最近のトラックバック

« お久しぶりの「味涛眞」 in福山市東深津町 | トップページ | またまたの「ピトン蔵王店」 in福山市 »

ロンドン最後の朝ご飯とぶらり散策♪

昨晩早く寝てしまったので、翌朝はまだ真っ暗な4時頃には

2人とも目覚めました。

さ~、それからが大変!

お土産用のお菓子やらビールやらウェッジウッドのお皿やら

どうやって持って帰ろうか~、買った時にはなんとかなるさ、じゃぁ

何とかしなくっちゃとスーツケースとボストンのあっちへこっちへ。

ツアー中毎回ホテルを変わる前にはこれを繰り返してましたが

最後の日の朝ですから、飛行機に乗せられるようにしなければ

いけません。

計量器を持って行ってたので、詰めては量り、あ、重いわぁ。

じゃ、これをあっちへ、でまた量り、あ~やっと範囲内になり、ホッ。

そんなことをしていると朝ご飯の時間になりました。

早く起きてゴソゴソしたのでお腹も空いて来てたので

じゃぁ行こうか~。

 

 

Dsc07793

また長い廊下を歩き、地下に降りてレストランに行きました。

朝も早いのに、もうかなりの人たちが食事していました。

入り口で、席に案内される順番を待ちます。

例によってお国も様々、格好も様々で、写真に撮りたかったな~。

周りを見回すとステキな人が多かったですよ。

この世界中の人たちが集まってるような場所に自分がいることの

不思議な感覚にまた陥り、一瞬ボ~ッとしてしまいました。

でも順番が来て、席に案内され、珈琲か紅茶を聞かれました。

やはり私たちはこの日も紅茶、だって本場で飲む最後のチャンスに

紅茶を飲まないでどうするの、ねっ?!

そして好きなものを取りに行きますよ。

この日ももちろん、ロシア系(私の推測ではね)の彼女の焼く

絶品オムレツをもらってきて

Dsc07791

他にもいろいろ

Dsc07789

Dsc07790

パンもいろいろ。

後からフルーツも食べましたが、写真を撮り忘れました。

地方のホテルでは2日目の朝は同じものを食べてましたが

さすがにロンドンの四つ星ホテルはとにかくメニューが豊富で

2日では全部回れたかどうかもわかりませんでした。

広いところにあっちこち置いてあり、あれは何だろうと思う時には

もうお腹が一杯で入らないってこともありました。

この日の出発は遅めだったので、食事もゆっくり楽しみました。

美味しかったイギリス最後の朝ご飯、ごっとうさんでした~♪

 

 

部屋に帰ると、義姉がちょっと頭が痛いので寝てるわと言うので

じゃぁ私は一人でこの辺をブラッとして来ることにしました。

せっかくハイドパークの側のホテルなので、行ってみようっと。

Dsc07800

ホテルを出ると、朝の通勤風景が。。。

そうそう横断歩道のことなんですが、信号が赤でもみんな歩いて

渡っちゃうんですよねぇ、何で~?

私は一々止まって、周りの人たちが行っても赤なので足が動かない。

何か止まってる私がバカみたいでしたけど、だって赤ですよ。

これはロンドンのビックリポン、不思議な光景でした。

 

 

Dsc07794

バスの路線図、これを見るとロンドン市内の交通網が一目でわかり

どの通りにも網羅されてるのでどこにでもバスで行けるんだなぁと

感心しました。

 

Dsc07795

ハイドパークのメイン側には時間がなくて行けませんでしたが

近場をぐるりん。

Dsc07796

こんな像がありました。

何かの記念に設置されたとか。

説明のプレートがあったのに写さなかったんで忘れました~。

Dsc07798

馬の頭が逆さまになってる?!

 

 

Dsc07799

鳩お兄さんが餌をばら撒いてて、すごい数の鳩ぽっぽが来てます。

このお兄さん、私がボ~ッと見てたら「good moning!」と言ってくれ

私も挨拶しましたが、写真はソ~ッと撮りましたよ。

この朝の散策の間会った人、忙しく歩いて行く人がほとんどで

場所柄ゆっくり散歩する人はあんまり見かけませんでしたが

(きっとハイドパークの中にはたくさんいたのでしょうけど)

それでもすれ違う人の中に挨拶をしてくれた人たちがいました。

観光地やスーパーの階段ですれ違うとき、ドアを開けたとき

などなど、目が合うとたいてい挨拶をしてくれたイギリスの人たち。

私たち日本人は知らない人に挨拶ってそれほどしないかな~。

よし、帰ったら誰にでも挨拶をどんどんしよう、と決心してたのに

帰ったらそんなこと思ったこともすっかり忘れちゃってました。

こりゃいけんわ、反省しました、できるだけ実行しよう~っと。

 

 

ホテルの反対側の通り、ハイドパークの入り口近くにマックがあり

手にマックのカップを持って飲みながら歩いてる人が多かったです。

さすがにハンバーガーを食べながら歩いてる人はいなかったですが。

私はしっかりジャケットを着てストールをぐるぐる巻いてたのに

通勤姿のロンドンっ子は、普通にシャツにスーツなんですよ。

あんまり厚着してる人は見なかった気がします。

そして早足で歩いて行く、特に女性の姿がカッコ良かった~♪

この朝の散策は普段のロンドンっ子の通勤風景(姿)が見られて

とっても面白かったです。

ホテルに帰る前に、通りの前にあるインド人のお店にまた寄って

小さなお土産用のお菓子や自分用のエコバッグなどを買いました。

え~、あんなに苦労して詰めたのにまた買うの?と自分でも思い

ボストンバッグに入る小さなもの軽いものだけにしましたよ。

 

 

そろそろ義姉も起きてるかなぁと思いながらホテルに帰りましたが

ホールのインテリアがとっても綺麗だったので

写真に撮りたくて少しの間シャッターチャンスを待っていました。

が、出立の時間なので人がたくさんいてなかなか撮れなくて

結局諦めて部屋に戻りました。

Dsc07803

Dsc07804

当たり障りのない所だけ写しました。

左側にチラッと写ってるカフェがアンティークの家具だらけで素敵♪

で、撮りたかったんですが新聞読んでるおじさんたちで一杯。

色々なオブジェもあちこちにありましたが、周りは人だらけで

残念でした。

Dsc07807

これ、回転ドアです。

最初入り方が難しそうでドキドキ、上手に入らないと挟まれて

大恥をかくので注意が要りますね。

 

 

この日の午後、ヒースロー空港から日本に向けて出発しました。

また機内食などの様子を次回に書きますね。

そろそろ私のロンドン旅行記もやっとのことで終わりになります。

長いことかかって書いて来て、ま、よくぞ最後まで書けたなぁ

何とか覚えていられたなぁとホッとしています。

あ、でもけっこう忘れてたかも。

ではまたまた。。。

« お久しぶりの「味涛眞」 in福山市東深津町 | トップページ | またまたの「ピトン蔵王店」 in福山市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いよいよ 旅行も終盤を迎えつつありますね。
馬の頭が さかさまの オブジェに びっくり!
ハイドパークの名前は聞いたことあるので
へぇ~ こんな様子なのね・・・と インプット!
回転ドアに入るタイミングって 最初はドキドキ
しますね。
私も 一回体験した事があります。

melodyさん

ハイドパークの中には入らなかったので
たぶんここらは入り口辺りなのではないかと思います。
ハイドパークの中はもっと綺麗で噴水なんかあって
かつてはダイアナ妃が良く散歩されてたそうですよ。
出立の朝なので時間もなく残念でした。

回転ドアは重くてなかなか動かず、押してもらって入りましたが
回転に合わせて出なくっちゃいけないのでちょいと焦りました。
慣れてる人は向こうから入る人がいても同時に出て行ってました。
わ、すご~い!と思わず歓声を上げた田舎もんの私ですhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/64898611

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン最後の朝ご飯とぶらり散策♪:

« お久しぶりの「味涛眞」 in福山市東深津町 | トップページ | またまたの「ピトン蔵王店」 in福山市 »

ようこそ♪

♪♪♪♪♪♪

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ