最近のトラックバック

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

荘厳なゴシック建築のウェストミンスター寺院♪

バッキンガム宮殿から向かったのは

Dsc07652

ウェストミンスター寺院です。世界遺産に認定されています。

ウイリアム王子とキャサリン妃が結婚式を挙げた教会ですね。

ココに決めたのはキャサリン妃だったそうです。

周りからはチャールズ皇太子とダイアナさんが結婚式を挙げた

セントポール大聖堂でという提案があったそうですが

キャサリン妃はダイアナさんを尊敬してて、同じ教会でなんて

恐れ多いということでココになったとか。

キャサリン妃は結婚前、決まった打ち合わせ以外にも何回も訪れ

とても結婚式を大切に思っていたそうです。

ダイアナさんも自分の目で二人を見届けたかったでしょうが

英国王室にふさわしいお嫁さんで良かったと安心してるのでは?

なんてことを考えながら、ゆっくり教会を回って行きました。

ここでは中への入場見学はありませんでしたので

建物に施された彫刻を観ながら国会議事堂へと歩いて行きました。

Dsc07655

Dsc07657

Dsc07659

Dsc07660

                                              

 

ちょっくら足がしんどかったですが、必死でついて歩いて行くと

Dsc07665

見えてきました~、ビッグベンです。

ココも世界遺産に認定されてますね。

そうそう、確かガイドさんが言ってたと思うんだけど

ビッグベンと言うのは時計だけで、この塔全体のことではないとか。

でも今は総称でビッグベンと言ってるそうですけどね。

Dsc07664

Dsc07667

Dsc07670

国会議事堂、建物が壮大過ぎて全体がカメラに入りきれず。。。

Dsc07666

英国政治に関した建物だったと思いますが。。。

Dsc07668

その向こうにロンドンアイがチラッと見えてました。

 

 

さてバスに帰るにはまたバッキンガム宮殿まで行かないと

いけないので引き返します。

Dsc07671

広場を通り抜けるんですが、この建物は何かわからなかったので

調べてみたらホワイトホールではないかと思います。

この建物の向かい側辺りからポツポツと銅像が建ってました。

Dsc07676

リンカーンさん、何でここに建ってるのかな。

Dsc07672

ガンジーさん、インドはかつてイギリスの植民地だったけど

ガンジーさんは当時はイギリス人にバカにされてたそうだし

無理やりここに建たされてるイメージしか湧かないですけど。。。

ちなみにこの前に立ってる人は誰かわかりませ~ん。

Dsc07675

マンデラさん、イギリスとは友好関係にあったそうなので

ここに建ってるのも頷けるけどね。

他に英国政治では忘れられないチャーチルさんもいたんだけど

あまりに遠くて写せなくって写真はないです。

 

 

Dsc07677

これも何の建物かわかりません、でも由緒あるのでしょうね。

そして、バスに帰る途中で見かけたコレ♪

Dsc07678

金のポストです。

これはロンドンオリンピックで金メダルを取った選手の出身地区の

ポストがキンキラ金に塗られてるそうです。

しかも一個のメダルに一個のキンキラ金ポスト。

へぇ、オモロイことやるんだねぇ、イギリスって国は。。。

そのオモロイ発想を実行してしまうところがまたオモロイ!

 

 

またテクテクけっこうな距離を歩き、バスにやっとこさ戻りました。

は~、私にとっては朝からハードな運動をしたので疲れました。

でももうバスは次の目的地に向かって走っていますよ。

Dsc07681

Dsc07679

ロンドンアイの近くを通り

Dsc07687

ロンドンブリッジをはるか向こうに見ながら

Dsc07690

そして、ロンドン塔の横を走り抜けて

バスはどんどん進んで行きました。

全て車窓からの写真なので、ボケてますがご勘弁を。。。

 

 

これから今日の目玉観光に行きます。

大英博物館です。

と~ても楽しみにしてたので、期待でワクワックです。

今までに比べるとけっこう時間を取ってくれてるので

じっくり見られるかな~と思いきや、ガイドさんによると

この日は日曜日なので人で溢れかえってるそうです。

イギリスの人たちは何回行っててもまた何回でも行くそうで

大英博物館に限らず観光地も同じことなのだとか。

あ~、だから平日でもどこに行っても人だらけだったのか、と

この日この瞬間に初めて納得したのでした。

日本でもお寺や神社、四季の花を愛でにとか行きますから

イギリスの人たちが歴史に誇りを持ってるのと同じなんでしょうね。

で予想通り、ものスゴい人の波に吞まれそうになりながらも

ホンの一部分だけなのでしょうがしっかり観てきましたので

Dsc07695

(ロゼッタストーン)

それはまた次回に。

ここんとこ毎日底冷えのような寒さを感じます。

とにかく風邪を引かないようにと気をつけていますが

時々、あ、風邪?と思う時もありヒヤヒヤです。

まだまだ寒さは当分続きますので

どなたさまもお気をつけてお過ごしくださいね~。

イギリス王宮、バッキンガム宮殿♪

ここまでくるのに長いことかかりましたが

やっとこさロンドン観光に突入です。

まずはバッキンガム宮殿ですが

この辺りにはバスが止められないんですよね。

決められたバス専用駐車場所(路駐です)が

ちょっと遠いので、けっこうな距離を歩いて行きました。

この日のロンドン観光には、現地のガイドさんが来られたんですが

この方イギリスの方と結婚されてる日本人の女性で

ハキハキとした口調でとっても楽しいガイドをしてくださいました。

彼女は私の見た感じでは私と同じくらいかちょっとお姉さん?

小柄で典型的な日本人の顔立ちで、親しみ易くって

ステキな方でしたよ。

 

 

さてさて、バッキンガム宮殿に向かう途中ですが

ガイドさんが「ここ、もうバッキンガム宮殿ですよ」と言われ

「へぇ!こんなに近いとこに?!」とみんなビックリ!

Dsc07628

でも宮殿と言っても、もちろん本宮?ではなくって

一角ということですけどね。

Dsc07629

近付くとこの国旗が見えてきました。

この日は日曜日、女王はウィンザー城に行ってて宮殿に不在なので

国旗が掲げられています。

女王がいるときは王室の旗が揚げられます。

そう言えば、前日ウィンザー城で見た旗は王室の旗でしたわ。

 

 

Dsc07630

バッキンガム宮殿前の広場の真ん中にドド~ンと立ってる像。

ビクトリア女王の即位記念碑だそうで、1837年建立です。

Dsc07631

朝が早いので観光客はまだ少なくて

本格的な恰好でジョギングしてる方々が目立ってました。

観光客はきっと衛兵交代式の頃に合わせて来るんでしょうね。

Dsc07632

このバルコニーは誰もが知ってる、あの、そうそう、あのバルコニー。

Photo

ここね~。

(画像はお借りしました)

 

 

Dsc07637

お出かけする時ここを通って行くのかな、立派な門です。

Dsc07638

Dsc07639

ガイドさんが説明してくれてたけど、忘れてしまいました~。

王室にまつわる伝説の像だったと思うんだけど。。。

 

 

Dsc07640

衛兵さんが警備していました。

いつもTVなんかでよく見る赤い服は暖かい季節用みたいで

10月下旬は冬服でした。

でも例の熊の毛の黒い帽子はちゃんとかぶってましたよ。

写真を撮ってると、義姉が「あっちから歩いて来るよ」と言うので

見ると、あ、シャキンシャキンともう一人衛兵さんが歩いてくる。。。

交代時間なのかもしれません。

Dsc07642

どちらの衛兵さんも背が高くってスラリとカッコいい!

観られなかったけど衛兵交代式は見応えあるだろうなぁ。

後々のスケジュールが詰まってるので残念でした。

Dsc07644

何かの像があるみたいですが、修復中でした。

 

 

Dsc07645

Dsc07646

宮殿の柵にはこういうポスターがたくさん釣られていました。

イベントなどの広報用みたいですね。

バッキンガム宮殿はヨーロッパの宮殿らしくない建物なので

最初はちょっと期待外れかなとも思ったんですよね。

でも実際に王室の方々が住んでる宮殿なので

やっぱりここに来られて良かったな~と思いました。

 

 

ここからは近い距離の範囲でいろいろ観て回りましたが

バスが一通やら日曜日で渋滞やらでなかなか進まない時もあり

添乗員さんとガイドさんがちょこちょこ運転手さんと相談してました。

私は添乗員さんのすぐ後ろに座ったんで、その様子がよくわかり

添乗員さんとガイドさんが話す英語に性格が出てて面白くって

楽しく聞いていました。

そうそう、この日のロンドン観光から運転手さんが替わり

女性の運転手さんでした。

最初挨拶した時はニコッと笑った顔が優しそうだったんですが

運転はけっこうメリハリが効いてて、横入りのバスにパッパ~っと

激しくクラクションを鳴らし続け撃退してました、カッコええわ~!

運転は上手で、どこでもなるべく近くに止めてくれようと心がけたり

(って、ガイドさんが状況説明してくれました)

観光に行くのに、バスを降りるときには「have a nice time!」

帰って来て乗る時は「hi!」って声掛けしてくれました。

さすがに女性の気配りが行き届いてて、これは嬉しかったです。

5日間一緒に旅した前任者のジョンも優しい人でしたけど

シャイで口数は少なく、添乗員さんとはよく話してたけど

私たちには挨拶以外あまり声はかけて来なかったんですよね。

残念ながら半日だけのお付き合いでしたが

彼女とも一緒に旅がしてみたかったなぁと思った私なのでした。

 

 

そして、次はここ。。。

Dsc07654

ウェストミンスター寺院。

その他、ビッグベンなどに行きました。

それはまた次回にしますね。

ではでは。。。

「かつ将」 in福山市

お正月2日目、初詣に行きました。

その帰り、何か食べて帰ろうかと言うことになり

ここまで来たんだからと滅多に行かないお店に電話したら

出ない。。。

今日のこの日に休んでる?ちょっと不思議。

ならと、あそこは?ここは?とグルグル回ってみたけど

どこも外にまで待ってる人がいっぱいで、わ~、今日は無理か!

何軒目かに、ここは?と三男が行ったお店には

中には人がいっぱい見えてるけど、外には誰も居ないので

ま、どっかで待たないといけんのんならここにしようかということに。

Gqh9jffcfxiase21483961956_148396197

「かつ将」です。

駐車場が一杯で写真が撮れなかったんで

画像はHPからお借りしました。

 

 

とんかつは家でもあんまり作らないので、久しぶりです。

どれくらい待ったかな~。

入って右側にはお座敷コーナーがありますが

私は足が悪いのでテーブル席しか座れないので

少し長く待ったかもしれません。

そして呼ばれてついたのは、一番奥のまるで個室みたいな

良い感じの席でした。

おかげで落ち着いてゆっくり食べられました。

さて、メニューがたくさんあったんで、何にしようかなぁ。

ん~、と悩んで(悩んだのは私だけね)注文。

注文が済んだら、まずは

1483959875743

キャベツが大鉢にど~んときました。

写真ではそれほどには写ってませんが、大量ですよ。

以前来たときは一人ずつキャベツがついてたけど

最近はこうなってるんだねぇ。

1483959850210

お膳を注文するとこの胡麻セットが来ます。

これは擂った後ですが、丸んままの胡麻が来て自分で擂ります。

1483959858467

その胡麻の中にこのソースを入れてたれを作ります。

甘口、辛口がありますが、私は辛口を中心にブレンドしました。

 

 

私が注文したヒレとロースが両方ついたお膳がきました。

1483959929332

写真を撮るのを忘れて、ロースかつを一切れ食べちゃってます。

ご飯はこの玄米ご飯か白ご飯を選べます。

この玄米ご飯は

1483959883843

この美人玄米GOLD入りごはんです。

つぶつぶがちゃんと感じられて美味しかったですよ。

味噌汁は、豚汁か赤だしか選べます、ウチは全員豚汁でした。

私にはこの量は多過ぎて、ヒレカツ一個とロースかつ2切れを

三男にあげました。

三男は無料のご飯をお代わりして食べてました。

 

 

1483959921132

おっちゃんは、かつ鍋。

1483959913036

三男はかつ丼。

三男は向かいに座ってたんで反対から写真を撮ったら、なんか変?

その他にこのお店で人気一番って書いてあったんで

卵焼きも食べたんだけど、写真を忘れてしまった~。

卵焼きというより出汁巻きだったけど

大根おろしがた~っぷり添えてあり、ふわふわで美味しかったです。

1483959891645

箸袋の裏にこんなことが書かれていました。

久しぶりのとんかつを食べて、お腹をさすりさすり帰りました。

でももう当分とんかつは良いかもねぇ。。。

 

 

ちょっとまた更新が途絶えがちになってるので

写真もいろいろ溜まってきていますが

旅行記だけでも早く終わらせたいなぁと思ってるんですけど

Dsc07631

次回はここ、バッキンガム宮殿から始めようと思います。

って勢いをつけるために一足先に

Dsc07629

この日は日曜日、女王がウィンザー城に行ってるので

バッキンガム宮殿には国旗が掲げられていました。

あ~、この調子で書いてるとまた長くなりそうなので

今日はここら辺で止めますね~。

ではまた次回に。。。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

ようこそ♪

♪♪♪♪♪♪

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ