェラテの可愛い模様に
ほっこりで 疲れが取れそうです。
注文も お支払いも もちろん英語で会話をされたのでしょう?
すごいなぁ〜。

よつ葉さん

「あまちゃん」懐かしいですね~。

ウィンザー城の見学をしなくて唯一残念だったこと
この女王のドレスってのが見たかった~。
後は階段が多かったそうで足が。。。って言うことでした。
女王はエレベーターを使うのでしょうが
この日は女王が滞在中なので、新しい方は見られなくって
見学は古い建物だけだったらしく全部階段だったそうです。

そうですね、お姫様は女の子にとって永遠の憧れですね~♪


melodyさん

そうなんですよ、ここだけじゃなく旅行中よく歩きましたね~。
他の観光地もけっこう歩きますし
バスが目の前で降ろしてくれるわけじゃないのでね。
私は今よりもう少し足も動いてたのでぎりぎり行って来られました。
私の足もイギリスのお国事情もちょうど良い時期に行ってきたかな~と
思っています。

ず~っとず~っと遥か昔のそのまた昔、学生時代に英語を習ってました。
その頃の夢も果たせぬまんま40年英語とは無縁の生活を送っていたので
今はもう何もかもすっかり忘れています。
なので人見知りをしない性格と○ソ度胸だけで身振り手振りを交え
どんどん話しかけてみましたが、けっこう単語を並べただけでも
通じるんですよね。
きっと私が一生懸命考えてひねり出した単語の羅列を
相手も一生懸命わかろうと聞いてくれてたんだと思います。
みなさん、私のじ~っと目を見て汲み取ろうとしてくれてるのがよくわかりましたよ。

そうそう、旅行先ですぐに話せる英会話って言う本も買ったんですが
それを見て話しかけて「あ、こいつ英語しゃべれるな」と思われて
どんどこしゃべって来られたら困るな~と思い、一回も開きませんでした。
それよりは、自分で考えて自分の言葉で単語だけでも並べる方が良いです。
この旅でイギリスの人たちの暖かさが身に染みましたよ~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/64516781

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンザーでカフェタイム♪:

« イギリス名物 「フィッシュ&チップス♪」 | トップページ | 最近の編み物事情などてんこ盛り♪ »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ