最近のトラックバック

« ベビー母恵夢の「ビターショコラ」 | トップページ | 「炭火珈房ピトン 蔵王店」 in福山市南蔵王町 »

首無し地蔵さん in広島県府中市

先日さんわの道の駅から府中市の首無し地蔵さんに行ってみました。

府中まで裏道を通って向かいます。

さすがにこの辺りは庭なおっちゃんなのでかなり早く着きました。

私は府中は通り抜けたことは何度もありますが

こんなに市内のあっちこちをウロウロしたことはありません。

へえ、こんなとこもあるんじゃなあ

あ、そうそう、後で道の駅に寄ってと頼んでおきました。

高台にあるようで、坂をどんどん登って行った先にありました。

Dsc_7876

府中市内がよく見えますよ。

Dsc_7853

空を近く感じて見上げたら、こんな雲が。。。

何雲っていうのかしらん。

では首無し地蔵さんに行きましょう。

Dsc_7873

まずは手水舎でお清めしてからですよ。

敷地に入ってすぐ目に入るのは

Dsc_7858

お百度石です。

わたしもここでお百度を踏みたかったけど、杖ではね〜。

Dsc_7860

首無し地蔵菩薩の秋季大祭があるようで

大根煮のお接待があるそうですよ。





Dsc_7872

地蔵さんがおられるところ、建物の名前はわかりませんが。

全体はこんな感じです。

Point_blur_20170919_110430

奥に進むと

Dsc_7861

おられました、首無し地蔵さんです。

下のハスの座に比べて地蔵さんは光り輝いていらっしゃる。

誰かが磨いてるんかなあ、と思っていましたが

次から次へと来られる檀家さん?が一生懸命磨いてらしたのを見て

はあはあ、と納得でした。

私は磨きまでしませんでしたが、手でナデナデしてきました。

こんなエエ加減なんじゃご利益は無理ですかねえ。

Dsc_7862

「おんかかかびさんまえいそわか」ってどういう意味でしょう?

後でもう一つ出て来ますが、仏教の言葉でしょうかね。

Dsc_7868

この奥に仏像がありましたが、何の仏像かわかりませんでした。

その横にまた

Dsc_7869

「のうまく さんまんだばざらだん

せんだまかろしゃだ そわたや うん たらた かん まん」

呪文のような言葉の羅列です、これには意味が書かれてて

不動明王のお言葉だそうで、ハーン・マーンって言うのはどこの言葉?

あ、そっか、ならこの仏像は不動明王なんですね、きっと。





この前にお線香を買って(お金は賽銭箱に入れましたが)

Point_blur_20170919_110720

Point_blur_20170919_110841_2

ここに立ててお参りしました。

私がここに来たかったのは

この地蔵さんに触りながら願い事をすると叶う

と言う言い伝えがあるからなんですよ。

なのでこのお線香の煙にあたりながら「早くしっかり歩けますように」

そして地蔵さんをナデナデしながら「みんな元気で過ごせますように」

そしてここでももう一回「早く杖無しで綺麗に歩けますように」

ちょっと欲張り過ぎたでしょうかね〜。

でもま、この際なんでちょっと欲張ってしまいました。



ここの天井にはたくさんの絵馬が吊るしてありました。

私も絵馬に書きたいことがいっぱいあったんですが

もう閉まっていてどなたもおられなかったので買えなかった、残念!

Point_blur_20170919_110631

この絵馬には、住所や名前がちゃんと書かれてるものも多く

願い事も深刻なものもあるので、余程困っての仏頼みなんだなあと

その心情を思うと胸が痛みました。

って人の絵馬は読んじゃダメなんでしょうけど

目に入ってくるんですよ、低いところに吊るしてあるので。

これはどうにかしてあげたらいいのになあとちょっと思いましたが

考えてみればどこの神社やお寺でも周知の目にさらされてますよね。

あれってどうなんでしょう?

見られてもいいと思って住所や名前を書いてるのでしょうけど

もうそんなことなんてどうでもいい心境なんでしょうね。

そして横には綺麗な千羽鶴がたくさん。

Dsc_7864

主に病気の快癒かな、願いが叶った千羽鶴なんでしょう。

ウチも父や母が入院した時家族みんなで千羽鶴を折りましたが

退院した翌年の初詣で破魔矢と一緒に神社で燃やしました。

それと同じくの意味でしょうね。

私たちが居る間もたくさんの方々がお参りに来られてました。

手慣れたもんで、ほとんどの方がお線香をササっと立ててお参りの後

地蔵さんを磨き上げて、またお参り、仏像にもお参り

ササっと帰って行かれてましたよ。

この後、この建物を出て先に行くと

Dsc_7874

鐘撞堂があり、先ほどのところは新しい建物ですが

この鐘撞堂はかなり歴史が古そうです。

昔はここの鐘が鳴ってみんなは時刻を知ったのでしょうか。

いくら何でも時計が無かった時代よりもっと新しいですよねえ。





この首無し地蔵さんのことはずい分前から知っていましたが

詳しいことは解らなかったのであんまり興味もなく数十年。

ここんとこ痛みや手術やリハビリなどでしんどいことが重なって

何となく気になってたので、一度来たかったんですよ。

苦しい時の神頼み、ならぬ仏頼みですかね〜。

だいたいお寺よりも神社の方に行く機会が多かったのですが

最近は母の法事やらお墓の相談やらでお寺に行くことも増え

住職さんとお話しさせていただくことも多くなってきました。

いずれにしても用もないのにお寺にも神社にも行きたくなるのは

心がゆらゆら揺れてる時かもしれません。

でもね、磨いて差し上げなくてナデナデしただけなのに

首無し地蔵さん少しは私の願いを聞いていただけたのか

ちょっと嬉しい変化もありました。

なんていうと調子に乗り過ぎって言われるから

まだ言えませんけどね〜。

そうそう、ここにはちゃんと

Dsc_7870

トイレも完備です。

中に入ってないので様子はわかりませんが

この周りにはお店も無いので、これは有り難いですね。

さてさて、もう陽も暮れかかってきましたが

この後もう1ヶ所行ったところがあるので、それはまたの機会に。

ここまでご辛抱の上最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪♪♪

« ベビー母恵夢の「ビターショコラ」 | トップページ | 「炭火珈房ピトン 蔵王店」 in福山市南蔵王町 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
秋の空に 雲の形が とっても綺麗ですね。
ついつい 上を見てしまいます。

私も 小児喘息の息子を連れてお参りに行ったことが
あります。
もう 30数年前のことで 現在お堂の周りなどが 随分
整備されているんですね。
お参りしたら 「おんかかかびさん・・・・」が書かれた
タオルを頂き 毎晩 呪文のようにとなえていました。

お陰さまで 今は どついても 倒れないような男に
なりましたけど・・・。

melodyさん
こんばんは〜♪

最近空を見上げることが多くなりました。
綺麗な青空だと気分も良くなりますね。

あら、melodyさんも行かれたことがあるということは
ここ、有名なんですね。

ブログには書きませんでしたが
この地蔵さんは50〜60年前はただの地蔵だったそうで
近所に実家がある主人の友達の言うことには
子供たちはみんな上に乗ったりして遊んでたとか。
そんな光景を見たある奇特な人が小さな小屋を建てて
お供えをしてたら、その人に奇跡が起こったそうで
それから有名になっていったんですって。
お地蔵さんも大事にされて嬉しかったんでしょうね〜。

良かったですね、息子さん元気になられて。
お地蔵さんのご利益でしょうか。
だったら私のアンヨも早く効果が出て欲しいです。
あ、でも、私はただお賽銭をしてナデナデしただけ
ダメかしらん。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513216/65874218

この記事へのトラックバック一覧です: 首無し地蔵さん in広島県府中市:

« ベビー母恵夢の「ビターショコラ」 | トップページ | 「炭火珈房ピトン 蔵王店」 in福山市南蔵王町 »

ようこそ♪

ポチッとよろしくね♪

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。
無料ブログはココログ