最近のトラックバック

« 変形性股関節症になったら | トップページ | 人工関節置換術の術前検査と貯血 »

人工股関節置換術の術前あれこれ

先日ものすごい雷と大雨で警報が出ましたね。

いきなりド~ン!と地響きとともに雷が鳴った(落ちたんじゃないかな)時は

本当に心臓が止まりそうでした。

それでも梅雨とは思えないピーかんの日が続くこともあり

気圧の関係かな~、私の脚は良い日と悪い日では相当具合が違って

膝下の腫れも全くない日と腫れて痛みで動かせない日があります。

今の所この腫れが一番辛いかな、杖ついて腰曲げて摺り足で進む姿は

まるで金田一耕介シリーズに出てくる怪しいおばばみたいですよ~。

まぁ、後20日の辛抱だと思って脚に言い聞かせてるんですけどねぇ。

楽になるんなら早く手術したいけど、人工関節はちょっくら怖い、複雑です。
                                                                  
                                                                   
                                                                  
                                                                   
毎日少しずつできないことが増えて行ってるんですよね。

例えば。。。

少し前から洗濯物を入れたカゴが持てなくて、台車を買って載せて移動。

この台車、便利ですよ~。何でも載せて家の中をぐるぐる回ってGO~!

そうやって洗濯を干しに出てたんですけどね。

色々な理由が重なって、ついに先週から外に干しに出られなくなり

部屋干しの洗剤を使って家の中の邪魔にならないとこに干しています。

家の中なら、椅子に座ってできるので少々時間がかかっても大丈夫。

しかも家の中でも陽が当たるので気持ち良く乾くんですが、こんなことで

今はできてることも明日はできなくなるかもしれない、とつい弱気になり

手術したら再生するんだから!と自分で自分を奮い起こしてます。

でもね~、朝ご飯と晩ご飯は今のところ何が何でも作っていますよ。

おっちゃんと三男にいろいろ我慢してもらってるんで、せめてものお礼に。

特におっちゃんには仕事を休ませることが多く、三男にも迷惑かけてるし

早く再生して、リハビリガンバって、以前のようにシャキッとなりたいです。

と言ってもしたいことはけっこうガンバって?してるかなぁ。

毎週買い出しと言う名目でウロウロ(歩いてはいません、もちろん)

あっちこっち巡ってるしね~。

行けるところは決まってるんだけど、それでも出かけて行きたい私。

だってストレス溜めると手術できなくなるでしょぉ?!だから、ですよ♪

そうそう、手術までに歯の点検してもらって来ないといけないんですよねぇ。

これはちょっとおっくうで延ばし延ばしてるんでそろそろ、と思っています。
                                                                  
                                                                  
                                                                  
                                                                  
                                                                  

さて前回手術がほぼほぼ決定となって、紹介していただいた病院に

受診してきたことを書いてる途中でした。

いつもハンパなとこで止めちゃってスミマセン。

では前回の続き、え~っと待って、や~っと呼ばれたところから。    
                                                                  
                                                                  
                                                                  
私が入ったとき、先生はレントゲンの画像や紹介状を広げてらして

私が書いた問診票の答えかな、PCを見ておられました。

私にも今の症状を聞かれ現状を色々言うと、画像を私にも見せながら

「これを見て話を聞くと、これはもう手術の範疇ですね」と言われました。

それから診察台に横になり、右足の曲げ伸ばし、足の長さを見られました。

股関節の骨同士が当たって砕けてくると、足が短くなってくるのです。

私も右足が1cm短くなってるので、今は身長が1cm縮んでますよ~。

担当医の先生は何も言われなかったけど、たぶん矯正してくださるかなと

期待しています、そのことを聞くの忘れちゃったんですよねぇ。

先人さんたちによると、矯正すると筋肉を無理に伸ばすのでかなり痛むと

言うことなんだけど、ま、手術でどうせ痛いんだもの、ついでだわ~!

そして、手術をすれば痛みはほとんど無くなりとても楽になりますと

先生は言われ、手術、どうしますか?と尋ねられました。

今すぐに決めなくてもいいですよ、とも言われましたが

もう痛みの限界にきてたし、すでに手術の覚悟はできてたので

私は「手術、お願いします」と即答しました。
                                                                  
                                                                  
                                                                  

では、と、先生が振り向く前に、隣でPCを打ってた医療秘書さんが

もうすでにデッカいカレンダーを持って立ってた、すごっ、すんばらしい!

「今予約すると、2か月半後のこの日になります」と先生。

ひぇ~、2か月半後ぉ!こんな痛みを抱えて2か月半も待つのぉ!

と思わず叫びそうになりましたが、すんでのところで飲みこみ

「うわ~、そんなに先ですか。。。」とだけ、ポツっと言ってました。

まぁ、しょうがないですね、色んな準備もしないといけないので

2か月半は必要かもしれませんし。

先生は、手術はあくまでもまだ予定なので決定したわけではありません。

これから手術ができるかどうかの検査を色々してから決めますと言われ

今日その検査をして帰りますか?と聞かれましたので

ハイお願いします、あ、でも食事してますけどいいでしょうか。

構いませんよとのことで、この後くたびれ果てるほどウロウロ検査室巡り。

広い院内をエレベーターを乗ったり降りたり、よっこらしょ、うんとこどっこい

ひょこたんひょこたんと巡り歩きました。

後で聞いたら、お願いすれば車いすを貸していただけたそうでした。
                                                                   
                                                                   
                                                                   
                                                                   
この日した検査、まずは肺活量の検査、あ~これ10年前にもやったなぁ。

10年前は印象がないほど楽だったと思うけど、今回は何としんどいこと!

10年前は直前まで仕事してたし、まぁねぇ、若かった(コレ一番の違い!)

吸いきれない、吐ききれない、ひゃぁ、ぐるじ~!若い女性技師さんに聞く

これ普通ですか~大丈夫ですよと励まされながら無事何とか終えました。

次、心電図、ま、これは今かかり付けの内科でいつもやってますし

痛くもかゆくもないので余裕で済みました。

次、これまた長く待たされるレントゲン、先週の病院ほどではなかったけど

ここでは股関節だけじゃなく下半身全体もあり、股関節も姿勢を変えながら

たくさん撮りました、相当痛くてしんどかった。。。

ハイ、次、採血です、私の血管は細くてグニャグニャ曲がりくねってるそうで

10年前はあまりに頻繁に注射を打つので腕から入らなくなり

黒い蝶々みたいなのを針の先に付けて手の甲に打ってました。

決まった点滴はあらかじめ血管を確保してるので大丈夫なんだけど

私は術後2週間高熱が治まらず、管を外してからも点滴したのでねぇ。

で、今回の採血ですが、全然心配なかったですよ。

アッチコッチ探して、ここにありそうと言われ、す~っと難なく針を刺して

3本も採りましたが痛くなかったです、さすが採血センターの看護師さん!

                                                                  
                                                                  
                                                                  
                                                                  
                                                                  
                                                                  
これでこの日の予定は全て終わりました。

検査に行く前に看護師さんに説明を受けましたが

この日の検査の結果、手術ができると判断されたら

先生が言われた一か月後の診察日に、手術のための検査と

(また?と一瞬思ったけど、今日の検査は手術ができるかどうかのもの)

貯血を行います。

あ~、Webで何度も読んだわ、手術の為の自己血をあらかじめ採っておく

自己血だと感染のリスクや拒絶反応もないし安全なので、ということね。

人工関節置換術を受けた人のブログや体験記を読むと、400mlを2回

800ml採った人が多かったけど、私は400mlを1回だそうです。

以前職場に献血車が来て私も献血しようと思ったけど、持病の薬のことを

医師に話したら、たぶんリスクはないと思うけど念の為止めておきましょう

と言われたので、私は献血はしたことがないんですよ。

なので大量に血を採るのは初めてですが、貧血じゃないし心配ないです。

ただ採血は10~15分ほどで終わりますが、点滴や注射がたくさんあり

全部で3時間くらい予定しておいてください、とのことで、さ、さんじかん!

3時間ず~っとベッドに転がってるんですか、わ~、水分制限しなくっちゃ。

いえいえ、トイレは点滴中でも行けるので、しっかり水分は採ってくださいね

と言われちゃいましたわ。

そうね、それでなくても血いっぱい採るんだから身体の水分が減るでしょ。

やっぱ水分はたくさん補給しといて、直前にトイレ行っとけばいっか。

みなさんの経験談をたくさん読んでたんで、すでにわかってることも多くて

ずい分気持ちが楽でした、あ、でも、3時間は知らんかったですが。

先人さん方、どうもありがとさんです♪             
                                                                   
                                                                   
                                                                   
                                                                   
                                                                   
と言うことで、これを書いてる日は貯血も残りの検査も全部済ませ

手術と入院に必要なものをぼちぼち揃えようかといったところです。

手術まで3週間を切り、今は早く済ませたい気持ちが強いのですが

もっと近くなったらアタフタするのかもしれません。

入院予定は3~4週間だそうで、色々個人差があるみたいですね。

次回は貯血と残りの検査、CTなどしましたのでそのことを書きますね。

それとレントゲンやCT画像をCD-Rに焼いてもらったので(もちろん有料)

今の画像を載せてみますね。

C3dfshc6lfe7dm51498917126_1498917_2

レントゲンは反対に出るので、左側に見える悪い方が実は右股関節です。

見えにくいけど、大腿骨が上の骨にめり込んでグジャグジャに砕けてます。

反対の右に写ってる左側股関節は軟骨(透明なところ)もキチンとあり

とっても綺麗です。

右の骨盤も相当変形してます、これってリハビリで治るのかな〜。

次回にはもう少したくさんお見せできるかと思っています。

え~!という、右股関節がとんでもないことになってたので

かなりビックリ仰天画像ですが。

なので、興味ない方、見たくない方はスル―お願いしますね。

ではここまで本当によくぞ辛抱していただき、ありがとうございました♪

またよろしかったら、ぜひ覗いてみてくださりませ。。。


« 変形性股関節症になったら | トップページ | 人工関節置換術の術前検査と貯血 »

変形性股関節症・人工関節置換術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私は お産以外では 去年末から年始の一週間入院したのが
初めてで いたって健康だと思っています。
あっ!でも中学二年の時 腎臓病でタンパクが降りたので
四ヵ月長期療養を自宅でしました。

手術の前に 色々検査とか 歯の治療とか・・・・
主人が 前立腺がんの手術をしたので知っているつもりですが
ちろままさんのは もっと凄い事なんですね。

レントゲン写真も 興味深く拝見しました。
そうはいっても 手術の日が 近づき いろいろ
支度もありますが あまり無理をなさらないよう
体力を温存しておいてくださいね。
 

melodyさん
こんにちは。

入院と言えば、私はけっこうしてますよ。
発症は小学生でしたが、私も慢性腎炎で自宅療養しました。
定期的に保健婦さんが家に来てませんでしたか?
もううろ覚えですが、確か小柄の優しい話し方をする人だったような。。。
中学も高校もやっぱり入院しましたし
高校2年生は長期入院で休学して、2回やりました。
子供を産むのは無理かもしれないと担当医に言われましたが
当時自分が子供だったんで「ヘン、子どもなんて嫌いだもん、要らんわ~」
なんちゃってましたねぇ。

でも不思議なことに、進学で関西に行ってからは見違えるように元気になり
22歳からは通院もせず、普通に結婚し子どもも3人持てました。
周りは「病み捨てた」と言いますが、いまだに何で?と不思議です。
でもま、40歳くらいまではよく高熱も出すしやっぱり弱かったですかね。
歳と共にだんだん心身共に(!)強くなっていきましたが
結局今になってまたこういうことになり、何だかなぁ。。。です。

でも人間って上手く出来てますよね~。
あんなにしんどいと思ってたことも
過ぎてしまえばちゃん~んと忘れちゃってますもんね。
なのでまた頑張れるのでしょうけど。。。
母が居る内は元気でいたかったんですが
それだけでも達成できたので、もうゆっくり治します。

melodyさん
いつもいつもありがとうございます♪
長々とこんなこと書いてると、ちょっと落ち込むこともありますが
優しいコメントを読むと、また次への力になります。
ホントにありがとう、嬉しいです(^_-)-☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/65470145

この記事へのトラックバック一覧です: 人工股関節置換術の術前あれこれ:

« 変形性股関節症になったら | トップページ | 人工関節置換術の術前検査と貯血 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ